« 大阪アジアン映画祭、台日合作映画『海の彼方』黃胤毓(ホアン・インイク=インユー)監督インタビュー | トップページ | Podcast 台湾の絵本作家幾米(ジミー)の『星空』の一節朗読! »

2017/04/01

大阪アジアン映画祭、台湾映画『1万キロの約束』洪昇揚(サイモン・ホン)監督Q&Aとインタビュー!

0401saimon1今年の大阪アジアン映画祭で上映された台湾映画『1万キロの約束』では洪昇揚(サイモン・ホン)監督が来日してQ&Aを行い、アジアンパラダイスでは単独インタビューをしました。
本作は実在のランナー林義傑(ケヴィン・リン)の体験をもとにアジアのスーパーアーチスト周杰倫(ジェイ・チョウ)がプロデュースした映画で、2016年の12月に台湾で公開されました。

0401saimon2アメリカで活動する洪昇揚監督は、3月9日のQ&Aで「ケヴィン・リンというランナーの実話を、彼の友達である周杰倫(ジェイ・チョウ)が僕のSF映画『Battle For SkyArk』を気に入ってくれて、この話をもらいました。映画化に当たっては、冒険と愛の物語にして欲しいということでした」と制作の経緯について語りました。
中南米やシルクロードなど大がかりなロケについては、「台湾ロケの時は夏で熱い、青海は涼しかったですが高地なので酸素が薄い為自分たちで酸素ボンベを持っていったりしました」と苦労のエピソードも話してくれました。

0401saimon3実話にもとづく物語ですが、どこまでが真実かというと、70%くらいだということです。
そして、観客から九份をロケ地にした理由についての質問に
「九份は海と山がありとても美しいところで、宮崎駿ほかのアニメでもここがイメージとして使われているということと、日本人のカメラマンがここが気に入っていることから選びました」
と答えていました。

0401yiwan1本作の主役は、台湾の若手俳優黄遠(ホアン・ユエン)。彼を主役にしたのは「台湾で彼より背の低い俳優はいなかったから」と笑いながら言いましたが、上海国際映画祭で主演男優賞(2014年の『寒蟬效應』)を獲ったので、演技面でも申し分ないというのがキャスティングのポイントだったそうです。この事については、インタビューでもさらに突っ込んで聞いています。

0401yiwan2さらに観客から頼雅妍(メーガン・ライ)が良かったという声がありましたが、この役は厳しいコーチなので男っぽい人が良いと思い、演技にも定評のある彼女にしたそうです。そして男っぽいけど女性らしい内面を持っている役を彼女は要求通り見事にこなし、本人としてもとても気に入った作品になったということでした。
今、台湾では再ブレイクした頼雅妍がたいへんな人気なので、戦略的なキャスティングと言えるでしょう。

0401saimon4そしてインタビューです。
アジアンパラダイスでは、昨年黄遠にインタビューをしているので、色々彼から聞いたことも加味しながら監督に話を聞きました。
Q&Aで台湾で黄遠より背の低い俳優はいないというのが彼を選んだ理由のひとつと言っていましたが、実際にこの映画のモデルになったケヴィン・リンも小柄だったのか、聞いてみました。
「その通りです。それを克服して偉業を成し遂げるということがポイントでした。もちろん身長以外に彼は口数は少ないけれど、自分の考えをしっかり持っています。そして父親が俳優というプレッシャーが、この主人公も父親がかつて名選手だったゆえのプレッシャーを持っていたのでキャラクターに重ねやすいところがありました。僕自身も父親と確執があり、映画監督になりたいと言った時も反対された。だから、彼は父との関係を表現してもらうのに、ふさわしいと思いました」

0401yiwan3また、映画祭で掲示されているポスターは簡体字だったので中国版と思われ、本編はどうなのか聞いてみました。
そうしたら、本映画祭では台湾公開バージョンですが、中国版は王大陸(ワン・ダールー)のシーンを多くしたものでマーケットにあわせた編集をしたと言っていました。
王大陸は『私の少女時代』で大ブレイクしましたが、事務所問題などで現在は活動の場を中国に移しているのです。

0401saimon5アクションシーンを聞いた時にも、このふたつのバージョンの違いがわかりました。
「アクションは僕の要求が高かったので、彼らにとってもかなりチャレンジングだったと思います。王大陸は3階の屋根を走るシーンがあり、最初はビビっていたけどしっかりやってくれたし、黄遠は走るシーンやケンカのシーンもやり遂げてくれて良かった。二人とも生傷が絶えない現場でした」
昨年の黄遠のインタビュー時に、パルクールがたいへんだったと話していたのですが、3階の屋根を走るシーンは本映画祭と台湾公開バージョンにはなく、中国版のみのシーンですね。

このインタビューとQ&Aは、5月22日からPodcastで配信します。

『1万キロの約束(原題:一萬公里的約定)』
監督:洪昇揚(サイモン・ホン)監督
出演:黄遠(ホアン・ユエン)、王大陸(ワン・ダールー)、頼雅妍(メーガン・ライ)

大阪アジアン映画祭の紹介ページ
http://www.oaff.jp/2017/ja/program/c01.html

※これまでの『一萬公里的約定』に関する記事

2016/10/15
台湾の若手俳優黄遠(ホアン・ユエン)インタビュー in 台北
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2016/10/in-934c.html

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« 大阪アジアン映画祭、台日合作映画『海の彼方』黃胤毓(ホアン・インイク=インユー)監督インタビュー | トップページ | Podcast 台湾の絵本作家幾米(ジミー)の『星空』の一節朗読! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大阪アジアン映画祭、台日合作映画『海の彼方』黃胤毓(ホアン・インイク=インユー)監督インタビュー | トップページ | Podcast 台湾の絵本作家幾米(ジミー)の『星空』の一節朗読! »