« 【緊急告知】台湾映画の新しい潮流を感じよう!〜上映会&トークショー〜第5回『GF*BF』は、6月11日に変更になります! | トップページ | 新作映画公開中、入魂のドラマも好評!張睿家(レイ・チャン)インタビュー in 台北 »

2017/05/11

台北電影節「國際新導演競賽」ノミネート発表!

0511tff16月29日から開催される台北電影節のコンペのひとつ「國際新導演競賽」のノミネートが、10日に発表されました。
このコンペは新鋭監督の才能発掘を目的にしたもので、今年は世界各国から500本がエントリーされ、台湾、中国、ブラジル、ベルギー、イスラエル、スペイン、南アフリカ、シンガポール、ルーマニアほかの12作が賞金60万元の獲得を競うことになります。

台湾からは、黃信堯(ホアン・シンヤオ)監督の『大佛普拉斯』と黃熙(ホアン・シー)監督の『強尼‧凱克』が参戦、台北電影節での上映がワールドプレミアになります。
この二作に関わる葉如芬(イエ・ルーフェン)プロデューサーは、「粒ぞろいのエントリー作品の中からノミネートされてとても光栄です」と語りました。

0511tff2『大佛普拉斯』は2014年の短編『大佛』を長編にしたもので、この短編を気に入った鍾孟宏(チョン・モンホン)監督が初めてプロデューサーをつとめ、中島長雄名義で撮影も担当しています。
出演者も戴立忍(ダイ・リーレン)、莊益增(ジュアン・イーゼン)、林美秀(リン・メイショウ)、陳竹昇(チェン・ジューション)、張少懷(チャン・シャオハイ)という個性的な面々が揃いました。

0511tff3一方侯孝賢(ホウ・シャオシェン)プロデュースの『強尼‧凱克』は、撮影が姚宏易(ヤオ・ホンイー)、音楽を林強(リン・チャン)と許志遠(シュー・ズーユエン)という強力な侯孝賢組のスタッフがサポートしています。
キャストは、柯宇綸(クー・ユールン)、瑞瑪席丹(リマ·ジダン)、黃遠詮(ホアン・ユエンチュアン)。
黃熙監督は、プロデュースしてくれた監督の影響を強く受けているそうですが、今回はかなり自由に撮らせてもらったと感謝していました。

◆「國際新導演競賽」ノミネート一覧

『孩子不懼怕死亡,但是害怕魔鬼』(中國)
監督:榮光榮

『Columbus』(アメリカ)
監督:kogonada

『Dogs』(ルーマニア/フランス/ブルガリア/カタール)
監督:Bogdan Mirică

『笨鳥』(中國)
監督:黃驥/大塚龍治

『大佛普拉斯』(台湾)
監督:黃信堯

『Insyriate』(ベルギー/フランス/レバノン)
監督:Philippe Van Leeuw

『Mimosa』(スペイン/モロッコ/フランス:カタール)
監督:Oliver Laxe

『強尼‧凱克』(台湾)
監督:黃熙

『Pedular』(ブラジル/アルゼンチン/フランス)
監督:Júlia Murat

『People That Are Not Me』(イスラエル)
監督:Hadas Ben Aroya

『Pop Aye』(シンガポール・タイ)
監督:Kirsten Tan

『The Wound』(南アフリカ/ドイツ/オランダ/フランス)
監督:John Trengove

台北電影節「國際新導演競賽」の発表受賞式は、7月4日に行われます。

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« 【緊急告知】台湾映画の新しい潮流を感じよう!〜上映会&トークショー〜第5回『GF*BF』は、6月11日に変更になります! | トップページ | 新作映画公開中、入魂のドラマも好評!張睿家(レイ・チャン)インタビュー in 台北 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【緊急告知】台湾映画の新しい潮流を感じよう!〜上映会&トークショー〜第5回『GF*BF』は、6月11日に変更になります! | トップページ | 新作映画公開中、入魂のドラマも好評!張睿家(レイ・チャン)インタビュー in 台北 »