« 返還20年目を迎えた香港の【今】を描く社会派問題作!!『十年』、蔡廉明(アンドリュー・チョイ)プロデューサーと伍嘉良(ン・ガーリョン)監督の来日決定! | トップページ | 台北電影節、審査員記者会見! »

2017/07/07

いま台湾の旬の俳優吳慷仁(ウー・カンレン)インタビュー in 台北2017

0626kanren2015年の金鐘奨で『麻醉風暴』助演男優賞、2016年は金鐘獎の『一把青』で主演男優賞獲得した俳優吳慷仁(ウー・カンレン)は、いま台湾で一番旬の俳優といえるでしょう。
今回は3回目のインタビューになりますが、会う度にステップアップしていて、そのアップ度の高さに驚きます。それでいて、変わらないフレンドリーさが素敵です。
そして、いま開催中の台北電影節では電影大使に選ばれ、主演作『白蟻』も台北電影奨にノミネートされています。

0707kanren5まず、2011年に「閃亮之星」4人の1人として台北電影節のPRを担当し、今年は電影大使に選ばれたことについて聞きました。
「僕はいま35才になりますが、デビューが遅く30近かったのです。でも2011年の時は若手ということで4人に選んでもらったのですね。そして映画だけで活動してきたのではないのに、今回映画祭で大使をやらせてもらうのはとても光栄です」

確かに、大きな賞に輝いた『麻醉風暴』と『一把青』はドラマです。でも、どちらもとてもクォリティの高い作品で、演技派の俳優が居並ぶ中での受賞は本人が言うようなラッキーなだけではあり得ません。
「この二作だけが良い経験だったのではなく、これまでの全ての作品の経験が自分を成長させてくれました。良いタイミングで良い作品に出会えた、ということだと思います。僕は、俳優は方向性が正しければ、ぶれないと信じています。それを教えてくれたのは、李啟源(リー・チーユエン)先生でした」

0707kanren2李啟源監督は、演技のワークショップに参加した吳慷仁の資質を見出し、夫人でプロデューサー簡麗芬がマネジメントして育ててきたという経緯があります。2011年の『河豚』というとても良い映画があり、この時に初めてのインタビューをしたのですが、まだ駆け出しでもあり、監督同席のインタビューだったせいか、緊張していたようで口数も少なく物静かな印象でした。

0707kanren3「李監督たちは僕は俳優になれると言ったけど、最初はその他の人からは認められず、アイデンティティを探す時期でした。僕は5年で結果が出せなかったら、俳優に向いていないのだと思い、まず5年と言う目標を立てました。その5年目に、シンガポールでドラマの賞をもらしました。それが小さな分岐点でした。それからの3年は、出会った作品と経験、そして自分の存在が何かを認識できてアイデンティティの確立ができた大きな三年間になりました」

0707kanren4実は、いま吳慷仁は事務所に所属せず、一人で自分のマネジメントをしています。2014年に雑誌のインタビューで取材した時は、フリーになった開放感に溢れていましたが、今回はさらに落ち着きが加わり、それは俳優としての自信に裏打ちされたものだったのですね。

これだけの売れっ子が全部自分でやるのはかなりたいへんなことのはずですが、独立した当初はあまりオファーも来ない時があったそうです。その時に、客家テレビの『出境事務所』に出演することになりました。台湾版「おくりびと」のような内容で、良質のドラマでしたが、ここで吳慷仁は客家語に挑戦してその演技が評価されます。

0707kanren6「役者は受け身だから、マーケティングなどに飲み込まれないように攻めの姿勢で自分を磨いて行かないといけない。最初の3年はいい俳優になることが目標だったが、いまは、俳優はいい悪いではなく、続けていくために、観客に力や希望を与えられる俳優になる…大それた言葉になってしまうのが心苦しいですが、そういう使命感が芽生えました。だから、これからの5年は、色々なことに向き合い躊躇なくやれる気がします」

2011年、2014年、そして今回のインタビューを終え、吳慷仁は言いました。
「また、3年後に!」

このインタビューは、8月7日から2週にわたりPodcastで配信します。
どうぞお楽しみに!

※これまでの吳慷仁に関する記事とPodcast

2017/06/30
2017第十九回台北電影節開幕!オープニングは満席の『大佛普拉斯』
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2017/06/2017-901a.html

2017/04/20
2017年第19屆台北電影節の電影大使は吳慷仁(ウー・カンレン)と溫貞菱(ウェン・チェンリン)!
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2017/04/201719-4bb8.html

2011/07/25
Podcast 吳慷仁(ウー・カンレン)インタビュー
http://asianparadise.sblo.jp/article/46951841.html

2011/07/25
吳慷仁(ウー・カンレン)インタビュー
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2011/07/podcast-6002.html

2011/06/20
台北電影節「閃亮之星」発表会見合同インタビュー
http://asianparadise.sblo.jp/article/46154742.html

2011/05/14
2011台北電影節「國際青年導演競賽」と「閃亮之星」発表
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2011/05/2011-6295.html

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« 返還20年目を迎えた香港の【今】を描く社会派問題作!!『十年』、蔡廉明(アンドリュー・チョイ)プロデューサーと伍嘉良(ン・ガーリョン)監督の来日決定! | トップページ | 台北電影節、審査員記者会見! »

コメント

インタビュー記事、嬉しく拝見させて頂きました。ところで彼にプレゼントなど送るにはどうしたらいいのでしょ。八方ふさがりで困っています。是非教えて頂きたく、コメント欄に書かせて頂きました。申し訳ございません。よろしくお願いします。

投稿: 小島 くみ | 2017/10/04 23:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 返還20年目を迎えた香港の【今】を描く社会派問題作!!『十年』、蔡廉明(アンドリュー・チョイ)プロデューサーと伍嘉良(ン・ガーリョン)監督の来日決定! | トップページ | 台北電影節、審査員記者会見! »