« Podcast 吳慷仁(ウー・カンレン)インタビュー in 台北2017後編! | トップページ | 魏徳聖(ウェイ・ダーシェン)監督の『52Hz,I love you』が『52Hzのラヴソング』の邦題で12月16日より日本公開決定!監督とキャストが来日記者会見で発表! »

2017/08/15

2017台北金馬影展、オープニングは楊雅喆(ヤン・ヤージャ)監督の『血觀音』、クロージングは桂綸鎂(グイ・ルンメイ)が声の出演をするアニメーション『幸福路上』!

0815jinma12017台北金馬影展は11月3日から23日まで開催されますが、今日オープニングとクロージング作品が発表になりました。
オープニングは楊雅喆(ヤン・ヤージャ)監督の『血觀音』、クロージングは桂綸鎂(グイ・ルンメイ)が主人公の声をあてた宋欣穎(ソン・シンイン)監督のアニメーション『幸福路上』です。

0815jinma2楊雅喆監督の『血觀音』は、香港から惠英紅(カラ・ワイ)を迎え、『再見瓦城』など趙德胤(チャオ・ダーイン)監督作品で話題の吳可熙(ウー・カーシー)、中国の天才子役の文淇(ウェンチー)が家族で、政治とビジネスという複雑な関係の中での利益供与や家族の怨念、性のタブーなどを描いた作品です。
楊雅喆監督は、この映画を厳しい状況下の台湾映画界で痩せた土壌から芽吹いた特色ある台湾の一輪の花だと言っています。
「舞踏会のオープニングは王子と王女の美しくて華やかなものだが、今年の金馬影展は奇怪で陰鬱な開幕になる」と笑っていました。

0815jinma3そしてクロージングを飾るのは、4年を費やして完成したアニメーション『幸福路上』。宋欣穎監督は「この映画は私の台湾に対するラブレターで、台湾人の笑いと涙で綴る味わい深い物語です」と語っています。
努力して学び仕事のためにアメリカへ渡った主人公が、幸せとは何か、人生と家の意義を求める姿を独特の画風とユーモアあふれるストーリーで展開するそうです。
声の出演は、主人公の桂綸鎂のほか、魏徳聖(ウェイ・ダーシェン)監督も参加しています。

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« Podcast 吳慷仁(ウー・カンレン)インタビュー in 台北2017後編! | トップページ | 魏徳聖(ウェイ・ダーシェン)監督の『52Hz,I love you』が『52Hzのラヴソング』の邦題で12月16日より日本公開決定!監督とキャストが来日記者会見で発表! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Podcast 吳慷仁(ウー・カンレン)インタビュー in 台北2017後編! | トップページ | 魏徳聖(ウェイ・ダーシェン)監督の『52Hz,I love you』が『52Hzのラヴソング』の邦題で12月16日より日本公開決定!監督とキャストが来日記者会見で発表! »