« 郭富城(アーロン・クォック)主演映画『踏血尋梅』が『九龍猟奇殺人事件』の邦題でDVDリリース! | トップページ | 台湾映画の新しい潮流を感じよう『共犯』上映&トーク大盛況!張榮吉(チャン・ロンジー)監督からのムービーメッセージも! »

2017/10/05

台湾映画『目撃者』が『目撃者 闇の中の瞳』の邦題で1月13日から日本公開決定!

1005mokugekisha1台湾で最近ブームを起こしつつあるサスペンスですが、2017年はなんと7本もあります。
その中の『目撃者』は4月に台湾で公開、第54回金馬賞で莊凱勛(ジュアン・カイシュン)の主演男優賞、李淳(リー・チュン)の助演男優賞、視覚効果賞、音効賞、編集賞にノミネートされ、日本でも1月13日から新宿シネマカリテ他全国で公開されることになりました。

1005mokugekisha2本作の監督は、昨年のヒット作であるサスペンス・ホラー『紅衣小女孩』を手がけた程偉豪(チェン・ウェイハオ)。
2008年のデビュー作である短編映画『搞什麼鬼』や翌年の『狙擊手』で早くも注目され、3作目の『保全員之死』は2015年の台北電影節と金馬奨の両方で短編映画賞に輝きました。
そして2016年に初長編ホラー『紅衣小女孩』を監督して大ヒット、続編の『紅衣小女孩2』は今年の夏に公開されていまのところ今年の興行成績トップという成果を上げています。
いま33才という若さで、これからがますます楽しみな監督です。

1005mokugekisha3本作のキャストは、売れっ子実力派俳優の莊凱勛、女優としてめきめき実力をつけ映画でもドラマでも主演女優賞を受賞している許瑋甯(アン・シュー)、人気と実力の柯佳嬿(アリス・クー)、そして李安(アン・リー)監督を父に持ちアメリカと台湾で活躍する李淳(リー・チュン)という豪華な顔ぶれです。

1005mokugekisha4◆ストーリー
新聞社の敏腕記者シャオチーは取材の帰りに交通事故に巻き込まれ、車を修理に出した。するとこの中古車は前にも事故経歴があることが発覚、そして当時の持ち主の名前は9年前に取材した大事故の当事者だった。
偶然とは思えない彼は、9年前の事故の唯一の生存者を探す。

1005mokugekisha5『目撃者 闇の中の瞳』(原題:目撃者)
監督:程偉豪(チェン・ウェイハオ)
出演:莊凱勛(ジュアン・カイシュン)、許瑋甯(アン・シュー)、柯佳嬿(アリス・クー)、李淳(リー・チュン)
提供:フルモテルモ ケイエクラン
配給:フルモテルモ コピアポア・フィルム
©Rise Pictures Co.,Ltd. All Rights Reserved.
2018年1月13日(土)より新宿シネマカリテ他全国ロードショー

※これまでの『目撃者』に関する記事

2017/04/06
台湾のサスペンス映画『目撃者』好調のスタート!
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2017/04/post-3c81.html

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« 郭富城(アーロン・クォック)主演映画『踏血尋梅』が『九龍猟奇殺人事件』の邦題でDVDリリース! | トップページ | 台湾映画の新しい潮流を感じよう『共犯』上映&トーク大盛況!張榮吉(チャン・ロンジー)監督からのムービーメッセージも! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 郭富城(アーロン・クォック)主演映画『踏血尋梅』が『九龍猟奇殺人事件』の邦題でDVDリリース! | トップページ | 台湾映画の新しい潮流を感じよう『共犯』上映&トーク大盛況!張榮吉(チャン・ロンジー)監督からのムービーメッセージも! »