« 『52Hzのラヴソング』を(もっと)楽しむ7つのポイント〜第三章「アラサー」 | トップページ | 『52Hzのラヴソング』を(もっと)楽しむ7つのポイント〜第四章「バイク」 »

2017/12/27

1月13日から公開の台湾映画『目撃者 闇の中の瞳』程偉豪(チェン・ウェイハオ)監督インタビュー in 台北

1227cheng11月13日(土)より新宿シネマカリテ他全国ロードショーされる台湾映画『目撃者 闇の中の瞳』の程偉豪(チェン・ウェイハオ)監督に、台北でインタビューしました。
33歳にして長編映画3本全てが大ヒットし賞も獲りまくりという近年稀な逸材ですから、前々からお話を聞いてみたい監督だったのですが、この頃は北京に行くことが多く、なんとかその合間を縫っての取材となりました。

1005mokugekisha1『目撃者 闇の中の瞳』は今年4月に台湾で公開され大ヒット、今年の国内映画興行成績ベスト10の上位にラインイン。海外では日本のほかに香港、マカオ、マレーシア、シンガポール、韓国、北米に版権が売れ、第54回金馬賞で莊凱勛(カイザー・ジュアン)の主演男優賞、李淳(メイソン・リー)の助演男優賞、視覚効果賞、音効賞、編集賞にノミネートされました。

1005mokugekisha2程偉豪監督は1984年生まれ。輔仁大学で広告やマーケティングを学び、その後国立台湾芸術大学で本格的に映画を勉強。2008年に初めての短編『搞什麼鬼』が、北京電影学院の国際学生映画&ビデオフェスティバルや南方映画祭で評価されました。
2009年の短編第二作『狙擊手』で更に注目され、3作目の『保全員之死』は2015年の台北電影節と金馬奨の両方で短編映画賞を受賞。
この若き才能に着目したプロデューサーから2016年に初長編ホラー『紅衣小女孩』の監督を依頼され、大ヒット。これを受けてすぐに続編『紅衣小女孩2』も手がけ、今年の台湾映画興行収入トップとなりました。

今回のインタビューでは、まず製作の経緯からお聞きしました。
台湾のサスペンス映画草創期の名作、蘇照彬(スー・ジャオピン)監督の『シルク』ほかを手がけた唐在揚(デビッド・タン)プロデューサーから、本作の元になるストーリーを「やりたいようにしていいから」と託され、5〜6年かけて脚本を完成させたそうです。
もともとは霊的な要素が多かったオリジナルストーリーを、監督は人間ドラマのサスペンス、犯罪映画に変え、警察やジャーナリストなど映画に出てくる人々の仕事周りを徹底取材して監督含めて3人の脚本家で煮詰めていったと言っていました。

1005mokugekisha3そして、主演の莊凱勛(カイザー・ジュアン)や許瑋甯(アン・シュー)、柯佳嬿(アリス・クー)、李淳(メイソン・リー)のキャスティング理由、サスペンスで重要な伏線の張り方、さらにここ数年台湾でサスペンスやスリラー映画が増えてきている中で、特に成功している監督の作品に盛り込まれている台湾の文化、観客の共感ポイントとなる台湾アイデンティティとの関わりについても語っていただきました。

公開時期の関係で監督の長編デビュー作は『紅衣小女孩』となっていますが、ご自身では「一番最初に取りかかった本作が、実質的な長編第一作だと思っています。そして、この映画には僕のやりたいことがたくさん詰まっています」と言っていました。

1227cheng2台湾芸術大学の大学院時代に、自身がスポンジになったように画について色々な者をどんどん吸収していったという監督、蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)監督作品からロングショットの美学を学び、好きな監督はデビッド・リンチやポン・ジュノ、彭浩翔(パン・ホーチョン)、陳可辛(ピーター・チャン)、そして杜琪峰(ジョニー・トー)だそうです。
「陳可辛はプロデューサーとしての力量もすごいので、学んでいきたいです」
これまで台湾映画が培ってきた人間を見る確かな目を継承し、自身のオリジナリティーが今後どのように表現されていくのか、楽しみでならない監督です。

このインタビューは、1月22日よりPodcast配信予定です。
ぜひ映画を見てからお聞き下さい。

1227molugeisha『目撃者 闇の中の瞳』(原題:目撃者)
監督:程偉豪(チェン・ウェイハオ)
出演:莊凱勛(ジュアン・カイシュン)、許瑋甯(アン・シュー)、柯佳嬿(アリス・クー)、李淳(リー・チュン)
提供:フルモテルモ ケイエクラン
配給:フルモテルモ コピアポア・フィルム
公式サイト:http://mokugekisha.com
©Rise Pictures Co.,Ltd. All Rights Reserved.
2018年1月13日(土)より新宿シネマカリテ他全国ロードショー

※これまでの『目撃者』に関する記事

2017/10/05
台湾映画『目撃者』が『目撃者 闇の中の瞳』の邦題で1月13日から日本公開決定!
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2017/10/113-30c6.html

2017/04/06
台湾のサスペンス映画『目撃者』好調のスタート!
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2017/04/post-3c81.html

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« 『52Hzのラヴソング』を(もっと)楽しむ7つのポイント〜第三章「アラサー」 | トップページ | 『52Hzのラヴソング』を(もっと)楽しむ7つのポイント〜第四章「バイク」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『52Hzのラヴソング』を(もっと)楽しむ7つのポイント〜第三章「アラサー」 | トップページ | 『52Hzのラヴソング』を(もっと)楽しむ7つのポイント〜第四章「バイク」 »