« 2017年2月26日 - 2017年3月4日 | トップページ | 2017年3月12日 - 2017年3月18日 »

2017/03/11

第12回大阪アジアン映画祭、グランプリは香港映画『一念無明』!

3011off1第12回大阪アジアン映画祭の受賞式が11日に行われ、香港映画の『一念無明』がグランプリに輝きました。
来るべき才能賞には『姉妹関係』の廖子妤(フィッシュ・リウ)、スペシャル・メンションは『暗くなるまでには』(タイ・オランダ・フランス・カタール)、そしてJAPAN CUTS Awardにまつむらしんご監督の『恋とさよならとハワイ』、ABC賞は『七月と安生』(香港・中国)、薬師真珠賞にフィリピン映画『至福』の主演女優イザ・カルサドがそれぞれ選ばれました。

続きを読む "第12回大阪アジアン映画祭、グランプリは香港映画『一念無明』!"

| | コメント (0)

第12回大阪アジアン映画祭 HONG KONG NIGHT 今年も大盛況!

0311hknight1大阪アジアン映画祭恒例の「HONG KONG NIGHT」が10日、今年も参加作品の監督や出演者が参加してのセレモニーが賑やかに行われました。
登壇したのは、『一念無明』の黃進(ウォン・ジョン)監督と脚本の陳楚珩(フローレンス・チャン)、『77回、彼氏をゆるす』の邱禮濤(ハーマン・ヤウ)監督、『29+1』の彭秀慧(キーレン・パン)監督、『姉妹関係』の徐欣羨(トレイシー・チョイ)監督とキャストの廖子妤(フィッシュ・リウ)&余香凝(ジェニファー・ユー)、そして『女士の仇討』の火火(ファイアー・リー)。

続きを読む "第12回大阪アジアン映画祭 HONG KONG NIGHT 今年も大盛況!"

| | コメント (0)

2017/03/10

衝撃の香港映画『十年』7月に日本公開決定!

0309xinian昨年の大阪アジアン映画祭で上映され、その注目度から二度の上映が SOLD OUT になった十年後の香港の未来を問う衝撃の問題作 『十年』 が、香港返還二十年目となる今夏 7月22日から日本公開されることになりました。
自主映画として製作費 750 万円 (500,000 香港ドル)で製作され、2015年12月、わずか 1館から始まった本作の上映は、徐々に上映館を広げ興行収入約 9200 万円(6,094,741 香港ドル)を記録。口コミが広がり、同日に公開された『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の動員を、一時凌ぐ 勢いで香港の人々の支持を受けました。
そして、2016年3月には、香港のアカデミー賞と言われる香港金像奨で最優秀作品賞を受賞しました。

続きを読む "衝撃の香港映画『十年』7月に日本公開決定!"

| | コメント (0)

2017/03/09

第12回大阪アジアン映画祭『52Hz, I love you』魏徳聖(ウェイ・ダーシェン)監督Q&Aとインタビュー!

0308wei1第12回大阪アジアン映画祭の特別招待作品として、魏徳聖(ウェイ・ダーシェン)監督の新作『52Hz, I love you』が上映されました。
魏徳聖監督作品は、『セデック・バレ』と『KANO〜1931海の向こうの甲子園』が大阪アジアン映画祭で上映され、どちらも観客賞を受賞しています。
そしてこの新作の上映にあたり今回も監督が来日してQ&Aを行い、アジアンパラダイスでは上映中に単独インタビューをしました。

続きを読む "第12回大阪アジアン映画祭『52Hz, I love you』魏徳聖(ウェイ・ダーシェン)監督Q&Aとインタビュー!"

| | コメント (0)

2017/03/06

Podcast 第12回大阪アジアン映画祭 惠英紅(カラ・ワイ)インタビュー

0303kara3第12回大阪アジアン映画祭のオープニング作品『ミセスK』の主役で、オーサカ Asia スター★アワードに輝いた惠英紅(カラ・ワイ)のインタビュー音声をPodcast配信しました。
この作品でアクションを最後にしようと思ったきっかけ、つらい体験を経てこの映画にかけた意気込みなどについて語っています。

記事はこちら

インタビュー音声はこちら。

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

| | コメント (0)

« 2017年2月26日 - 2017年3月4日 | トップページ | 2017年3月12日 - 2017年3月18日 »