« 2018年台湾映画上映&トークイベント〜台湾映画の"いま"3月24日より開催! 第一回は新作『盜命師』 李啟源(リー・チーユエン)監督来日! | トップページ | 大阪アジアン映画祭『私を月に連れてって』と張雨生(チャン・ユーシェン) »

2018/02/20

第 13 回大阪アジアン映画祭【オーサカ Asia スター★アワード】は杜汶澤(チャップマン・トー)!

0220to1大阪アジアン映画祭は日本を含むアジア映画界に多大な貢献をし、今後のさらなる活躍も期待されるスター性ある映画人を 1 名 選出し、授与する【オーサカ Asia スター★アワード】の受賞者を杜汶澤(チャップマン・トー)と発表しました。
俳優、監督、プロデューサーとマルチな才能を発揮し、常に新しい事を求めて挑戦し続ける香 港のスター杜汶澤は、今回の大阪アジアン映画祭でコンペティシ ョン部門、特集企画《Special Focus on Hong Kong 2018》作品『空手道』の主演と監督をつとめています。
授賞式およびトークイベントは、3 月 17 日(土)17 時からシネ・リーブル梅田で行われます。

杜汶澤は、端役からスタートしながらも印象深い役をこなし、『伊莎貝拉』からプロデューサーとしての頭角を表しました。さらに監督業にも乗り出しましたが、その道のりは決して平坦なものではありませんでした。
難病で芸能界を引退か?と言われた時期もありましたが見事に復帰。
2014年には台湾のひまわり学運を支持したことにより中国から封殺。一時は香港を離れてアメリカに居住していたこともありましたが、視点を変えて東南アジアの映画市場開拓を目的にマレーシアの監督と会社を立ち上げるなどアジアの映画産業に貢献しています。
俳優としては『低俗喜劇』が出色だと思いますが、今回大阪アジアン映画祭で上映される『空手道』がとても楽しみです。

【オーサカ Asia スター★アワード&トーク】
●日時:3 月 17 日(土)17 時〜18 時 授賞式+トークイベント シネ・リーブル梅田
【『空手道』上映】
●日時:3 月 14 日(水)13 時 30 分〜 ABC ホール、3月 17 日(土)10 時 40 分〜 ABC ホール
チケット:前売 1300 円/当日 1500 円 前売券はチケットぴあにて 2 月 24 日(土)から販売開始

0220to2<杜汶澤プロフィール>
1972 年、香港生まれ。俳優、監督、プロデューサー。
『インファナル・アフェア』 (無間道/Infernal Affairs)シリーズ、『頭文字 D THE MOVIE』(頭文字 D/Initial D) 『低俗喜劇』(Vulgaria)(OAFF2013 上映)などの出演で知られる。
テレビドラマで キャリアをスタートさせたのち、2000 年に映画界にデビュー。
数々の作品に出演し、俳優として金馬奨と香港電影金像獎でそれぞれ 4 度ノミネートを受ける。
2006 年には初のプロデュース作、 パン・ホーチョン監督(彭浩翔/Pang Ho-Cheung)の『イザベラ』(伊莎貝拉/Isabella) を手掛け、2016 年にはマレーシア・シンガポール合作映画『ご飯だ!』( 開飯啦!/ Let’s Eat)(OAFF2016 上映)で監督デビューを果たす。
今回、大阪アジアン映画祭で 上映する香港映画『空手道』(The Empty Hands)は長編監督第 2 作であり、ステフ ィー・タン(鄧麗欣/Stephy TANG)と共に主演も務めている。

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« 2018年台湾映画上映&トークイベント〜台湾映画の"いま"3月24日より開催! 第一回は新作『盜命師』 李啟源(リー・チーユエン)監督来日! | トップページ | 大阪アジアン映画祭『私を月に連れてって』と張雨生(チャン・ユーシェン) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2018年台湾映画上映&トークイベント〜台湾映画の"いま"3月24日より開催! 第一回は新作『盜命師』 李啟源(リー・チーユエン)監督来日! | トップページ | 大阪アジアン映画祭『私を月に連れてって』と張雨生(チャン・ユーシェン) »