« 第13回大阪アジアン映画祭、観客賞は香港の『恋の紫煙3』! | トップページ | 2018年台湾映画上映&トークイベント〜台湾映画の"いま" 第一回『盜命師』、李啟源(リー・チーユエン)監督とのQ&Aで大盛り上がり! »

2018/03/19

台湾映画上映&トークイベント〜台湾映画の"いま" 第二回『コードネームは孫中山』 は4月21日に開催。申し込みは4月2日から!

0319chordname12000年以降の台湾映画の新しい流れがどのように台湾映画の"いま"に繋がってきたのか、そして"いま"何が起きているのかをお届けするイベントリーズ第二回は、大阪アジアン映画祭でグランプリと観客賞を獲得した『コードネームは孫中山(原題:行動代號:孫中山)』。
易智言(イー・ツーイエン)監督10年ぶりの本作は、貧困をテーマにしながらもユーモアをたっぷり盛り込んだ作品です。
トークは、作品解説と台湾の最新俳優事情。

日時:4月21日(土)13時30分開場、14時開演

会場:台北駐日経済文化代表処台湾文化センター
   東京都港区虎ノ門1-1-12虎ノ門ビル2階
    東京メトロ 銀座線「虎ノ門駅」9 番出口 徒歩 約 1 分
    東京メトロ 丸ノ内線 日比谷線 千代田線「霞ヶ関駅」C2 出口 徒歩 約 3 分
    都営地下鉄 三田線「内幸町駅」A4 出口 徒歩 約 7 分
    JR「新橋駅」日比谷口 徒歩 約 12 分

スピーカー:江口洋子(台湾映画コーディネーター)

入場:無料。事前申し込みで先着100名様をご招待します。

申し込み:4月2日(月)昼12:00より
     台湾文化センターのホームページよりお申し込み下さい。
     URL:http://jp.taiwan.culture.tw
     ※お一人様1通でご応募下さい。

主催:台北駐日経済文化代表処台湾文化センター/アジアンパラダイス

協力:光在影像股份有限公司/藍色工作室/大阪アジアン映画祭

0319chordname2『コードネームは孫中山(原題:行動代號:孫中山)』(2014年)
家が貧しく学級費も払えないアーゾウは、体育館の倉庫で誇りを被っている孫文の銅像を盗み出して換金することを思いつく。ところがこの計画メモを落としてしまい、それを拾った同じような貧困家庭のシャオティエンはアーゾウたちを出し抜こうとする。
計画実行当日、二つのグループの銅像争奪戦は思わぬ展開に…。

監督・脚本:易智言(イー・ツーイエン)
出演:詹懷雲(ジャン・ファイユン)、魏漢鼎(ウェイ・ハンディン)、張孝全(チャン・シャオチュアン)
Ⓒ 2014 1 Production Film Company, Lan Se Production

●今後の予定
5月26日(土)14時〜
『鮮肉老爸』(2016年)
監督:高炳權(ガオ・ピンチャン)
出演:吳慷仁(ウー・カンレン)、侯彥西(ホウ・イエンシー)、苗可麗(ミャオ・カーリー)
淡水を舞台に80年代の台湾アイドル文化を背景にしたタイムスリップ・コメディ。
トーク:作品解説、80年代からの台湾アイドル事情と変遷。
※5/7(月)昼12時申し込み開始予定

6月23日(土)14時〜
『星空』(2011年)
原作:幾米(ジミー)絵本「星空」
監督・脚本:林書宇(トム・リン)
出演:徐嬌(シュー・チャオ)、林暉閔(リン・フイミン)、桂綸鎂(グイ・ルンメイ)
台湾の国民的人気絵本作家幾米のベストセラー「星空」を映画化した、台湾映画史に煌めく珠玉作。
トーク:作品解説、ロケ地紹介
※6/4(月)昼12時申し込み開始予定

7月28日(土)14時〜
『停車』(2008年)
監督:鐘孟宏(チョン・モンホン)
出演:張震(チャン・チェン)、桂綸鎂(グイ・ルンメイ)、戴立忍(ダイ・リーレン)
台湾を代表する監督の一人鐘孟宏の記念すべき長編第一作。独特の色彩の映像とブラックユーモアで台湾の人と生活を切り取った秀作。
トーク:作品解説、台北電影節レポート
※7/9(月)昼12時申し込み開始予定

8月26日(日)14時〜
『52Hzのラヴソング(原題:52Hz, I love you)』(2017年)
監督・脚本:魏徳聖(ウェイ・ダーシェン)
出演:小玉(シャオユー)、小球(シャオチョウ)、スミン、米非(ミッフィー)
バレンタインの一日に起きる様々なカップルたちのラブストーリー。17曲のオリジナルソングで綴られる
トーク:作品解説、監督とプロデューサーの仕事
※8/6(月)昼12時申し込み開始予定

9月22日(土)14時〜
『奇人密碼-古羅布之謎』(2015年)
監督:黃強華(ホアン・チャンホア)、黃文擇(ホアン・ウェンツァ)
台湾の伝統的な人形劇「布袋戲」をベースに、新キャラクターとオリジナルストーリーで創り上げた冒険ファンタジー映画。日本と合作して成功した「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀」の原点。
トーク:作品解説、布袋戲の魅力
※9/3(月)昼12時申し込み開始予定

11月29日(木)19時〜
『拔一條河』(2013年)
監督:楊力州(ヤン・リージョウ)
出演:(ドキュメンタリー)
2009年に台湾の中南部および南東部で発生した水害の直後、子ども達と外国人花嫁たちが村人を勇気づけて復興に向かった感動のドキュメンタリー。
トーク:作品解説、金馬奨レポート
※11/5(月)昼12時申し込み開始予定
◎予定は変更になる可能性があります。

Beyond2

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« 第13回大阪アジアン映画祭、観客賞は香港の『恋の紫煙3』! | トップページ | 2018年台湾映画上映&トークイベント〜台湾映画の"いま" 第一回『盜命師』、李啟源(リー・チーユエン)監督とのQ&Aで大盛り上がり! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第13回大阪アジアン映画祭、観客賞は香港の『恋の紫煙3』! | トップページ | 2018年台湾映画上映&トークイベント〜台湾映画の"いま" 第一回『盜命師』、李啟源(リー・チーユエン)監督とのQ&Aで大盛り上がり! »