« 第13回大阪アジアン映画祭、大阪スターアワード受賞の杜汶澤(チャップマン・トー)インタビュー! | トップページ | 第13回大阪アジアン映画祭で上映された香港映画『メイド・イン・ホンコン/香港製造』の陳果(フルーツ・チャン)監督インタビュー! »

2018/04/06

第13回大阪アジアン映画祭で上映された台湾映画『血観音』の楊雅喆(ヤン・ヤーチェ)監督インタビュー!

0406yang1第13回大阪アジアン映画祭で期待値が高かった映画の一つ、台湾映画『血観音』の楊雅喆(ヤン・ヤーチェ)監督にインタビューしました。
本作は昨年の金馬奨で最優秀作品賞、惠英紅(カラ・ワイ)が主演女優賞、文淇(ウェン・チー)が助演女優賞、観客賞という4冠に輝いた作品です。そのうえ興行的にも大ヒットして、2017年の国産映画の第二位という素晴らしい成績を上げました。

本作の製作会社である原子映象は、これまでに楊雅喆監督の『GF*BF』や戴立忍(ダイ・リーレン)監督の『あなたなしでは生きていけない(原題:不能沒有你)』、林書宇(トム・リン)監督の『星空』、『百日告別』ほか秀作を次々送り出してきました。それというのも、代表であるプロデューサー劉蔚然(リウ・ウェイラン)の才能ある監督の力を引き出す見事な手腕による所が大きいと言えます。

0406yang2本作もまた当初監督が書いた汚職事件をベースにした推理ものの脚本にダメ出しし、母と娘の関係を融合させるように指示したということです。
「政治家は人をコントロールするのがうまい、これは母と娘の関係においてもいえるのではないかと思い融合できたのですが、何度も書き直してようやくプロデューサーからOKをもらいました。彼女は恐い」と笑いながら言う監督でしたが、確固たる信頼関係に裏打ちされての言葉でしょう。

0406yang3また、本作には意外な人が議長役で出演していたのでそれについて聞いてみました。その人は映画製作の現場に欠かせないスタッフとして30年というベテランで、金馬奨で年度台灣傑出電影工作者に選ばれた王偉六(ワン・ウェイリウ)です。
「王偉六は、僕と似ているでしょ。(^O^)
見た目です。今回男優は脇役が多いので、観客に覚えてもらおうと思い個性的な人を選びました。さすがに本物の黒社会の人に出てもらうわけにはいかないから、それっぽい人たちを選びました」

0815jinma1その他、凄まじいまでの毒を持つ3人の女性達のキャラクター作り、キャスティング、ポスタービジュアルや劇中で使われている印象的な絵のこと、監督の実行力と勇気の原動力などについて語っていただきました。
このインタビューは、5月7日からPodcastで配信します。
どうぞお楽しみに!

『血観音』(2017年)
監督:楊雅喆(ヤン・ヤーチェ)
出演:惠英紅(カラ・ワイ)、吳可熙(ウー・カーシー)、文淇(ウェン・チー)、柯佳嬿(アリス・クー)、温貞菱(ウェン・チェンリン)


※これまでの『血観音』に関する記事

2017/12/06
第54回金馬獎〜プレスセンター受賞者編
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2017/12/54-05f9.html

2017/11/26
第五十四回金馬獎は台湾映画『血觀音』『大佛普拉斯』が大奮闘!
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2017/11/post-6f43.html

2017/11/04
2017金馬影展開幕、オープニング作品『血觀音』豪華キャストが記者会見!
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2017/11/2017-0b40.html

2017/08/15
2017台北金馬影展、オープニングは楊雅喆(ヤン・ヤージャ)監督の『血觀音』、クロージングは桂綸鎂(グイ・ルンメイ)が声の出演をするアニメーション『幸福路上』!
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2017/08/2017-5350.html

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« 第13回大阪アジアン映画祭、大阪スターアワード受賞の杜汶澤(チャップマン・トー)インタビュー! | トップページ | 第13回大阪アジアン映画祭で上映された香港映画『メイド・イン・ホンコン/香港製造』の陳果(フルーツ・チャン)監督インタビュー! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第13回大阪アジアン映画祭、大阪スターアワード受賞の杜汶澤(チャップマン・トー)インタビュー! | トップページ | 第13回大阪アジアン映画祭で上映された香港映画『メイド・イン・ホンコン/香港製造』の陳果(フルーツ・チャン)監督インタビュー! »