« Podcast 第13回大阪アジアン映画祭で上映された香港映画『どこか霧の向こう』の主役 梁雍婷(レイチェル・リョン)インタビュー! | トップページ | 台湾映画『引爆點』予告編第一弾公開! »

2018/05/28

『淡水河の奇跡』を含む「台北メトロシリーズ(原題:台北愛情捷運系列)」の全作邦題が決定!

0528metro5月26日に台湾文化センターで上映した『淡水河の奇跡(原題:鮮肉老爸)』は、お陰様でたいへんご好評をいただきました。
この「台北メトロシリーズ(原題:台北愛情捷運系列)」7作の邦題が決まりましたので、簡単な内容と共にお知らせします。

繰り返しにはなりますが、このシリーズは『雞排英雄(ナイト・マーケット・ヒーロー)』『大稻埕(ピース、時空を超える愛)』などのヒットメーカーの葉天倫(イエ・ティエンルン)監督がプロデュースした、台北のMRTの駅を舞台にその土地の歴史や文化を盛り込み、ご自身と5人の新鋭監督による7つの愛の物語を綴った作品群です。

本シリーズは2014年から2016年にかけて製作されたもので、葉天倫が高炳權(ガオ・ピンチュアン)、林君陽(リン・ジュンヤン)、北村豐晴、林孝謙(リン・シャオチエン)、李青蓉(リー・チンロン)の5人の新鋭監督に託し、自らも2作監督して7つの物語が展開していきます。
舞台になっているMRTの駅は大橋頭、淡水、西門、忠孝復興、新北投、中正記念堂の6つ。シリーズ最終作は特定の駅を設定せずに「終点」と銘打たれていますが、よく出てくる駅は北投です。

7作のうち劇場用映画は3作、あとの4作は映画の手法で製作しテレビで放送する「電視電影」という形態になっており、2016年の4月に映画専門チャンネル衛視電影台で放送されました。
また、このシリーズには五月天(Mayday)の名曲や、このために作られた林宥嘉(ヨガ・リン)の「長大的童話」ほか素敵な曲が各作品を彩っています。

0424tansui18月2日発売
『淡水河の奇跡(原題:鮮肉老爸)』(淡水)
2016年4月23日に台湾で放送
監督:高炳權(ガオ・ピンチュアン)
出演:吳慷仁(ウー・カンレン)、侯彥西(ホウ・イエンシー)、苗可麗(ミャオ・カーリー)
阿給は幼い時に父親が失踪し、淡水で母が商う魚丸店を手伝いながら自分でパブを開こうと計画している。ところが候補物件をめぐって闇金に騙され、母の店まで抵当に…。そんな折りに淡水河で溺れかけている若い男を助けると、80年代風の男はなんと自分の父親だという。

0528aiqing9月発売
『この街に心揺れて(原題:愛情算不算)』(大橋頭)
2015年10月30日台湾で公開、2016年アジアフォーカス福岡国際映画祭で上映
監督:林君陽(リン・ジュンヤン)
出演:周幼婷(チョウ・ヨウティン)、張翰(チャン・ハン)
日本に留学していたカメラマンの靜慧は、アメリカでエンジニアをしている正雄と迪化街で出会う。度重なる偶然でふたりは次第に親しくなっていくのだが、自分のペースを確立している靜慧はなかなか一歩前に進めない。そんな時、靜慧の元カレが離婚してこの街に戻ってきた。

0528ximen10月発売
『西門に降る童話(原題:西城童話)』(西門)
2015年10月30日に台湾で公開
監督:葉天倫(イエ・ティエンルン)
出演:李李仁(リー・リーレン)、郭書瑤(グォ・シューヤオ)
若者の街西門町で自分の店を持つために露店でファッションコーディネーターとして稼ぐ小虎は、ある日空からお札が降ってくる現場に遭遇する。そしてそこで空を仰ぎ叫ぶ不思議なホームレス西門慶に興味を持つ。彼は国家機密を握る男とか破産した企業家など色々な噂があるが、誰もその実態を知らない。

0528blueline11月発売
『振り向いたらそこに(原題:奉子不成婚)』(忠孝復興)
2016年4月16日に台湾で放送
監督:北村豐晴
出演:張少懷(チャン・シャオファイ)、蔡淑臻(ジャネル・ツァイ)
映画監督を目指すフリーターの湘海は、動画撮影のバイトで訪れた結婚式場で、新婦のブライダルメイドの小嫻に一目惚れ。全く相手にされない湘海だが、懲りずにアプローチを続け、小嫻は彼の子を宿す。烈火の如く怒る小嫻の父を前に、どうする?湘海…。

0528yugan12月発売
『まごころを両手に(原題:五星級魚干女)』(新北投)
2016年3月18日に台湾で公開、グアム国際映画祭で観客賞受賞
監督:林孝謙(リン・シャオチエン)
出演:柯佳嬿(アリス・クー)、周厚安(アンドリュー・チョウ)
干物女の生活から抜け出し海外留学を決断した芳如だったが、祖母の老舗の温泉旅館が経営難になり夢を断念。祖母は、昔の恋の想い出もあるこの旅館を手放したくないと言う。そこで芳如はアメリカから泊まりに来たアレンをてなづけ、旅館立て直し作戦を開始する。

0528beef2019年1月発売
『隠し味は愛(原題:紅酒敦牛肉)』(中正記念堂)
2016年4月9日に台湾で放送
監督:葉天倫(イエ・ティエンルン)
出演:白歆惠(ビアンカ・バイ)、鍾承翰(ジョン・チェンハン)
海外を飛び回るピアニストの夫を持つ晨曦は、夫のすすめで料理教室を始める。ある日、冷えかけたキャリア妻との関係修復の為牛肉の赤ワイン煮を習いたいという李峰が入門する。同じような寂しさを抱える二人は次第に心惹かれていくのだが、これは恋なのか、それとも…。

0528hallo2019年2月発売
『ハロー、グッドバイ。(原題:你好、再見。)』(終点)
2016年4月30日に台湾で放送
監督:李青蓉(リー・チンロン)
出演:紀培慧(テレサ・チー)、布魯斯(ブルース)
絵を描くのが好きな内気な小捷は、北投駅のホームでよく会う小剛に片想いしていた。ふとしたきっかけで話すようになった二人は、お互いに寂しい環境にあり、徐々に心が近づいていく。メトロで行き交う人々を描き出版を目指す小捷を応援する小剛。ところが、ある日その小剛が忽然と姿を消してしまう。

価格:3800円+税
発売元:ディメンション/発売協力:ピカンテサーカス
販売元:ハピネット(ピーエム)

各作品の詳しい紹介は、それぞれ発売近くになりましたら掲載します。

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« Podcast 第13回大阪アジアン映画祭で上映された香港映画『どこか霧の向こう』の主役 梁雍婷(レイチェル・リョン)インタビュー! | トップページ | 台湾映画『引爆點』予告編第一弾公開! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Podcast 第13回大阪アジアン映画祭で上映された香港映画『どこか霧の向こう』の主役 梁雍婷(レイチェル・リョン)インタビュー! | トップページ | 台湾映画『引爆點』予告編第一弾公開! »