« 『淡水河の奇跡』を含む「台北メトロシリーズ(原題:台北愛情捷運系列)」の全作邦題が決定! | トップページ | 盧廣仲(クラウド・ルー)春季ツアー台湾の締めくくり高雄ライブ! »

2018/06/02

台湾映画『引爆點』予告編第一弾公開!

0602yingbao1今年の台北電影節のクロージング作品となっている『引爆點』の予告編第一弾が公開されました。
この社会派ミステリー映画はとても気になっていて、これまでにも何度かお伝えしてきましたが、予告編第一弾で見せる“青く光る腎臓”がさらに興味を沸き立たせます。
主演の吳慷仁(ウー・カンレン)は「この物語はすべてこの“青く光る腎臓”から始まる。いったいなぜ腎臓が発光するのか…」とFBでつぶやき、多くの期待が寄せられているそうです。

0602yingbao2昨年の台北電影節で主演男優賞に輝いた吳慷仁は、その時主演女優賞を受賞した尹馨(イン・シェン)との合同インタビューで共演の予定を聞かれ「予定はあります」と言っていたのがこの『引爆點』だったようです。
尹馨は事件の発端となる漁師の妻に扮しており、この遺体を解剖する法学医を演じる吳慷仁と檢察官役の姚以緹(ヤオ・イーティー)が激しく言い争うシーンが予告編の中にありますが、どのような展開なのか興味津々です。

0602yingbao3吳慷仁は「興行成績のプレッシャーはないけど、演技の上でのプレッシャーは大きい。この役を演じるに当たって、綿密なプランをたてた。だから監督からの厳しい要求にもプロ精神で応えたつもりです」と語っています。

『引爆點』は台北電影節のクロージングを飾った後、8月31日に台湾で一般公開されます。

『引爆點』
プロデュース:張艾嘉(シルヴィア・チャン)
監督:莊景燊(ジャン・ジンラー)、王莉雯(ワン・リーウェン)
出演:吳慷仁(ウー・カンレン)、尹馨(イン・シェン)、姚以緹(ヤオ・イーティー)、陳以文(チェン・イーウェン),徐詣帆(シュー・シーファン)

0602yingbao4ストーリー
高雄の漁民である阿海は大規模な抗議行動の中で焼身自殺を遂げ、そこにいた県知事は即刻マスコミの餌食になり、阿海が全国的な英雄に祭り上げられる。
長年汚染に苦しむ漁村では工場が操業停止になり、法学医の周建生が阿海の遺体を解剖することになった。その解剖所見には多くの疑問点があり、調査を進めていくうちに驚くべき真相が露呈していく…。

※これまでの『引爆點』に関する記事

2018/05/03
第20屆台北電影節のオープニングは蕭雅全(シャオ・ヤーチュエン)監督の『范保德』、クロージングは吳慷仁(ウー・カンレン)主演『引爆點』に決定!
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2018/05/20-06e3.html

2017/09/07
吳慷仁(ウー・カンレン)主演台湾の社会派ミステリー映画『引爆點』高雄で1000人のエキストラが参加して撮影!
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2017/09/1000-f230.html

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« 『淡水河の奇跡』を含む「台北メトロシリーズ(原題:台北愛情捷運系列)」の全作邦題が決定! | トップページ | 盧廣仲(クラウド・ルー)春季ツアー台湾の締めくくり高雄ライブ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『淡水河の奇跡』を含む「台北メトロシリーズ(原題:台北愛情捷運系列)」の全作邦題が決定! | トップページ | 盧廣仲(クラウド・ルー)春季ツアー台湾の締めくくり高雄ライブ! »