« 台湾映画上映&トークイベント〜台湾映画の"いま" 第八回はドキュメンタリー『明日へのタッグ』 ! | トップページ | 東京国際映画祭『海だけが知っている(原題:只有大海知道)』Q&A »

2018/10/22

台湾ドラマ『我可能不會愛你(イタズラな恋愛白書)』が日本でリメイク決定!

1022boku2011年に林依晨(アリエル・リン)と陳柏霖(チェン・ボーリン)の主演で大ヒットしたドラマ『我可能不會愛你(邦題:イタズラな恋愛白書)』が「僕はまだ君を愛さないことができる」としてリメイクされ、2019年にFODプレミアム・フジテレビ地上波にて配信・放送が決定しました。
名脚本家徐譽庭(シュー・ユーティン)のオリジナルを瞿友寧(チュウ・ヨウニン)が手がけ、金鐘奨で作品賞、瞿友寧が監督賞、陳柏霖が主演男優賞、林依晨が主演女優賞、林美秀(リン・メイシュウ)が助演女優賞、脚本賞、マーケティング賞の主要7部門を獲得した本作の舞台を東京に移し、足立梨花と白洲迅が主演します。

「イタズラなKiss」シリーズ、「南くんの恋人」、「きみはペット」と、アジアでもドラマ化された日本の漫画原作を、再び日本でドラマ化し日本のみならずアジアでヒットを放ってきた製作チームが、新たな女性たちのリアル・ラブストーリーを作り上げます。

仕事に恋に、何事にも一生懸命なヒロイン御手洗陽(みたらい・よう)役には、「人は見た目が100パーセント」『キスできる餃子』など、バラエティからドラマ、映画まで幅広く活躍する好感度満点の若手女優、足立梨花(あだち・りか)。陽に想いを寄せながらも“親友”として優しく見守る気遣い上手な石田蓮(いしだ・れん)役は、「明日の約束」「明日の君がもっと好き」「刑事7人」など話題のドラマへの出演が続く人気上昇中の若手俳優、白洲迅(しらす・じん)。この2人によるリメイクは、共感度も胸キュン度もオリジナルに負けないのではないかと期待されます。

【キャストからのコメント&プロフィール 】

御手洗陽役/足立梨花(あだち・りか)
1992年生まれ。長崎県生まれ 三重県育ち
2007年、第32回ホリプロスカウトキャラバンでグランプリを受賞しデビュー。
【主な出演作】
NHK連続テレビ小説「あまちゃん」(‘13年)、TX「大東京トイボックス」(’14年/主演)、CX「ようこそ、わが家へ」(‘15年)、NHK「水族館ガール」(‘16年)、CX「営業部長 吉良奈津子」(’16年)、NTV「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」(‘16年)、映画『傷だらけの悪魔』(’17年/主演)、映画『アヤメくんののんびり肉食日誌』(‘17年/主演)、映画『キスできる餃子』(’18年/主演)、BSジャパン連続ドラマJ「噂の女」(‘18年/主演)、東海TVオトナの土ドラ「限界団地」(’18年/ヒロイン) 他

★足立梨花(あだち・りか)コメント★
今回、私にとってすごくチャレンジな作品になると思います。台湾で人気のドラマを日本でも楽しんでもらえるように、そしてまた日本ドラマを海外の方にも楽しんでもらえるように、頑張りたいです。そして白洲君との共演も久々で、いいコンビを演じられるのではないかと今から楽しみで仕方ないです!世の中の女性にも男性にも、なにか応援できるようなそんなドラマを作りたいです!お楽しみに!

石田蓮役/白洲迅(しらす・じん)
1992年生まれ。東京都出身
2011年、ミュージカル『テニスの王子様』で俳優デビュー。
【主な出演作】
TBS「ごめんね青春!」(‘14年)、CX「おわらないものがたり」(’14年/主演)、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」(‘16年)、舞台『花より男子 The Musical』(’16年)、NTV「愛してたって、秘密はある。」(’17年)、テレ朝「明日の君がもっと好き」(‘18年)、舞台『シラノ・ド・ベルジュラック』(’18年)、テレ朝「刑事7人」(’18年)、映画『リバーズ・エッジ』(‘18年) 他
現在、BSテレ東にてOA中の「サイレント・ヴォイス行動心理捜査官・楯岡絵麻」 にレギュラー出演中。

★白洲迅(しらす・じん)コメント★
原作の「我可能不會愛你」を見させていただいて、ヨウチンとダーレンの阿吽のやりとりが、見ていて本当に気持ちよくて、笑えて、楽しくて、この空気感を体感できたらすごく幸せだろうなと感じました。今回共演する、足立梨花さんと一緒に、「僕はまだ君を愛さないことができる」ならではの空気感を作っていけたらと思います。

「僕はまだ君を愛さないことができる」
<STORY>                                                                          
御手洗陽(足立梨花)は靴メーカー勤務のキャリアウーマン。仕事ではやりがいも感じ順調にキャリアを積んできているが、恋愛面は失恋ばかりで最近はあまりうまくいっていない。陽の高校・大学時代の同級生で、都市の再開発などを手掛けるデベロッパー勤務の石田蓮(白洲迅)は、そんな陽の一番の理解者でもあり、陽が唯一本音を打ち明けられる大親友。そんな陽と蓮は、陽の29歳の誕生日に“30歳最後の日までに先に結婚した方に30万円のご祝儀を贈る”という賭けをする。自分たちが互いに恋をすることはあり得ないと断言する2人だったが、その賭けがきっかけとなり、蓮の会社の後輩の積極的なアプローチや、陽の会社の後輩の急接近、そして陽の元カレとの再会など、その“親友”関係は徐々に変化していき…。 

原作:「我可能不會愛你」 脚本:徐譽庭(シュー・ユーティン)
© Gala Television Corporation ©Three Phoenixes Production Co., Ltd.
脚本:新井友香「イタズラなKiss2~Love in TOKYO」、古賀文恵「イタズラなKiss2~Love in TOKYO」
監督:熊坂出「きみはペット」
製作:「僕はまだ君を愛さないことができる」製作委員会(エスピーオー/フジテレビジョン/AOI Pro.)
出演:足立梨花 白洲迅 他
(c)「僕はまだ君を愛さないことができる」製作委員会  
公式サイト:http://www.cinemart.co.jp/dc/j/bokumada.html

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« 台湾映画上映&トークイベント〜台湾映画の"いま" 第八回はドキュメンタリー『明日へのタッグ』 ! | トップページ | 東京国際映画祭『海だけが知っている(原題:只有大海知道)』Q&A »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台湾映画上映&トークイベント〜台湾映画の"いま" 第八回はドキュメンタリー『明日へのタッグ』 ! | トップページ | 東京国際映画祭『海だけが知っている(原題:只有大海知道)』Q&A »