« 陳綺貞(チア・チェン)5年ぶりのニューアルバム「沙發海」リリース! | トップページ | Podcast 台湾の俳優黄河(ホアン・ハー)インタビュー2018 in 台北! »

2018/12/16

曾少宗(フィガロ・ツェン)クリスマスファンミーティング2018でほっこり!

1216figaro1台湾の俳優 曾少宗(フィガロ・ツェン)8年ぶりの来日ファンミーティングが、15日に表参道のライブスペースアロで行われました。
フィガロ本人がこだわり抜いたという今回のファンミは、トークだけでなく歌も披露してくれて、“熱く盛り上がる”のではなく、からだの芯からホカホカ温まるという、フィガロの人柄が会場全体を包む素敵なイベントでした。

1216figaro2司会者の呼びかけで会場の後方から登場したフィガロ、笑顔いっぱいでステージに上がり、サミュエル周さんの通訳で、俳優としての軌跡をスライドを見せながら辿るコーナーからスタートです。
懐かしい舞台や、台湾語への挑戦、妻子のある役という初めてづくしの主演ドラマ『若是來恆春』(2017年)、自身が大好きだという『植劇場-積木之家』(ヒゲあり)、今年の話題作『你的孩子不是你的孩子-媽媽的遙控器』を紹介していきました。

そして、クランクアップしたばかりで2019年春に放送予定のドラマ『生死接線員』、こちらもヒゲの医師役だそうです。
「なぜか監督からヒゲを生やせと言われる役が続き、今も次回作のためにヒゲのままです。スタッフがファンの皆さん大丈夫か…と心配しています」とすまなそうに言っていました。
さらにドラゴンボートや富士山登山などの30過ぎてから運動好きになったという話題がプライベート・ショットとも披露されました。

1216figaro3続いて、現在製作中のフィガロが世界各地を訪ねて美味しいものを紹介する旅行&料理番組『FIGARO MEETS』での青森ロケの模様を、映像と共に色々話してくれました。
「僕は料理が好きなので、色々な土地で見つけた食材を僕のアイデアを織り込んで中華風や日本風などにして色々作っていきます」

日本が大好きで日本語も堪能なフィガロが初めて日本の作品にチャレンジしたのが、ショートフィルム「What is REAL?」です。
これはネスレ日本が製作した“ネスレシアター作品”で、10月に行われた高雄映画祭でプレミア上映イベントが行われ、フィガロも永田琴監督と共に参加しました。
「いま、2つのバージョンが配信されています。もともとの15分に加えてディレクターズ・カットの21分バージョンもありますので、ぜひ見て下さい」と言っていました。
https://nestle.jp/nestle-theater/

そうすると、「What is REAL?」で共演した田中要次さんからのムービーがサプライズで流れ、フィガロは本当に驚いていました。
田中さんは、しきりにラストシーンの衝撃について「彼はイケメンなのに…僕でいいんでしょうか」とファンの皆さんに申し訳なさそうに言っていて場内は大爆笑。

1216figaro7今回はQ&Aコーナーもありました。
フィガロのかけ声で一斉に手を上げる皆さんの中から一番早かった方を指名して、質問者のところへ自分のマイクを持って行きます。他の皆さんから「近い!」と言われるくらい接近するフィガロに、きっと皆さんドキドキが倍増したのではないかと思われます。
おもしろかったのは自分ではヒゲが似合っていると思う?という質問に、「セクシーだと思う」と答えていたこと。

そして、フィガロのお薦め台湾グルメも紹介してくれました。
杭州小籠包、鳳李氷(アイス)、洪瑞珍(サンドウィッチ)。
行ったことのある人?との問いかけに多くの人が手を上げていたのには、フィガロもびっくりしていました。
さすがにフィガロ・ファンの皆さんは台湾好きキャリアも長いので、通の方が多いですね。

1216figaro4さぁ、いよいよ今回の目玉とも言えるライブ・コーナーです。
ゲストはフィガロが敬愛するアーチスト、市川和則さん。2006年に市川さんの“羊毛とおはな”というアコースティックデュオの音楽に触れたフィガロは感激して、以来ずうっと聞いていたそうです。4年前に新しいグループで市川さんが台北公演を行った時に会うこともできて、「What is REAL?」の音楽も担当されました。
今回はフィガロの熱烈なオファーに応え、市川さんとのコラボが実現したということです。

1216figaro5「たぶん皆さんはこれで僕のことを知ったのではないかと思います」
14年前、可米小子(コミック・ボーイズ)のメンバーとして初来日、初アルバム『Hey Hah! 可米小子』から代表曲のひとつ『求愛復刻版』を歌ってくれました。
この曲は日本のZONEという女性ロックバンドの『一雫』というバラードのカバーですが、「この曲は本当に思い出深い曲です」と言うフィガロ、多くは語りませんでしたが、様々な思いは歌声から伝わってきて胸が熱くなりました。

1216figaro6続いては五月天(Mayday)の『知足(満ち足りた想い出)』。
「今日は、僕にとって忘れられない一日になるでしょう」と言い、思いをこめて歌うこの曲、阿信(アシン)とも家家(ジアジア)バージョンとも違う味わいがあって、とても素敵でした。

このイベントをなぜ開催したのか、最後のご挨拶でこう語っていました。
「長い間応援してくれている日本のファンの皆さんに、感謝の気持ちを届けたかったからです。これからは僕の新しい作品で恩返しをしたいと思いますので、引き続き応援をお願いします」

感謝と恩返し、このふたつのフレーズはこの後のインタビューでもよく出てきました。
フィガロにとって大きなターニングポイントとなった今年、2018年を締めくくるように日本のファンの皆さんと過ごしたこの時間が、とても大切なものであったことが伝わってくるイベントでした。

※曾少宗(フィガロ・ツェン)に関するこれまでの記事

2018/11/28
曾少宗(フィガロ・ツェン)クリスマスファンミーティング2018、チケット発売中!
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2018/11/2018-f5b2.html

Podcast 2018/08/06
台湾の俳優 曾少宗(フィガロ・ツェン)インタビュー!
http://asianparadise.sblo.jp/article/184104162.html

2018/07/09
台湾の俳優 曾少宗(フィガロ・ツェン)インタビュー!
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2018/07/post-c47f.html

Podcast 2010/08/17
曾少宗(フィガロ・ツェン)の合同インタビュー
http://asianparadise.sblo.jp/article/40204996.html

Podcast 2010/04/19
曾少宗(フィガロ・ツェン)の台北インタビュー
http://asianparadise.sblo.jp/article/37219355.html

2010/04/10
曾少宗(フィガロ・ツェン)インタビュー!
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2010/04/post-6e21.html

2008/09/23
曾少宗(フィガロ・ツェン)インタビュー!
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2008/09/post-6e21.html

2008/08/29
ジョンフン、唐禹哲(タン・ユージャ)ら「カンポウ6'08」お目見え!
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2008/08/08_064b.html

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« 陳綺貞(チア・チェン)5年ぶりのニューアルバム「沙發海」リリース! | トップページ | Podcast 台湾の俳優黄河(ホアン・ハー)インタビュー2018 in 台北! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 陳綺貞(チア・チェン)5年ぶりのニューアルバム「沙發海」リリース! | トップページ | Podcast 台湾の俳優黄河(ホアン・ハー)インタビュー2018 in 台北! »