« 2018年7月29日 - 2018年8月4日 | トップページ | 2018年8月12日 - 2018年8月18日 »

2018/08/11

台湾映画上映&トークイベント〜台湾映画の"いま" 第五回『停車』に高い満足度!

0811event1台湾文化センターで行った台湾映画上映&トークイベント〜台湾映画の"いま" 第五回、鍾孟宏(チョン・モンホン)監督の『停車』は、満員のお客様にたいへん満足していただけました。
10年前の作品とは言え関東地方初お披露目とあって、今回も申し込みから数分で満員になった話題作です。

続きを読む "台湾映画上映&トークイベント〜台湾映画の"いま" 第五回『停車』に高い満足度!"

| | コメント (0)

2018/08/10

台湾映画『幸福城市』トロント国際映画祭に出品、石頭(Stone)が特別出演!

0810xinfu1カンヌ国際映画祭で短編2作の受賞経験があり、2010年に『台北星期天』で金馬奨の新人監督賞を獲得した何蔚庭(ハー・ウェイティン)監督の新作『幸福城市』が、トロント国際映画祭のコンペに参加することが発表されました。
監督の8年ぶりとなる本作には、李鴻其(リー・ホンチー)、高捷(ガオ・ジエ)、丁寧(ディン・ニン)、尹馨(イン・シン)らに加え、五月天(Mayday)の石頭(Stone)もゲスト出演するそうです。

続きを読む "台湾映画『幸福城市』トロント国際映画祭に出品、石頭(Stone)が特別出演!"

| | コメント (0)

2018/08/08

魏徳聖(ウェイ・ダーシェン)監督の壮大すぎる新作『臺灣三部曲』始動記念、日本初インタビュー in 台北!

0808wei1魏徳聖(ウェイ・ダーシェン)の新作映画『臺灣三部曲』の公式サイトが、6月にオープンしました。正確に言うと、映画『臺灣三部曲』を含むプロジェクト「豐盛之城」が動き出したということです。
これまでプライベートで折々このプロジェクトと映画の話は聞いていましたが、ようやく概要が発表されたので、7月初頭に台北で正式なインタビューを行いました。

『臺灣三部曲』は、17世紀の大航海時代を舞台に、オランダ人、明朝の漢人、スペイン人、日本人,そして原住民が織りなす台湾誕生の序曲の物語です。
『セデック・バレ(原題:賽德克‧巴萊)』を撮り終わった時、“僕は原住民の物語を作ったが、では我々の祖先は?”と自問自答し、10数年前に書いた『臺灣三部曲』を撮らなければ!と思ったそうです。
そう、この脚本は『セデック・バレ(原題:賽德克‧巴萊)』の次、監督としては2番目になる2001年に完成していました。

続きを読む "魏徳聖(ウェイ・ダーシェン)監督の壮大すぎる新作『臺灣三部曲』始動記念、日本初インタビュー in 台北!"

| | コメント (0)

2018/08/07

トークイベント「いつもと違う台湾の楽しみ方」9月15日に開催!

Taiwan2グルメやショッピング、最新スポットもいいけれど、大好きな台湾をもっと深く知りたい、理解したいという方へ向けて、在住7年の現地ライターと在住経験3年の映画コーディネーターが台湾文化に触れるカルチャースポットをご紹介するトークイベントを、9月15日(土)に実施します。

タイトル:いつもと違う台湾の楽しみ方

日時:9月15日(土)13時30分開場、14時開演

会場:台北駐日経済文化代表処台湾文化センター
   東京都港区虎ノ門1-1-12虎ノ門ビル2階
    東京メトロ 銀座線「虎ノ門駅」9 番出口 徒歩 約 1 分
    東京メトロ 丸ノ内線 日比谷線 千代田線「霞ヶ関駅」C2 出口 徒歩 約 3 分
    都営地下鉄 三田線「内幸町駅」A4 出口 徒歩 約 7 分
    JR「新橋駅」日比谷口 徒歩 約 12 分

出演:高橋真紀(ライター「子連れで楽しむ台湾」著者)
   江口洋子(映画コーディネーター)

入場:無料。事前申し込みで先着100名様をご招待します。

続きを読む "トークイベント「いつもと違う台湾の楽しみ方」9月15日に開催!"

| | コメント (0)

2018/08/06

Podcast 台湾の俳優 曾少宗(フィガロ・ツェン)インタビュー!

0709figaro1日本でもお馴染みの曾少宗(フィガロ・ツェン)、久しぶりの台北でのインタビューをPodcast配信しました。
最新ドラマ『子供はあなたの所有物じゃない』、俳優への道、配信プログラムの料理番組についてほか語っています。

記事はこちら

インタビュー音声はこちら。

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

| | コメント (0)

2018/08/05

夏、甲子園、映画『KANO~1931海の向こうの甲子園~』が繋ぐ絆!

0628kano夏の高校野球、今年は100回を迎え「第100回全国高校野球選手権記念大会」という名称でその幕が切って下ろされました。
100回の歴史の中で様々なドラマがありました。そして、1931年に台湾から決勝に進出した嘉義農林を描いた映画『KANO』が台湾で公開されてから4年、日本公開から3年経ちますが、まだ多くの方の記憶に残っていると思います。
今日の開会式には、台湾から嘉義農林野球部のOBたちが30数名、客席から見守っていました。

続きを読む "夏、甲子園、映画『KANO~1931海の向こうの甲子園~』が繋ぐ絆!"

| | コメント (0)

« 2018年7月29日 - 2018年8月4日 | トップページ | 2018年8月12日 - 2018年8月18日 »