« 2018年10月14日 - 2018年10月20日 | トップページ | 2018年10月28日 - 2018年11月3日 »

2018/10/27

東京国際映画祭『海だけが知っている(原題:只有大海知道)』Q&A

1027sea1今年の東京国際映画祭で上映された唯一の台湾映画『海だけが知っている』は、台湾東部にある離島・蘭嶼の少年を中心に彼ら原住民の生活と現状を描いた作品です。
今回は崔永徽(ツイ・ヨンフイ)監督とキャストの鍾家駿(ジョン・ジアジュン)、李鳳英(リー・フォンイン)が来日してQ&Aを行いました。
鍾家駿は撮影時から2年経っているためこの年頃の子供の成長ぶりを如実に表し、すっかりお兄さんになっていました。

続きを読む "東京国際映画祭『海だけが知っている(原題:只有大海知道)』Q&A"

| | コメント (0)

2018/10/22

台湾ドラマ『我可能不會愛你(イタズラな恋愛白書)』が日本でリメイク決定!

1022boku2011年に林依晨(アリエル・リン)と陳柏霖(チェン・ボーリン)の主演で大ヒットしたドラマ『我可能不會愛你(邦題:イタズラな恋愛白書)』が「僕はまだ君を愛さないことができる」としてリメイクされ、2019年にFODプレミアム・フジテレビ地上波にて配信・放送が決定しました。
名脚本家徐譽庭(シュー・ユーティン)のオリジナルを瞿友寧(チュウ・ヨウニン)が手がけ、金鐘奨で作品賞、瞿友寧が監督賞、陳柏霖が主演男優賞、林依晨が主演女優賞、林美秀(リン・メイシュウ)が助演女優賞、脚本賞、マーケティング賞の主要7部門を獲得した本作の舞台を東京に移し、足立梨花と白洲迅が主演します。

続きを読む "台湾ドラマ『我可能不會愛你(イタズラな恋愛白書)』が日本でリメイク決定!"

| | コメント (0)

台湾映画上映&トークイベント〜台湾映画の"いま" 第八回はドキュメンタリー『明日へのタッグ』 !

1022tug12000年以降の台湾映画の新しい流れがどのように台湾映画の"いま"に繋がってきたのか、そして"いま"何が起きているのかをお届けするイベントリーズ今年度最後の第八回は、11月29日(木)19時より『明日へのタッグ(原題:拔一條河)』です。
これは、台湾ドキュメンタリー界を代表する楊力州(ヤン・リージョウ)監督による、2009年に台湾の中南部および南東部で発生した水害の直後、子ども達と外国人妻たちが村人を勇気づけて復興に向かった感動のドキュメンタリーです。
トークは、作品解説と金馬奨レポート。

続きを読む "台湾映画上映&トークイベント〜台湾映画の"いま" 第八回はドキュメンタリー『明日へのタッグ』 !"

| | コメント (0)

« 2018年10月14日 - 2018年10月20日 | トップページ | 2018年10月28日 - 2018年11月3日 »