« 2018年1月21日 - 2018年1月27日 | トップページ | 2018年2月4日 - 2018年2月10日 »

2018/02/02

『欲望の翼』デジタルリマスター版公開記念 !映画を彩るラテン音楽

0202yokubou1明日2月3日からデジタルリマスター版が公開になる『欲望の翼』ですが、昨日アップした「ロケ地の思い出」にたくさんの反響をいただき、その注目度にとてもうれしく思います。
さて、今日は音楽について。
王家衛(ウォン・カーウァイ)監督作品でサントラCDがリリースされたのは『恋する惑星』からで、『いますぐ抱きしめたい』と『欲望の翼』は、残念ながらサントラがありません。
『欲望の翼』では、冒頭からマレー半島のジャングルの濃い緑色が窒息しそうな湿度や温度を伝え、その雰囲気を盛り上げるのがラテン音楽です。

続きを読む "『欲望の翼』デジタルリマスター版公開記念 !映画を彩るラテン音楽"

| | コメント (0)

2018/02/01

『欲望の翼』デジタルリマスター版公開記念 !ロケ地の想い出

0201yokubou1香港映画の名作、王家衛(ウォン・カーウァイ)監督の『欲望の翼』デジタルリマスター版の公開が迫ってきました。
LDもDVDも持っているけれど、またスクリーンで見られると思うとわくわくしますね。しかもデジタルリマスターですから。
最後にスクリーンで見たのはいつだったか…思い出せないくらい前になってしまいましたが、色々なシーンが脳裏に蘇ります。
そういえば、ラジオで番組を作っている時に『欲望の翼』のロケ地と音楽の特集をしたことを思い出しました。放送は聞いて下さる方々の耳に届くと同時に消えてなくなってしまうので、ここに記事として再生しようと思います。まずは、ロケ地の想い出から。

続きを読む "『欲望の翼』デジタルリマスター版公開記念 !ロケ地の想い出"

| | コメント (0)

2018/01/31

第 13 回大阪アジアン映画祭オープニングは韓国映画『朴烈(パクヨル) 植民地からのアナキスト』!

0131pak1「大阪発。日本全国、そしてアジアへ!」をテーマにした大阪アジアン映画祭も今年で13 回目を迎え、オープニング作品は韓国映画『朴烈(パクヨル) 植民地からのアナキスト』と発表がありました。
今年もアジア映画(日本映画を含む)の最新作を対象にしたコンペティション部門、アジア各国で評判の話題作を上映する特別招待作品部門、アジアの国・地域、その他テーマを絞って開催する特集企画、日本やアジアの新進作家によるインディペンデント作品を上映するインディ・フォーラム部門のほか、今年も関連イベントが盛り沢山です。

続きを読む "第 13 回大阪アジアン映画祭オープニングは韓国映画『朴烈(パクヨル) 植民地からのアナキスト』!"

| | コメント (0)

2018/01/30

中国映画祭「電影 2018」3月に東京、大阪、名古屋で開催!

1229baolie国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、2017 年に日中両国の国交正常化から 45 周年を迎えたことを記念し、 公益財団法人ユニジャパン(東京国際映画祭事務局)、上海国際影視節有限公司(上海国際映画祭事務局)と共同で、「中国映画祭「電影 2018」を3月に東京、大阪、名古屋で開催します。
今回上映される10本はすべて日本初公開、中国でも現在大ヒット公開中の馮小剛(フォン・シャオガン)監 督『芳華-Youth-』(中国語タイトル『芳華』)、忻鈺坤(シン・ユークン)監督『暴裂無声』ほかとても魅力的なラインナップです。

続きを読む "中国映画祭「電影 2018」3月に東京、大阪、名古屋で開催!"

| | コメント (0)

2018/01/29

Podcast 台湾映画『目撃者 闇の中の瞳』程偉豪(チェン・ウェイハオ)監督インタビュー in 台北後編!

0129chenweihao新宿シネマカリテで好評公開中の台湾映画、『目撃者 闇の中の瞳』の程偉豪(チェン・ウェイハオ)監督インタビュー後編をPodcast配信しました。
主役の莊凱勛(カイザー・ジュアン)と柯佳嬿(アリス・クー)、李淳(メイソン・リー)の起用理由と演技、演出方法、監督自身の映画体験について語っています。
(28′50″ 通訳は西本有里さん)

記事はこちら

インタビュー音声はこちら。

続きを読む "Podcast 台湾映画『目撃者 闇の中の瞳』程偉豪(チェン・ウェイハオ)監督インタビュー in 台北後編!"

| | コメント (0)

« 2018年1月21日 - 2018年1月27日 | トップページ | 2018年2月4日 - 2018年2月10日 »