« 第14回大阪アジアン映画祭 グランプリは韓国映画『なまず』、観客賞は香港の『みじめな人』! | トップページ | 第14回大阪アジアン映画祭 中国映画『桃源』の呂聿來(ルー・ユーライ)監督インタビュー! »

2019/03/21

台湾ドラマ『魂囚西門』が『グリーン・ドア-傷ついた魂の集う場所-』の邦題でNetflixで配信中!

0320greendoor1_3台湾の公共電視で放送が終わったばかりの『魂囚西門』が、『グリーン・ドア-傷ついた魂の集う場所-』の邦題でNetflixで配信中です。
これは九色夫の同名小説をドラマ化した心理ホラーで、蕭敬騰(シャオ・ジンタン)の主演、監督は映画『屍憶』でデビューした新鋭の謝庭菡(リンゴ・シエ)。 共演に、『先に愛した人(原題:誰先愛上他的)』の謝盈萱(シエ・シンシェン)、郭碧婷(グオ・ビーティン)、アーチストの鄭宜農(チェン・イーノン)ほか。


0320greendoor2_22月16日から放送開始になり、視聴率はうなぎ登り。特に、やくざの魂が女性の身体に憑依した役を演じた謝盈萱の表現力が絶賛され、早くも主演女優賞の呼び声が高まっています。
本作は公共電視と中華電信が初めてコラボして4Kで製作、Netflixで全世界同時配信となりました。

『グリーン・ドア-傷ついた魂の集う場所-(原題:魂囚西門)』
0320greendoor3_2
■ストーリー
大病院での勤務を嫌い西門町で「グリーン・ドア」というクリニックを開業したアメリカ帰りの心理療法士の魏松言は、なかなか患者が集まらずに電話料金も払えず苦戦していた。
そんな時、屋台で荒っぽい男のように振る舞う女性を見かけ、気になってクリニックで診察することになるのだが、なんと彼女は暴力団の抗争事件で死亡した男の魂がその身体に入り込んだのだと言う…。

監督:謝庭菡(リンゴ・シエ)

出演:蕭敬騰(シャオ・ジンタン)、郭碧婷(グオ・ビーティン)、謝盈萱(シエ・シンシェン)、鄭宜農(チェン・イーノン)ほか

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« 第14回大阪アジアン映画祭 グランプリは韓国映画『なまず』、観客賞は香港の『みじめな人』! | トップページ | 第14回大阪アジアン映画祭 中国映画『桃源』の呂聿來(ルー・ユーライ)監督インタビュー! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第14回大阪アジアン映画祭 グランプリは韓国映画『なまず』、観客賞は香港の『みじめな人』! | トップページ | 第14回大阪アジアン映画祭 中国映画『桃源』の呂聿來(ルー・ユーライ)監督インタビュー! »