« 台湾映画上映&トークイベント〜台湾映画の"いま"〜オリジナリティと未来へ向けて『High Flash〜引火点(原題:引爆點)』に惜しみない拍手! | トップページ | 大阪アジアン映画祭、観客賞受賞の香港映画『みじめな人(原題:淪落人)』陳小娟(オリヴァー・チャン)監督インタビュー! »

2019/04/01

Podcast 台湾映画『High Flash〜引火点(原題:引爆點)』莊景燊(ジャン・ジンシェン)監督インタビュー!

0401zhuan1 3月30日に台湾文化センターの「台湾映画上映&トークイベント〜台湾映画の"いま"〜オリジナリティと未来へ向けて」で上映した、『High Flash〜引火点(原題:引爆點)』の莊景燊(ジャン・ジンシェン)監督のインタビューをPodcast配信しました。
本作は2018年8月に台湾で公開された、環境汚染と腐敗政治に翻弄される庶民と、その闇に果敢に挑む法医学者と検察官を描いた社会派ミステリーです。
本作は夫人の王莉雯(ワン・リーウェン)と一緒に脚本に5年の月日をかけた、監督にとって初の長編劇映画です。

0401zhuan2 莊景燊監督はこれまでプロデュースやドキュメンタリー、テレビのシリアスドラマの監督などを手がけ、公私ともにパートナーである脚本家の王莉雯(ワン・リーウェン)と共に創作活動を続けてきました。
初の長編劇映画に環境問題と犯罪というテーマを取り上げたのはなぜか、聞いてみました。
「もともとドキュメンタリーで環境問題を撮っていたので、長編劇映画もこの環境保護を題材にしました。そして『チャイナタウン』や『ローズマリーの赤ちゃん』などのロマン・ポランスキー監督が好きなので、これに犯罪をミックスしたいと思ったのです」

0304yinbaodian2 そしてそのシノプシスは2013年に金馬影展の創作プロジェクトで受賞し、その審査員だった馬天中(マー・ティエンジョン)がプロデューサーとなって製作がスタートしました。
「しかし私は新人監督だから補助金を申請するにもキャリアのあるプロデューサーがいた方が良いということで、僕と妻の台北芸術大学の大学院時代に師事していた廖慶松(リャオ・チンソン)がプロデューサーを引き受けてくれました。
張艾嘉(シルヴィア・チャン)には脚本顧問をお願いしたところ、この脚本を気に入ってくれてこういうジャンルは台湾では少ないので力を貸そうと参加してくれました」
そして、張艾嘉は若い監督を尊重して、意見は言うけれど決めるのはあなただと言い、資金集めや協力依頼などにも手を貸してくれたそうで、監督はとても感謝していると言っていました。

0401zhuan3 この映画の登場人物たちはどれも見事に性格が書き込まれ、それが事件の解明や展開に大きく関係してきます。人物設定と構成の妙、30稿まで改訂を重ねたという脚本はさすがです。
監督の善悪の概念が演じる俳優への高い要求となり、俳優達はプリプロで役作りの為に法医学医や検察官の実地体験を積んだということです。
俳優達は皆それに応えるられる演技力の持ち主だったことも、この映画のクォリティの高さを支える大きな要因でしょう。
このあたりの具体的なエピソードも、監督はきっちりと語ってくれました。

0401zhuan4 この映画の最も衝撃的なシーン、まさかの展開について、監督がその狙いについて話してくれました。
「海外の多くの作品では最後に必ずヒーローがヒロインを助けるという結末ですが、台湾の観客は一般的なヒロイズムでは納得しないのではないかと思いました。
危険と隣り合わせで取り組んでいく現状のリアリズム、世の中には思い通りにいかないことが多くあると言うことを伝えたかった。そして、そこから現状をどのように変えていくかを考えて欲しかった。
社会を良くしていくためにはどうしたら良いのかを、この映画で問いかけたかったのです」

その他、いま旬の俳優吳慷仁(ウー・カンレン)と進境著しい姚以緹(ヤオ・イーティー)ほかのキャスティング、ロケ地についてなどたっぷり語っていただいたこのインタビュー、前後編ふたつのファイルに分けて一挙配信です。
(通訳は西本有里さん)

インタビュー音声はこちら

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« 台湾映画上映&トークイベント〜台湾映画の"いま"〜オリジナリティと未来へ向けて『High Flash〜引火点(原題:引爆點)』に惜しみない拍手! | トップページ | 大阪アジアン映画祭、観客賞受賞の香港映画『みじめな人(原題:淪落人)』陳小娟(オリヴァー・チャン)監督インタビュー! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台湾映画上映&トークイベント〜台湾映画の"いま"〜オリジナリティと未来へ向けて『High Flash〜引火点(原題:引爆點)』に惜しみない拍手! | トップページ | 大阪アジアン映画祭、観客賞受賞の香港映画『みじめな人(原題:淪落人)』陳小娟(オリヴァー・チャン)監督インタビュー! »