« 中国の韓寒(ハン・ハン)監督の新作『ぺガサス/飛馳人生』5月3日から日本公開! | トップページ | 大阪アジアン映画祭 香港映画『女は女である(原題:女人就是女人)』孫明希(メイジー・グーシー・シュン)監督&黄家恒(トモ・ケリー)インタビュー! »

2019/04/10

柯佳嬿(アリス・クー)と張書豪(チャン・シューハオ)の新ドラマ『如果愛,重來』4月24日から台湾で放送開始!

0410dejavu1 台湾の若手を代表する柯佳嬿(アリス・クー)と張書豪(チャン・シューハオ)のコンビによる新しいドラマ『如果愛,重來』が、4月24日から台湾で放送開始になります。
これはパラレルワールドのラブストーリーで主役のふたりは大学生時代も演じますが、柯佳嬿は「私は高校生でも全然違和感ないわ」と笑っています。

0410dejavu2 ドラマの中でふたりは大学時代に卒業制作の短編映画で主役を演じ、そこで知り合うという設定です。張書豪は柯佳嬿にひと目ぼれして緊張のため台詞を忘れたり、動きが遅れたりカメラの方を向くのを忘れたりでNGを35回も出しやっと完成するというエピソードがあります。
この情けない演技をした張書豪は「このシーンはコメディなので、ちょっとおバカが過ぎた演じ方をしたらみんなも自分自身もずうっと笑いっぱなしで、本当にNGの連続でした」と言っています。

0410dejavu3 柯佳嬿は張書豪のこのシーンについて「とんでもないNGが必要だったけど、本当の撮影はとても順調でした。より効果的にするために、監督は私たちが大笑いしているところでカットをかけずに撮り続けるということが何度もありました。自由にやらせてもらい、演技レッスンで即興劇をやっているような感じで、とてもおもしろかったです」と、語っていました。

0410dejavu4 演技派のふたりに過去にどの俳優と共演した時に緊張したかと聞くと、張書豪は「『百日告別』で共演した大先輩の林嘉欣(カリーナ・ラム)。実はベッドシーンがあって、どう演じて良いか…とても緊張しました」と、答えました。
(※このベッドシーンは、台北電影節と東京国際映画祭のみでのバージョン)
一方の柯佳嬿は「今のところないですね。でも、コン・ユと共演したら超緊張すると思います。実現すればうれしいけど」ということです。

0410dejavu5 『如果愛,重來』
◎ストーリー
結婚6年目を迎えた琪琪と大樂、琪琪は妊娠がわかり仕事でも昇格、これを機にそそっかしい大樂を大目に見るのはやめようと決意。そんな時、不思議なタクシーの運転手が大樂をもうひとつの世界へ連れて行ってしまう。
大樂が元に戻るには、自分の間違いの埋め合わせをしなければならないことを発見するのだが…。

監督:林子平(リン・ズーピン)
出演:柯佳嬿(アリス・クー)、張書豪(チャン・シューハオ)、吳岳擎(アンディ・ウー)、陳妤(チェン・ハオ)
4月24日から台湾の愛奇藝、東森綜合台で放送開始
公式サイト:https://tw.iqiyi.com/kszt/dejavu.html
公式FB:https://www.facebook.com/iottdejavu/

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« 中国の韓寒(ハン・ハン)監督の新作『ぺガサス/飛馳人生』5月3日から日本公開! | トップページ | 大阪アジアン映画祭 香港映画『女は女である(原題:女人就是女人)』孫明希(メイジー・グーシー・シュン)監督&黄家恒(トモ・ケリー)インタビュー! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中国の韓寒(ハン・ハン)監督の新作『ぺガサス/飛馳人生』5月3日から日本公開! | トップページ | 大阪アジアン映画祭 香港映画『女は女である(原題:女人就是女人)』孫明希(メイジー・グーシー・シュン)監督&黄家恒(トモ・ケリー)インタビュー! »