« 大阪アジアン映画祭、観客賞受賞の香港映画『みじめな人(原題:淪落人)』陳小娟(オリヴァー・チャン)監督インタビュー! | トップページ | Podcast 大阪アジアン映画祭オーサカ Asia スター★アワード&トーク 邱澤(ロイ・チウ)! »

2019/04/05

曾少宗(フィガロ・ツェン)主演台湾ドラマ『生死接線員』5月からスタート!

0405coordinator1 台湾の公共電視では秀作ドラマが次々誕生していますが、現在放送中の『我們與惡的距離』は犯罪の加害者と被害者家族、弁護人という三者から描いた人間ドラマで人気と話題が沸騰中。(本当におもしろいです)
その後を受けて5月からスタートするのが、臓器移植を扱う医療ドラマ『生死接線員』で、主演は俳優としての成長が著しい曾少宗(フィガロ・ツェン)です。

0405coordinator3

公共電視の医療ドラマでは『麻醉風暴』が新路線で大ヒットしましたが、今度は台湾で初めて臓器移植を扱うとあって、曾少宗はドラマのプロジェクトが手配した病院で手術を見学したりして勉強を重ねました。
24歳の女性ががんの父親に生体肝移植をする現場を目の当たりにして、「若い女性が父親の為に自らの臓器を提供する…これほど大きな愛があるのか?」と深く感じ入ったようです。

0405coordinator2 役作りの為にヒゲを伸ばした曾少宗は、リアルな医療の世界を見せるために100人を超えるスタッフがそれぞれの持ち場で全力投球している撮影現場で「手術の技術をどうやって見せるか、また手術用語も覚えて手さばきとのハーモニーがうまくできるよう、僕も戦々恐々としています」と語っていました。

『生死接線員』は、台湾で5月4日から放送開始です。

0405coordinator4 監督:邱晧洲、王傳宗
出演:曾少宗(フィガロ・ツェン)劉倩妏(ダフネ・ロー)李杏(リー・シン)、單承矩(チャン・チェンジュー)
https://www.facebook.com/TheCoordinatorsPTS/

 

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« 大阪アジアン映画祭、観客賞受賞の香港映画『みじめな人(原題:淪落人)』陳小娟(オリヴァー・チャン)監督インタビュー! | トップページ | Podcast 大阪アジアン映画祭オーサカ Asia スター★アワード&トーク 邱澤(ロイ・チウ)! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大阪アジアン映画祭、観客賞受賞の香港映画『みじめな人(原題:淪落人)』陳小娟(オリヴァー・チャン)監督インタビュー! | トップページ | Podcast 大阪アジアン映画祭オーサカ Asia スター★アワード&トーク 邱澤(ロイ・チウ)! »