« Podcast 大阪アジアン映画祭 中国映画『桃源』の呂聿來(ルー・ユーライ)監督インタビュー! | トップページ | 曾少宗(フィガロ・ツェン)主演の台湾ドラマ『生死接線員』特別試写会で蔡佩軒(アリエル・ツァイ)が主題歌を弾き語り! »

2019/04/23

鼓鼓(グーグー)×蕭秉治(シャオ・ビンチー)LIVE IN TOKYO!

0423mp 2015 年「サマーソニック」に出演した台湾人気バンドでいま活動休止のMP 魔幻力量(Magic Power)、ソロで再出発したメインヴォーカル廷廷(ティンティン)と鼓鼓(グーグー)が6月14日に東京 代官山 SPACE ODDで合体します。

GBOYSWAG(グーグー) x XIAO BING CHIH(ティンティン) LIVE IN TOKYO
日時:6月14日(金)18時開場、19時開演
会場:代官山 SPACE ODD
TICKETS:5,500円(税込/ALL STANDING)別途1 ドリンク代
チケット発売日: 5月25日(土) 10:00
※注:6 歳以上有料 / 6 歳未満保護者⼀一名につき⼀一名まで同伴可(会場によっては安全確保の為、お子さま連れのお客様の入場エリアを制限させて頂く場合があります。予めご了了承下さい。
招聘:CREATIVEMAN PRODUCTIONS
企画・制作:CREATIVEMAN PRODUCTIONS /BʼIN MUSIC INTERNATIONAL LIMITED
協力:YOSHIMOTO CO.,LTD.
問い合わせ:クリエイティブマン TEL: 03-3499‒6669(平日12:00〜18:00)

蕭秉治(シャオ・ビンチー)プロフィール
「廷廷(ティンティン)」という芸名でデビューし、「MP 魔幻力量(Magic Power)」ではメインボーカルとして活躍。
デビュー以来、グループで台湾だけでなく香港やトロント、バンクーバー、上海等世界各地を回り、台北と高雄のドームでのコンサートはチケットが即完売となりました。
グループとして4 枚のアルバムを発表し、最優秀バンド賞にノミネートされるなど、さまざまな賞を受賞しています。
2016 年バンド活動休止し、2018 年ソロで復帰した後にリリースした初ソロアルバム『凡人』は、台湾のCD ショップや各配信サイト、インターネット及びラジオ局のランキングですべて第1位となりました。
同年8 月に開催した『凡人』リリースイベントで行った無料ライブは、5000 人ものファンが台北市内の信義区に集まりました。
今年7 月6 日に開催される初のソロホールコンサートのチケットは即完売し、7 月7 日の追加公演も発表されています。
五月天(Mayday)のボーカル阿信が推す新世代のシンガーソングライターであり、絶対的な曲作りの才能を持ち、曲作りだけでなく歌唱力もあるXIAO BING CHIH(ティンティン)は、間違いなく中国語音楽界の期待の星です。

鼓鼓(グーグー)=GBOYSWAGプロフィール
同じMagic Power のメンバーで、バンド活動休止した後自身で作詞作曲、編曲まで手がけ
た初となるオリジナルソロアルバム「MAKEIT REAL」をリリースし、MTV、Channel V、Music Radio、中国TOP ランキング、hito ミュージックアワード等で多くの新人賞及び最優秀ステージパフォーマンス賞を受賞しました。
また、2017 年ソロとしてSUMMER SONIC TOKYO や、2018 年世界2 大音楽フェスであるUNITE with Tomorrowland Taiwan 及びEDC Guangdong2018 にも出演しました。

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« Podcast 大阪アジアン映画祭 中国映画『桃源』の呂聿來(ルー・ユーライ)監督インタビュー! | トップページ | 曾少宗(フィガロ・ツェン)主演の台湾ドラマ『生死接線員』特別試写会で蔡佩軒(アリエル・ツァイ)が主題歌を弾き語り! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Podcast 大阪アジアン映画祭 中国映画『桃源』の呂聿來(ルー・ユーライ)監督インタビュー! | トップページ | 曾少宗(フィガロ・ツェン)主演の台湾ドラマ『生死接線員』特別試写会で蔡佩軒(アリエル・ツァイ)が主題歌を弾き語り! »