« Podcast 大阪アジアン映画祭 台湾映画『じゃあまたね(原題:楔子)』黄芝嘉(ポーリー・ホアン)監督・薛提縈(ティファニー・シュエ)インタビュー! | トップページ | 台湾の俳優 張睿家(レイ・チャン)がドラマ『恋愛動物(原題:動物系恋人啊)』放送&DVD発売記念で来日! »

2019/04/16

台湾の脚本コンペで俳優吳可熙(ウー・カーシー)と蘇達(スー・ダー)が優秀賞獲得!

0416screenplay1 文化部(日本の文科省にあたる)主催による台湾最大の脚本コンペ「優良電影劇本」の発表授賞式が4月15日に行われ、『再見瓦城(マンダレーへの道)』『血觀音』などの女優として活躍する吳可熙(ウー・カーシー)が、趙德胤(チャオ・ダーイン)監督との共同脚本「灼人秘密』で優秀賞を受賞しました。
また、『賽德克・巴萊(セデック・バレ)』はじめ映画・ドラマ・舞台で俳優として活動し、監督や脚本も手がける蘇達(スー・ダー)が「山下無名」で優秀賞に輝きました。

この「優良電影劇本」は台湾映画を担うクリエーターを次々と輩出しており、ここから生まれた多くの優秀な脚本が映画化されています。
最近の受賞作で、日本で公開されたり映画祭等で上映された作品は、『セデック・バレ(原題:賽德克‧巴萊)』『あの頃、君を追いかけた(原題:那些年,我們一起追的女孩)』『KANO 1931 海の向こうの甲子園(原題:KANO)』『(コードネームは孫中山原題:行動代號:孫中山)』『百日告別』『High Flash〜引火点(原題:引爆點)』ほか。

今年はSF、ファンタジー、サスペンス、歴史、社会問題など多才なジャンルの作品335のエントリーの中から、38作品がノミネートされました。
グランプリは、ファンタジーと心理ホラーが融合した賴東澤の「紅星孤旅」が獲得。特別優秀賞には6作、そして優秀賞には13作が選ばれました。
※受賞一覧はこちら

0416screenplay2 吳可熙と趙德胤の「灼人秘密』は、吳可熙がエキストラとして10年前にデビューした時に聞いた驚愕の秘密を自分が演じたら…という視点で書いたものだそうです。
一方の蘇達は、失業していた時の自分の人生を描いたのが「山下無名」だと語りました。
この脚本コンペは授賞式と同日に制作会社を招いてのマーケットも行われ、台湾映画の未来へ繋ぐという活動があります。

この入選作20作全ての脚本は、公式サイトで閲覧することができます。
※今年度の分は、まだアップされていません
http://join.tfi.org.tw/esa/index.asp

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« Podcast 大阪アジアン映画祭 台湾映画『じゃあまたね(原題:楔子)』黄芝嘉(ポーリー・ホアン)監督・薛提縈(ティファニー・シュエ)インタビュー! | トップページ | 台湾の俳優 張睿家(レイ・チャン)がドラマ『恋愛動物(原題:動物系恋人啊)』放送&DVD発売記念で来日! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Podcast 大阪アジアン映画祭 台湾映画『じゃあまたね(原題:楔子)』黄芝嘉(ポーリー・ホアン)監督・薛提縈(ティファニー・シュエ)インタビュー! | トップページ | 台湾の俳優 張睿家(レイ・チャン)がドラマ『恋愛動物(原題:動物系恋人啊)』放送&DVD発売記念で来日! »