« 台湾映画上映&トークイベント〜台湾映画の"いま"〜オリジナリティと未来へ向けて『セデック・バレ(原題:賽德克、巴萊)』魏徳聖(ウェイ・ダーシェン)監督の"映画魂"のムービーメッセージに熱い拍手! | トップページ | Podcast 華流ドラマ『恋愛動物』DVD発売記念イベントで来日した張睿家(レイ・チャン)インタビュー! »

2019/06/24

2019台湾映画上映&トークイベント「台湾映画の"いま"〜オリジナリティと未来へ向けて」第5回は日本初上映の人情コメディ『2003年ぼくの旅(原題:花甲大人轉男孩)』! 申し込みは7月8日から!

0624huajia1 2000年以降の台湾映画の新しい流れがどのように台湾映画の"いま"に繋がってきたのか、そして"いま"何が起きているのかをお届けする台湾文化センターとアジアンパラダイス共催のイベントシリーズ、2019年の第5回は、7月27日14時から、人気アーチストの盧廣仲(クラウド・ルー)主演の『2003年ぼくの旅(原題:花甲大人轉男孩)』です。
2017年に大ヒットしたドラマ『お花畑から来た少年(原題:花甲男孩轉大人)』を、同じスタッフ・キャストで映画化して2018年の旧正月に公開した人情コメディで、興行収入も1億元を超えました。
海外の映画祭では上映されることのない貴重な人情喜劇を、日本初上映します。
トークは作品解説と台北電影節レポート。

2019台湾映画上映&トークイベント第5回『2003年ぼくの旅(原題:花甲大人轉男孩)』

日時:7月27日(土)14時開演

会場:台北駐日経済文化代表処台湾文化センター
   東京都港区虎ノ門1-1-12虎ノ門ビル2階
    東京メトロ 銀座線「虎ノ門駅」9 番出口 徒歩 約 1 分
    東京メトロ 丸ノ内線 日比谷線 千代田線「霞ヶ関駅」C2 出口 徒歩 約 3 分
    都営地下鉄 三田線「内幸町駅」A4 出口 徒歩 約 7 分
    JR「新橋駅」日比谷口 徒歩 約 12 分

スピーカー:江口洋子(台湾映画コーディネーター)

入場:無料。事前申し込みで先着100名様をご招待します。

申し込み:7月8日(月)昼12:00より
     台湾文化センターのホームページよりお申し込み下さい。
     URL:http://jp.taiwan.culture.tw
     ※上記URLから本イベントの告知ページにアクセスして、
      申し込みリンクをクリック。
      申し込みフォームから必要事項を記入して送信して下さい。
      申し込みリンクは7月8日(月)12:00からアクセス可能です。
      お一人様1通でご応募下さい。

主催:台北駐日経済文化代表処台湾文化センター/アジアンパラダイス

協力:氧氣電影有限公司/華映娛樂股份有限公司/添翼創越工作室

☆『2003年ぼくの旅(原題:花甲大人轉男孩)』2018年2月9日台湾公開(119分)
花甲は兵役が終わり、ガールフレンドの阿瑋と酔った勢いで一夜を共にしてしまう。そんな時幼なじみの雅婷から頼まれて元カレとのいざこざを解決する手伝いをしたところ、とんでもない誤解を招く。それを知った阿瑋の両親が花甲の家にやって来て両家は大混乱。
彼は小さい頃から隠れ場所になっている祖母のタンスに引きこもると地震が起き、なんとSARSが大流行した2003年にタイムスリップしてしまった…。

監督:瞿友寧(チュウ・ヨウニン)
出演:盧廣仲(クラウド・ルー)、嚴正嵐(ベラ・イエン)、蔡振南(ツァイ・チェンナン)、龍劭華(ロン・シャオホア)、謝盈萱(シエ・インシュエン)
Oxygen Film Co., Ltd. Ethos Original Co., Ltd. CMC Entertainment Holding Corporation. SKY FILMS Entertainment Co., Ltd. Lots Home Entertainment Co., Ltd. Showtime International Ltd. Ambassador Theatres Company. Shin Kong Cinemas Co., Ltd. Ⓒ2018 ALL RIGHTS RESERVED.

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« 台湾映画上映&トークイベント〜台湾映画の"いま"〜オリジナリティと未来へ向けて『セデック・バレ(原題:賽德克、巴萊)』魏徳聖(ウェイ・ダーシェン)監督の"映画魂"のムービーメッセージに熱い拍手! | トップページ | Podcast 華流ドラマ『恋愛動物』DVD発売記念イベントで来日した張睿家(レイ・チャン)インタビュー! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台湾映画上映&トークイベント〜台湾映画の"いま"〜オリジナリティと未来へ向けて『セデック・バレ(原題:賽德克、巴萊)』魏徳聖(ウェイ・ダーシェン)監督の"映画魂"のムービーメッセージに熱い拍手! | トップページ | Podcast 華流ドラマ『恋愛動物』DVD発売記念イベントで来日した張睿家(レイ・チャン)インタビュー! »