« 台湾ドラマ『リーガル・サービス -最大の利益-(原題:最佳利益)』9月日本初放送! | トップページ | 台湾映画上映&トークイベント〜台湾映画の"いま"〜オリジナリティと未来へ向けて日本で初上映の『2003年ぼくの旅(原題:花甲大人轉男孩)』笑って泣いた超満員の観客! 盧廣仲(クラウド・ルー)のショートインタビュー映像も! »

2019/07/26

楊力州(ヤン・リージョウ)監督のドキュメンタリー映画『紅盒子』が『台湾、街かどの人形劇』の邦題で11月日本公開決定!

0726father 布袋戲の人形操演師陳錫煌(チェン・シーホアン)を追った楊力州(ヤン・リージョウ)監督のドキュメンタリー映画『紅盒子』が、『台湾、街かどの人形劇』の邦題で11月30日(土)よりユーロスペースほか全国順次公開されます。
本作は、侯孝賢(ホウ・シャオシェン)監督の映画『戯夢人生』などの名脇役にして、布袋戯の大家である李天禄(リー・ティエンルーを父に持つ人形操演師陳錫煌が、プレッシャーの中で独自の人生を歩んだ姿を描いています。

李天禄は母方の陳家に婿入りしたため長男の陳錫煌は母親の姓である「陳」を名乗ることになりました。2009年に「亦宛然掌中劇団」を受け継いだ次男が亡くなってからこれも陳錫煌が引き継ぎ、李天禄が残した伝統芸能は全て継承しています。
しかしその裏にある父との間に深い葛藤、親子でありながらも師弟であるが故の深く抜け出しがたい感情など、どの時代にも共通する、親子のそして師弟の葛藤と、天命を知る者ゆえの闘いの記録が描きだされています。

0726yang 監督の楊力州は、当初は伝統的な布袋戲の魅力の解明を考えていたそうですが、衰退していく現状の中でどう伝承していくのか、さらに父である李天禄との関係を探っていくうちに10年もの時間がかかってしまったと語っていました。

★楊力州(ヤン・リージョウ)監督 コメント★
この映画は台湾伝統布袋戯の技、その伝承、そして父子関係に関するドキュメンタリーです。10年に及ぶ撮影期間中、布袋戯の文化は言語の弾圧・エンタテインメントの多様化など不可逆な状況を目撃してきました。台湾伝統布袋戯が消えつつある現状にもぜひ目を向けてください。

台湾における布袋戲は映像化により新たな発展をとげた「霹靂布袋戲」があり、日本とのコラボで「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀」を製作して話題になっているものもあります。
しかし、この映画で描かれるのは伝統的な街角で操演する陳錫煌の魂の物語。布袋戲の奥深さ、そして伝統を守り続ける父と子の闘いの紀録です。
ぜひ劇場で味わって下さい。

『台湾、街かどの人形劇(原題:紅盒子)』
11月30日(土)よりユーロスペースほか全国順次公開!

監修:侯孝賢(ホウ・シャオシェン)
監督:楊力州(ヤン・リージョウ)
出演:陳錫煌(チェン・シーホァン)
プロデュース:朱詩倩(チュー・シーチェン)、田欣樺(テェン・シンホァ)、黃丹琪(ホァン・ダンチー)
演出:朱詩鈺(チュー・シーユー)
発行/制作/配給:後場音像記録工作有限公司
映画配給会社:星泰国際娯楽股份有限公司
特別感謝:中華文化総会
後援:台北経済文化代表処台湾文化センター
協力:大阪アジアン映画祭 日本語字幕:青井哲人+亭菲(フェイ)
提供:太秦・マクザム
配給・宣伝:太秦
(C)Backstage Studio Co., Ltd.
2018|台湾|カラー|DCP|5.1ch|99分

※これまでの『台湾、街かどの人形劇(原題:紅盒子)』に関する記事

2019/04/27
大阪アジアン映画祭 台湾映画『Father(仮)(原題:紅盒子)』の楊力州(ヤン・リージョウ)監督インタビュー!
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2019/04/post-fadf59.html

2018/09/20
台湾ドキュメンタリー映画の第一人者楊力州(ヤン・リージョウ)監督の新作『紅盒子』10月に台湾で公開!
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2018/09/10-2611.html

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« 台湾ドラマ『リーガル・サービス -最大の利益-(原題:最佳利益)』9月日本初放送! | トップページ | 台湾映画上映&トークイベント〜台湾映画の"いま"〜オリジナリティと未来へ向けて日本で初上映の『2003年ぼくの旅(原題:花甲大人轉男孩)』笑って泣いた超満員の観客! 盧廣仲(クラウド・ルー)のショートインタビュー映像も! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台湾ドラマ『リーガル・サービス -最大の利益-(原題:最佳利益)』9月日本初放送! | トップページ | 台湾映画上映&トークイベント〜台湾映画の"いま"〜オリジナリティと未来へ向けて日本で初上映の『2003年ぼくの旅(原題:花甲大人轉男孩)』笑って泣いた超満員の観客! 盧廣仲(クラウド・ルー)のショートインタビュー映像も! »