« 台湾のテレビアワード 2019電視金鐘獎ノミネート発表! 『悪との距離(原題:我們與惡的距離)』最多14部門、日本人俳優で脚本家の蔭山征彦が『客家劇場-日據時代的十種生存法則』で助演男優賞にノミネート! | トップページ | 映画見まくり、三泊四日の台北〜Day 1 »

2019/09/04

台湾映画『念念』が『あなたを、想う。』の邦題で11月2日から日本公開決定!

0904niannian1 台湾で活躍する日本人俳優蔭山征彦の脚本が張艾嘉(シルヴィア・チャン)の目にとまり製作された映画『念念』が、『あなたを、想う。』の邦題で11月2日から渋谷・ユーロスペース、横浜シネマリン他、全国順次公開が決定しました。
今年5月に台湾文化センターで行った、2019台湾映画上映&トークイベント「台湾映画の"いま"〜オリジナリティと未来へ向けて」での上映がきっかけで公開につながり、8月24日の上映イベントとレポートでは先行告知しましたが、本日正式に発表となりました。

0904niannian2 本作は、蔭山征彦の3つのオムニバスストーリーによる脚本が張艾嘉の目にとまり、「私、撮るわ」のひと言で製作が決定。監督の意向によりそれぞれ3人の“想い”をひとつの長編にすることになり、改訂脚本作りには監督も自ら参加しました。
台湾では当初2014年秋の公開を予定していましたが、2015年4月に初日を開け、前評判通りの高い評価を得て香港電影評論學會大奨の最優秀脚本賞を獲得しました。

0904niannian3 両親の離婚で離れ離れになった兄妹と、妹の恋人。3人の心の揺れや親への想い。その切 なすぎる物語を、台北と台東の、圧倒的に美しい、光と影の映像美の中に綴っていく本作。ヒロインを演じたのは、香港の梁洛施(イザベラ・リョン)、2006年の映画『イザベラ』で一躍人気スターになりましたが、当時の恋人だった大富豪の息子との間に双子を含む3児を出産したため休業。11 年に破局後もしばらく芸能界から遠ざかって彼女を張艾嘉が抜擢して復帰作となりました。
精細な心のひだを、見事に表現しています。

0904niannian4 ヒロインの恋人を演じたのは張孝全(チャン・シャオチュアン)。彼もまた父への深い想いを持つ失明の危機にあるボクサーを、過不足なく好演しています。
2012年の映画『GF*BF(原題:女朋友、男朋友)』で台北電影奨の主演男優賞を受賞、同年の金馬奨にもノミネートされ、台湾を代表する俳優にひとりになり、行定勲監督の日中合作映画『真夜中の五分前』や香港映画にも多く出演しています。2015年には大阪アジアン映画祭でオーサカ Asia スター★アワードを受賞しました。

0904niannian5 ヒロインの兄役は若き演技派柯宇綸(クー・ユールン)。終盤の「你好嗎?」という短い台詞にこの映画のエッセンスが全て込められて秀逸なシーンとなっています。
父が監督の柯一正(クー・イージェン)であり、幼い頃から『牯嶺街(クーリン チェ)少年殺人事件』など映画に出演し、2011年『翻滾吧!阿信』で台北電影奨の助演男優賞を獲得、本作では台北電影奨と金馬奨の助演男優賞にノミネートされました。
昨年日本でも公開された『台北暮色(原題:強尼·凱克)』でも味わい深 い演技を披露しています。

0904niannian6 兄妹の母親を演じた李心潔(リー・シンジエ)は、出番はそう多くないものの物語のキーともなる重要な役割を的確に演じています。
もともと歌手としてデビューした李心潔ですが、女優として『The EYE(原題:見鬼)』で金馬奨の主演女優賞をはじめ各賞を受賞し、香港、マレーシア、韓国映画にも出演しています。映画出演がきっかけで双子の監督の兄の方彭顺(オキサイド・パン)監督と結婚し、双子の女の子のママになりました。
張艾嘉とは『20.30.40 の恋』ほかで縁が深く、最新作は、林書宇(トム・リン)監督がマレーシアで撮った『夕霧花園』で阿部寛と共演、公開が待たれています。

0904niannian7 この他、ボクシングのトレーナー役で王識賢(ワン・シーシェン)や監督の瞿友寧(チュウ・ヨウニン)がバーのマスター役で脇を固め、脚本の蔭山征彦も意外な役で出演しています。
さらに、蔭山征彦がこだわったボクサーの父親役の賈孝國(ジア・シャオグオ)も見逃さないでいただきたいです。

0904niannian8 ◆ストーリー
台東の沖にある、美しい島・緑島で生まれたユーナンとユーメイ兄妹。二人に毎日のように人魚の物語を話して聞かせる母は、息子と夫を置いて幼いユーメイだけを伴い台北へと去り、間もなく他界した。
月日は流れ、駆け出しの画家となったユーメイは、家族を引き裂いた母への怒りを抱えて生きている。ユーメイにはボクサーの恋人ヨンシャンがいるが、 試合が近づいて過敏になる彼に妊娠したことを告げられずにいた。網膜剥離であることを 隠して試合に臨んだヨンシャンは、コーチに選手証を取り上げられ途方に暮れる。彼にと ってボクシングは、亡き父と自分を繋ぐ唯一のものだった。
一方、ユーナンは台東で旅行 ガイドとして忙しく働きながらも、孤独の中で過去を思う日々を送っている。ある夜、台風で足止めされて立ち寄った店で、ユーナンは、あまりも切ない幻影に遭遇する......。

『あなたを、想う。』(原題:念念)
監督・脚本:張艾嘉(シルヴィア・チャン)
脚本:蔭山征彦
出演:梁洛施(イザベラ・リョン)、張孝全(チャン・シャオチュアン)、柯宇綸(クー・ユールン)、李心潔(リー・シンジエ)

台湾・香港 2015 「念念」「Murmur Of The Hearts」 119 分
©Dream Creek Production Co. Ltd./ Red On Red
配給 A PEOPLE CINEMA(エーピープルシネマ)
2019 年 11 月 2 日(土) 渋谷・ユーロスペース、横浜シネマリン他、全国順次公開
公式サイト https://www.apeople.world/anatawoomou/

※『念念』に関するこれまでの記事

2019/05/26
台湾映画上映&トークイベント〜台湾映画の"いま"〜オリジナリティと未来へ向けて『念念』脚本を手がけた俳優の蔭山征彦のスペシャルトークで大盛況!
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2019/05/post-2dccff.html

2016/01/25
Podcast 東京フィルメックス『念念』張艾嘉(シルヴィア・チャン)Q&A
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2016/01/podcast-qa-e9ef.html

2013/09/03
張艾嘉(シルビア・チャン)監督の新作「念念」で梁洛施(イザベラ・リョン)が復活!
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2013/09/post-fd90.html

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« 台湾のテレビアワード 2019電視金鐘獎ノミネート発表! 『悪との距離(原題:我們與惡的距離)』最多14部門、日本人俳優で脚本家の蔭山征彦が『客家劇場-日據時代的十種生存法則』で助演男優賞にノミネート! | トップページ | 映画見まくり、三泊四日の台北〜Day 1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台湾のテレビアワード 2019電視金鐘獎ノミネート発表! 『悪との距離(原題:我們與惡的距離)』最多14部門、日本人俳優で脚本家の蔭山征彦が『客家劇場-日據時代的十種生存法則』で助演男優賞にノミネート! | トップページ | 映画見まくり、三泊四日の台北〜Day 1 »