« 若い力があふれる仙台短篇映画祭2019! | トップページ | 公開中の台湾映画『バオバオ フツウの家族』謝光誠(シエ・グアンチェン)監督インタビュー in 台北 »

2019/10/03

台湾・香港映画『あなたを、想う。』張艾嘉(シルヴィア・チャン)監督と脚本家の蔭山征彦が多摩美で講演!

1003niannian1 11月2日から公開になる台湾・香港映画『あなたを、思う。』の張艾嘉(シルヴィア・チャン)監督と脚本家の蔭山征彦が、9月27日に多摩美術大学で講演を行いました。
これは、多摩美術大学の高橋周平教授講義の一環として行われたもので、今回は特別に聴講させていただきました。
アジア映画界を代表するスター女優であり、監督やプロデューサーという映画人でもある張艾嘉の話を聞くことができるのは、進行役であるライターの相田冬二さんが言うように、とても貴重な機会です。

張艾嘉監督は、映画製作に関わるようになった経緯の中で「私の大学は、映画の現場でした。全てのスタッフが私の先生です」とさすがのつかみ。
多くの映画に出演しているうちに何かが違うと感じ、特に若い世代を演じているけれど、その語り口に違和感を覚えたそうです。
また、当時は映画会社から女優恋愛禁止と言われて、若い人に恋愛禁止って?!…と思い反発。若い人を描いた映画も少なくかったので、では、もし私が作るのだったら、という好奇心がきっかけということです。
「長年この仕事をやって来ましたが、今の若い人はどういう語り口なのか、その好奇心は今も続いています」

1003niannian2 本作は、3人の若い男女が心に影を落としている言葉にできない親子の想いを描いていますが、監督は「言いたいけどなかなか言えない、人の気持ちを描きました。世代のギャップで親と子はなかなかコミュニケーションができないことが多いので、この映画はその架け橋となるようにしたかった」と語りました。
それは、この脚本を書いた蔭山征彥の想いを受け取って映像にしたとも言えます。
監督から、「あなたは父親に認められたいんでしょ。だからこういうシーン(ボクサーと父親)を書いたのでしょ」と核心を突かれてドキッとしたという蔭山征彦。
「監督に初めて会ったのは2012年だったと思いますが、当時は父親とうまくコミュニケーションをとれなかった。いまは成長したのではないかと思います。撮影時、車の中で、監督から“たとえ失敗しても笑わない、あなたのことを笑う人は、あなたを知らないからだ。知っていれば笑わない”と言われ、僕は監督にわからないように右眼だけで泣きました」というエピソードを披露しました。

監督は、2017年の『妻の愛、娘の時』でも親子のコミュニケーション・ギャップについて描いています。
「ハリウッド映画と違い、アジア映画は人の内面や心の余白を描いています。東洋人は感情表現を大事にしますが、彼の脚本にはそれがありました」
偉大な監督に脚本を目に留めてもらって光栄だという蔭山征彦は、「僕の思いは間違っていなかったと言うことの証明でもあり感謝しています」と、緊張気味に言っていました。

通常脚本家は撮影現場には行きませんが、蔭山征彦は毎日行って監督の演出を見て勉強していたそうです。監督が俳優達にどういう指示を出すのか、音声スタッフにイアホンを借りてこっそり聞いていたことを話すと、
「盗聴していたの?」
と監督。
「いや、全部じゃありません」とあわてて言う蔭山征彥の戸惑いぶりがキュートでした。

そして、映画の舞台となった台湾東部にある緑島は、天候が悪いことが多く定期船も欠航になることが少なくないそうですが、この映画の撮影時は毎回天候に恵まれ、船長から「あなたは運が強い」と言われたといいます。
「これは、この映画を撮るべきだという神様からのプレゼントでしょう」と、監督がにこやかに言っていました。
さらに、劇中の出産シーンは、事前に依頼していた女性のリアルシーンだということも明かしてくれました。

0929anata_flyer 『あなたを、想う。』(原題:念念)
監督・脚本:張艾嘉(シルヴィア・チャン)
脚本:蔭山征彦
出演:梁洛施(イザベラ・リョン)、張孝全(チャン・シャオチュアン)、柯宇綸(クー・ユールン)、李心潔(リー・シンジエ)

台湾・香港 2015 「念念」「Murmur Of The Hearts」 119 分
©Dream Creek Production Co. Ltd./ Red On Red
配給 A PEOPLE CINEMA(エーピープルシネマ)
2019年11月2日(土) 渋谷・ユーロスペース、横浜シネマリン他、全国順次公開
公式サイト https://www.apeople.world/anatawoomou/


※『念念』に関するこれまでの記事

2019/09/04
台湾映画『念念』が『あなたを、想う。』の邦題で11月2日から日本公開決定!
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2019/09/post-2c86f1.html

2019/05/26
台湾映画上映&トークイベント〜台湾映画の"いま"〜オリジナリティと未来へ向けて『念念』脚本を手がけた俳優の蔭山征彦のスペシャルトークで大盛況!
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2019/05/post-2dccff.html

2016/01/25
Podcast 東京フィルメックス『念念』張艾嘉(シルヴィア・チャン)Q&A
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2016/01/podcast-qa-e9ef.html

2013/09/03
張艾嘉(シルビア・チャン)監督の新作「念念」で梁洛施(イザベラ・リョン)が復活!
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2013/09/post-fd90.html

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« 若い力があふれる仙台短篇映画祭2019! | トップページ | 公開中の台湾映画『バオバオ フツウの家族』謝光誠(シエ・グアンチェン)監督インタビュー in 台北 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 若い力があふれる仙台短篇映画祭2019! | トップページ | 公開中の台湾映画『バオバオ フツウの家族』謝光誠(シエ・グアンチェン)監督インタビュー in 台北 »