« 東京国際映画祭で台湾映画『ひとつの太陽(原題:陽光普照)』上映、同日台北でプレミア! | トップページ | 魏徳聖(ウェイ・ダーシェン)監督の壮大すぎるプロジェクト「臺灣三部曲歷史文化園區」臺南市政府との契約記者会見! »

2019/10/31

東京国際映画祭 香港映画『ファストフード店の住人たち(原題:麥路人)』で郭富城(アーロン・クォック)楊千嬅(ミリアム・ヨン)が来日!

1031living1 東京国際映画祭で上映された香港映画『ファストフード店の住人たち(原題:麥路人)』で、主役の郭富城(アーロン・クォック)と楊千嬅(ミリアム・ヨン)が来日、舞台挨拶とQ&Aを行いました。
本作は定住する家がなく、24時間営業のファストフード店で夜を明かすいわゆる「Mac難民」たちを描いた物語です。初共演という郭富城と楊千嬅の二大スターに加え、萬梓良(アレックス・マン)、張達明(チャン・ダッミン)、鮑起靜(パオ・ヘイチン)ら豪華なベテランが脇を固めています。
監督は、これがデビュー作の黃慶勳(ウォン・シンファン)。長年鄭保瑞(ソイ・チョン)監督の助監督をつとめ、今回はその鄭保瑞がプロデューサーを務めています。

1031living2 東京国際映画祭では舞台挨拶か上映後のQ&Aのどちらかというのが通常パターンですが、今回は上映の前後に登壇するという大サービス。
ワールドプレミアでもあるこの日は、舞台挨拶後にアーロンとミリアムは並んで客席で鑑賞することになり、会場のざわめきはかなりのものでした。
そして上映後のQ&Aで、2年前にカンヌで本作のオファーを受け脚本に感動したという郭富城の「僕は1人の香港俳優です。どんな条件でもかまわない、この作品に参加したいと思いました。香港映画をサポートするためにも、俳優としてこの物語を全世界に届けたいと思いました」という言葉に、香港映画人の気骨を感じました。
監督についても「とても才能のある人です。デビュー作なのにとても成熟している」と絶讃。

1031living3 その監督は、このタイトルについて「英題のI’m living itはここに住んでいるというだけでなく、ここで生きているという意味もあります。そして“麥”というのは多くの人々がいるということなので“麥路”は人生に多くの方向性があることを意味していると考えています」と、深い意図を明かしました。
大スターふたりを演出するにあたり「全ての人が現場では僕の作品の出演者です。大スターでも良い映画を作るためのキャストですから」とキッパリ。
新人監督とは言え、20年も製作現場で仕事をしてきた映画魂はとても頼もしく思えます。

1031living4 楊千嬅は「これはほんとうに意義のある脚本です。人と人との関係性や信頼、愛を描き、結末は重くても現実の社会と生活を勉強する良い機会でもありました」と語っていました。
そして、観客からファストフード店でのリアルな体験について聞かれ「子供の頃よく行きましたし、今では私の子供と一緒に行きます。ファストフード店は楽しい場所であり、またそこには色々な人の生活も見え隠れするので映画のワンシーンのようですね」と。
この質問は台湾人の観客からのものでしたが、アーロンもミリアムもそれに応じて普通語で答えていたのが印象的でした。

1031living5 それにしても、最近は若い監督が意欲的に社会問題を扱った作品を作り、多くの秀作が生み出されているのは、本当にうれしい限りです。中国資本に飲み込まれていく中で「香港映画」を守ろうと、こういう新人監督達をサポートする映画人の香港アイデンティティに心打たれます。
香港ではこれから公開のようですが、主役ふたりの好演はもとより、最初はわからないほどの役作りで驚いた萬梓良や相変わらず独特の個性で見せる張達明などの反響、そして来年の金像奨が楽しみです。

1031living6 『ファストフード店の住人たち(原題:麥路人)』
プロデュース:鄭保瑞(ソイ・チョン)
監督:黃慶勳(ウォン・シンファン)
出演:郭富城(アーロン・クォック)、楊千嬅(ミリアム・ヨン)、萬梓良(アレックス・マン)、張達明(チャン・ダッミン)、鮑起靜(パオ・ヘイチン)
◆ストーリー
深夜のファストフード店、破産した投資家阿博は、亡くなった妻を待ち続ける老人、娘を抱え義母の借金返済に追われる女性、家出した高校生などと共にここで夜を明かしている。朝になれば、それぞれ仕事に向かい、互いに助け合って生きている。
歌手を夢見て場末のクラブで歌う秋紅は、羽振りの良かった頃に知り合った阿博を支え、ほかのMac難民たちにも寄り添っていた。
社会から置き去りにされた人々、それぞれが抱える事情に向き合わなければならない時、彼らは…。

☆東京国際映画祭の紹介ページ
https://2019.tiff-jp.net/ja/lineup/film/32ASF08

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« 東京国際映画祭で台湾映画『ひとつの太陽(原題:陽光普照)』上映、同日台北でプレミア! | トップページ | 魏徳聖(ウェイ・ダーシェン)監督の壮大すぎるプロジェクト「臺灣三部曲歷史文化園區」臺南市政府との契約記者会見! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京国際映画祭で台湾映画『ひとつの太陽(原題:陽光普照)』上映、同日台北でプレミア! | トップページ | 魏徳聖(ウェイ・ダーシェン)監督の壮大すぎるプロジェクト「臺灣三部曲歷史文化園區」臺南市政府との契約記者会見! »