« 台湾映画『比悲傷更悲傷的故事』が、『悲しみより、もっと悲しい物語』の邦題で4月に日本公開決定! | トップページ | 台湾のエンターテイナー澎恰恰(ポン・チャアチャア)のトークイベントとインタビュー!→【公演中止】3/1発表 »

2020/01/30

中国映画『我不是薬神』が『薬の神じゃない!』の邦題で5月日本公開決定!

0130yaoshen 中国で500億円もの記録的大ヒットを記録し、金馬奨・主演男優賞をはじめ多くの映画賞を受賞した中国映画「我不是薬神(原題)」の邦題が『薬の神じゃない!』と決定し、5/1(金)より、新宿武蔵野館ほかで全国順次公開することになりました。
本作は、外国のジェネリック薬の密輸・販売を巡る人間ドラマで、2014年に中国で実際に起きた事件を元にしており、この事件をきっかけに中国の医薬業界は改革が起きました。

薬を密輸する主人公を演じたのは、ヒット作に多数出演し、監督としても活躍する徐崢(シュー・ジェン)、その他、王伝君(ワン・チュエンジュン)、『スプリング・フィーバー』の譚卓(タン・ジュオ)、『象は静かに座っている』の (章宇チャン・ユー)などが脇を固めています。
監督は、北京电影学院で名匠田壮壮(ティエン・チュアンチュアン)に師事し本作が長編第一作になる文牧野(ウェン・ムーイエ)。本作で2018年の金馬奨で最優秀新人監督賞を受賞しました。

【ストーリー】
上海で、男性向けの回春薬を売る小さな店の主人・チョン・ヨン(程勇)は、店の家賃さえ払えず、妻にも見放され、人生の目標を見失っていた。
ある日、「血液のがん」である慢性骨髄性白血病患者・リュ・ショウイー(呂受益)が店に訪れる。国内で認可されている治療薬は非常に高価であるため、安価で成分が同じインドのジェネリック薬を購入してほしいという依頼だった。最初は申し出を断ったものの、金に目がくらんだチョンは、ジェネリック薬の密輸・販売に手を染め、より多くの薬を仕入れるため、購入グループを結成する。
依頼人のリュを始め、白血病患者が集まるネット上コミュニティの管理人で、自身も白血病の娘を持つポールダンサーのリウ・スーフェイ(劉思慧)、中国語なまりの英語を操るリウ牧師、力仕事が得意な不良少年のボン・ハオ(彭浩)が加わり、事業はさらに大きく拡大していく。
警察に密輸として目をつけられ始め、いったんはグループを解散したチョン・ヨンたちだったが、薬を絶たれた患者たちの悲痛な叫びに決意を固める。患者の負担を軽くするため仕入れ値以下の価格で薬を売り、あえて危険な仕事を続ける彼を待っていた結末は・・・

『薬の神じゃない!』
5/1(金)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開
監督・脚本:文牧野(ウェン・ムーイエ)
共同製作:寧浩(ニン・ハオ)、徐崢(シュー・ジェン)
出演:徐崢(シュー・ジェン)、王伝君(ワン・チュエンジュン)、周一囲 (ジョウ・イーウェイ)ほか
中国/2018年/カラー/北京語・英語/117分/ビスタ/5.1ch/原題:我不是薬神
配給:株式会社シネメディア
©︎2020 Cine-C. and United Smiles Co., Ltd. All Rights Reserved

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« 台湾映画『比悲傷更悲傷的故事』が、『悲しみより、もっと悲しい物語』の邦題で4月に日本公開決定! | トップページ | 台湾のエンターテイナー澎恰恰(ポン・チャアチャア)のトークイベントとインタビュー!→【公演中止】3/1発表 »

コメント

最後の、頼みの綱であった場面がいいですね。

投稿: しんや | 2020/01/31 19:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台湾映画『比悲傷更悲傷的故事』が、『悲しみより、もっと悲しい物語』の邦題で4月に日本公開決定! | トップページ | 台湾のエンターテイナー澎恰恰(ポン・チャアチャア)のトークイベントとインタビュー!→【公演中止】3/1発表 »