« 第三十九屆香港電影金像獎ノミネート発表! | トップページ | 幻の名作台湾映画『河豚』上映会大盛況! »

2020/02/15

期待の台湾ドラマ『天橋上的魔術師(歩道橋の魔術師)』予告編第一弾が解禁!

0215tianqiao1 日本でも天野健太郎さんの翻訳で出版されている吳明益原作の『天橋上的魔術師(歩道橋の魔術師)』のドラマ制作が、台湾の公共電視と原子映象の共同製作、楊雅喆(ヤン・ヤージャ)監督の指揮のもとで着々と進んでいます。
この度予告編の第一弾が解禁になり、中華商場を再現したセットの建造の模様やキャストたちもお披露目されています。まだ名前は発表されていませんが、見ていただくと何人か“あ、この人が!”とわかる人もいて、何度も予告編を止めながら俳優の顔を確認しました。
レトロ感、躍動感、さすが楊雅喆監督。完成が待ち遠しいです。
ただ、この予告編に魔術師は登場していません。
おそらくこの役の発表は、かなり先になるのではないでしょうか。

0215tianqiao2 物語の舞台となる中華商場は、1961年に完成した北門から小南門まで三階建ての8棟の建物が2㎞にわたって連なる商業ビルでした。30年の間台北の人々の暮らしと密接で台北のシンボルでもあった中華商場を再現したセットを、このドラマチームはいま建設中なのです。
当時の洋品店や飲食店、靴屋、軍用品店、レコード店など50軒とその奥の住居を忠実に再現。床板から水たまり、硝子窓などまでこだわりの時代考証で作っています。
美術監督の王誌成(ワン・ズーチェン)は「時の流れには魔力があります。私はその魔力を実際のイメージに取り込もうとしました。そして俳優がここで演技をした時、私はその場で鳥肌が立ちました」と語っています。

このセットの追加建築費4800万元を、公共電視がクラウドファウンディングで募集することになりました。
募集要項を見ると個人でも100万元(約360万円)からということなので、気持ちはあってもなかなかハードルの高い金額です。
そして、興味深かったのは、中国大陸の出資は受け付けないという項目がありました。
中国語ですが、興味のある方はリンク先の募集要項をご覧下さい。

https://about.pts.org.tw/pr/latestnews/article/4200?fbclid=IwAR1Z6tgwNAg-LHcQLd2QoYaYbb06th43mAchM1GrUqz1SsvyPC9xrRzDBRA

楊雅喆監督のドラマ『天橋上的魔術師(歩道橋の魔術師)』は、2021年夏、台湾で放送予定です。

※『歩道橋の魔術師(原題:天橋上的魔術師)』に関するこれまでの記事

2019/08/05
Podcast 楊雅喆(ヤン・ヤージャ)監督インタビュー2019 in 台北!
http://asianparadise.sblo.jp/article/186375170.html

2019/07/31
楊雅喆(ヤン・ヤージャ)監督インタビュー2019 in 台北!
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2019/07/post-4017a4.html

2018/04/23
『歩道橋の魔術師(原題:天橋上的魔術師)』台湾でドラマ化に向けて写真・動画の募集を開始!
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2018/04/post-8c79.html

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« 第三十九屆香港電影金像獎ノミネート発表! | トップページ | 幻の名作台湾映画『河豚』上映会大盛況! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第三十九屆香港電影金像獎ノミネート発表! | トップページ | 幻の名作台湾映画『河豚』上映会大盛況! »