« 2020大阪アジアン映画祭 香港映画『散った後(原題:散後)』 | トップページ | 2020大阪アジアン映画祭 香港映画『私のプリンス・エドワード​(原題:金都)』 »

2020/03/08

2020大阪アジアン映画祭 台湾映画『大いなる餓え(原題:大餓)』

0308oaff大阪アジアン映画祭でさきほど上映された台湾映画『大いなる餓え(原題:大餓)』は、ぽっちゃり女性が直面するダイエットと心模様、アイデンティティーを描いた作品で、台北電影節で謝沛如(シエ・ペイルー)監督が新人監督コンペの観客賞、蔡嘉茵(ツァイ・ジャーイン)が新人賞を受賞しました。
ダイエットをテーマにした映画はこれまでもたくさんありますが、本人が“太っていて何が悪い”という確固たる信念を持っているのに、しかたなくダイエットを始めるという展開がユニーク。
そして、状況の変化と共に揺れる心、周囲の反応などが丁寧に描かれていきます。

1122gfa2 監督は入念なリサーチのもと最初の脚本は主人公が社会の価値観に抗うところが強く暗いイメージだったそうですが、主役に蔡嘉茵が決まったことで、社会的なテーマにユーモアを加えた作品に変わっていったと、台湾のプレミアで語っていました。
その主役を演じた蔡嘉茵はぽっちゃり=明るくてかわいいという固定観念を見事に覆し、圧倒的な存在感と、舞台で培った演技力が素晴らしいです。

1122gfa7 台北電影奨の受賞スピーチでも「最近の映画監督は、舞台出身の俳優を起用することが増えてきているので、もし必要なら私が優秀な舞台俳優を紹介します」と言ったり、金馬奨のノミネート会見でも同じノミネート者である若いイケメン俳優たちをリードしてその場を仕切る姿など、“ただ者でない感”満載でした。

さらに、劇中にはトランズジェンダー発芽期の男の子が登場し、ヒロインが彼を励ますシーンが感動的です。本作は、単なるダイエット映画ではなく、社会の中でそれぞれ個性を持った人たちのアイデンティティの確立を応援する作品になっています。

大阪アジアン映画祭では、3月12日(木)18:30からABCホールで二回目の上映があります。

0712dae ◆ ストーリー
ぽっちゃりしていて何が悪い!社会の価値観で決めつけなくてもいいじゃないか、私は私なのだから、という主人公は、母親が運営する学童クラブのシェフ。子ども達から「恐竜ねえさん」とからかわれても軽くやり返し、おいしい料理でを楽しませていた。
その中に女装に憧れる男の子がいて、彼の本質に触れると“人目を気にせず自分らしくあれ”と優しく後押しもしていた。
しかし欠かさぬトレーニングで見事なスタイルを保ち続ける母親は、娘になんとかダイエットさせようと、勝手にトレーニング・ジムを予約してしまう。言う通りにすれば、料理のレシピを全て任せると言われた主人公は仕方なくジムに通うことに。
そんなある日、イケメンの宅配便の配達員と親しくなり、彼も実は以前肥満型だったがトレーニングにより普通の体型になったと聞き、嫌々ながらのジム通いが一転して積極的になる。
ところが努力の甲斐もなくいっこうに減らない体重に、トレーナーから胃を小さくする手術を薦められる…。

『大いなる餓え(原題:大餓)』
監督:謝沛如(シエ・ペイルー)
出演:蔡嘉茵(ツァイ・ジャーイン)、張耀仁(チャン・ヤオレン)、柯淑勤(クー・シュウチン)、謝祖武(シエ・ズーウー)

※これまでの『大いなる餓え(原題:大餓)』に関する記事

2019/11/22
第五十六回金馬獎ノミネート記者会見で観客賞と国際評論家賞発表!
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2019/11/post-468d84.html

2019/07/14
2019台北電影奨受賞式に見るベテランと新人 21年目の新たな出発
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2019/07/post-e4e823.html

2019/07/11
台北電影節 國際新導演競賽(新人監督コンペ)観客賞受賞作『大餓』ワールドプレミア!
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2019/07/post-9d0ad3.html

2019/07/03
2019台北電影節 國際新導演競賽(國際新人監督コンペティション)、グランプリはドイツのNora FINGSCHEIDT監督の『System Crasher』! 台湾の謝沛如(シエ・ペイルー)監督の『大餓』が観客賞!
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2019/07/post-3bd591.html

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« 2020大阪アジアン映画祭 香港映画『散った後(原題:散後)』 | トップページ | 2020大阪アジアン映画祭 香港映画『私のプリンス・エドワード​(原題:金都)』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2020大阪アジアン映画祭 香港映画『散った後(原題:散後)』 | トップページ | 2020大阪アジアン映画祭 香港映画『私のプリンス・エドワード​(原題:金都)』 »