Award

2019/05/17

2019 台北電影獎&国際新人監督コンペティション ノミネート発表!

0517tff 2019年第21回台北電影獎と国際新人監督コンペティションのノミネートが、本日発表されました。
台北電影獎はこれまで4ジャンルの部門に10作品ずつ選ばれ、個人賞はその40作全てが対象になっていましたが、今年から各ジャンル5作品、個人賞もそれぞれノミネート制になりました。
多くの候補作の中から誰が獲るかというドキドキ感が特徴だったのですが、他の映画賞と同じシステムになったのは、やや残念という感もあります。
ノミネート発表は、国際新人監督コンペティションを台北電影節主席の李屏賓(リー・ビンビン)が、台北電影奨は若手俳優の劉冠廷(リウ・グァンティン)と孫可芳(ソン・カーファン)がつとめました。
最多ノミネートは劇場長編映画の『老大人』と『寒單』の11部門、短編では蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)の『你的臉』もノミネートされました。

また、国際新人監督コンペティション12作の中に、日本の箱田優子監督が『ブルーアワーにぶっ飛ばす』でノミネートされました。
発表授賞式は国際新人監督コンペティションが7月2日に、台北電影獎は7月13日に、どちらも台北の中山堂で行われます。

続きを読む "2019 台北電影獎&国際新人監督コンペティション ノミネート発表!"

| | コメント (0)

2019/05/15

第30回流行音樂金曲獎ノミネート発表!

0515gma 第30回流行音樂金曲獎ノミネートが本日発表され、22.279作品の中から81人の審査員により第二段階まで審査し、166作品が27の賞の候補となりました。
常連の蔡依林(ジョリーン・ツァイ)や陳奕迅(イーソン・チェン)、林憶蓮(サンディ・ラム)、艾怡良(イブ・アイ)らと久々のS.H.Eに加え、新人のØ ZIが6部門ノミネートされたのも注目です。
特別貢献賞には、1989年から社会を反映し30年来台湾の母語音楽の先鋒として台湾音楽史の発展に寄与したということで、黑名單工作室が選ばれました。
発表授賞式は、6月29日に台北アリーナで行われます。

続きを読む "第30回流行音樂金曲獎ノミネート発表!"

| | コメント (0)

2019/04/16

台湾の脚本コンペで俳優吳可熙(ウー・カーシー)と蘇達(スー・ダー)が優秀賞獲得!

0416screenplay1 文化部(日本の文科省にあたる)主催による台湾最大の脚本コンペ「優良電影劇本」の発表授賞式が4月15日に行われ、『再見瓦城(マンダレーへの道)』『血觀音』などの女優として活躍する吳可熙(ウー・カーシー)が、趙德胤(チャオ・ダーイン)監督との共同脚本「灼人秘密』で優秀賞を受賞しました。
また、『賽德克・巴萊(セデック・バレ)』はじめ映画・ドラマ・舞台で俳優として活動し、監督や脚本も手がける蘇達(スー・ダー)が「山下無名」で優秀賞に輝きました。

続きを読む "台湾の脚本コンペで俳優吳可熙(ウー・カーシー)と蘇達(スー・ダー)が優秀賞獲得!"

| | コメント (0)

2019/03/16

オーサカ Asia スター★アワード&トーク 邱澤(ロイ・チウ)に熱い歓声!

0316roy1開催中の大阪アジアン映画祭7日めに、「オーサカ Asia スター★アワード」 の授賞式とトークイベントが開催され、今年度の受賞者、邱澤(ロイ・チウ)が登壇しました。
青いタキシードに身を包んだ邱澤が登場すると、客席からは熱い歓声が上がり早くもハイテンション。
台湾人としては、第一回の張孝全(チャン・シャオチュアン)に続いて二人目となり、今回大阪アジアン映画祭で上映された『先に愛した人(原題:誰先愛上他的)』での演技が決め手となっての受賞です。

続きを読む "オーサカ Asia スター★アワード&トーク 邱澤(ロイ・チウ)に熱い歓声!"

| | コメント (0)

2018/11/21

第55屆金馬獎受賞式&プレスセンター編

1121jinma1_211月17日に台北の國父記念館で行われた第55屆金馬獎では、既報の通り故 胡波(フー・ボー)監督の中国映画『大象席地而坐(象は静かに座っている)』が最優秀作品賞を獲得しました。
本作はベルリン国際映画祭のフォーラム部門で上映されて国際批評家連盟賞を受賞した、中国北部の地方都市に暮らす4人の登場人物たちの1日を4時間弱の長尺で描いた監督デビュー作にして遺作。胡波監督は本作完成後に自ら命を絶ったため、「出品人」である監督のお母さまが代理受賞しました。
トロフィーを受け取ったお母さまは「審査員の皆さん、観客の皆さん、ありがとうございました」と言うのが精一杯で、北京電影学院で彼を指導した教授の王紅衛(ワン・ホンウェイ)がそのあとを引き受けて「この授賞は、金馬奨が中国語映画の進歩を大きく促進する勇敢な力を示したことをの証明だ」とスピーチしました。

続きを読む "第55屆金馬獎受賞式&プレスセンター編"

| | コメント (0)

2018/08/29

2018年台湾電視金鐘獎ノミネート発表!

0829gb台湾のテレビ番組のアワード、第53回電視金鐘獎のノミネートが8月29日に発表され、昨年の長編ドラマ部門主演女優賞受賞者の柯淑勤(クー・シュウチン)とミニドラマ部門の主演男優賞受賞者の傅孟柏(フー・モンボー)も発表の任をつとめました。
全体ではミニドラマ『他們在畢業的前一天爆炸2』が12部門、長編ドラマ部門の『客家劇場–台北歌手』と『植劇場-花甲男孩轉大人』が11部門、『麻醉風暴2』が10部門ノミネートされました。

個人賞では、長編ドラマの主演男優賞が『麻醉風暴2』の李國毅(レゴ・リー)と黃健瑋(ホアン・ジェンウェイ)の2人と『客家劇場–台北歌手』の莫子儀(モー・ズーイ)、これに新人奨とのダブルノミネートの盧廣仲(ルー・グアンジョン)と張軒睿(デレク・チャン)がどう絡んで来るのか、展開が楽しみです。

台湾電視金鐘獎の発表受賞式は、10月6日に台北の國父記念館で行われます。

続きを読む "2018年台湾電視金鐘獎ノミネート発表!"

| | コメント (0)

2018/04/15

第三十七屆香港電影金像獎「明月幾時有」がグランプリ、古天樂(ルイス・クー)が初の影帝!

0415jinxian第三十七屆香港電影金像獎の発表受賞式が4月15日に香港文化中心で行われ、許鞍華(アン・ホイ)監督の「明月幾時有」がグランプリ、監督賞など5冠に輝きました。
また、主演男優賞は古天樂(ルイス・クー)が初受賞、主演女優賞はベテラン毛舜筠(テレサ・モウ)がこちらも初受賞となりました。
5月19日から日本で公開される「29+1(29歳問題)」の彭秀慧(キーレン・パン)監督は、新人監督賞を獲得しました。

続きを読む "第三十七屆香港電影金像獎「明月幾時有」がグランプリ、古天樂(ルイス・クー)が初の影帝!"

| | コメント (0)

2018/03/18

第13回大阪アジアン映画祭、観客賞は香港の『恋の紫煙3』!

0318off1第13回大阪アジアン映画祭が18日に閉幕し、日本初上映作品を対象に観客の支持を最も集めた作品に授与される観客賞は彭浩翔(パン・ホーチョン)監督の『恋の紫煙3(原題:春嬌救志明)』(香港、中国)が獲得しました。
続いて、上倉庸敬大阪映像文化振興事業実行委員会委員長より、前日発表された受賞結果の報告と共に「映画を通してこの大阪が心を通わせる拠点であるよう、皆さまの引き続きのご支援をお願いいたします」と挨拶がありました。

続きを読む "第13回大阪アジアン映画祭、観客賞は香港の『恋の紫煙3』!"

| | コメント (0)

2018/03/17

第13回大阪アジアン映画祭グランプリは香港映画『中英街一号』!ABC賞に台湾の『私を月に連れてって』!

0317off1第13回大阪アジアン映画祭の授賞式が17 日(土)に開催され、グランプリに香港映画『中英街一号』、ABC賞に台湾の『私を月に連れてって』ほか各賞が発表されました。
来るべき才能賞には フ ィ リ ピ ン の『ネオマニラ』のミカイル・レッド監督、最優秀女優賞は日本の『東京不穏詩』から飯島珠奈、薬師真珠賞がフィリピンの『ミスターとミセス・クルス』の女優ライザ・セノンが輝きました。
また、JAPAN CUTS Awardでは速水萌巴監督の『クシナ』、芳泉短編賞には金井純一監督の『CYCLE-CYCLE』が選ばれました。

続きを読む "第13回大阪アジアン映画祭グランプリは香港映画『中英街一号』!ABC賞に台湾の『私を月に連れてって』!"

| | コメント (0)

2018/02/20

第 13 回大阪アジアン映画祭【オーサカ Asia スター★アワード】は杜汶澤(チャップマン・トー)!

0220to1大阪アジアン映画祭は日本を含むアジア映画界に多大な貢献をし、今後のさらなる活躍も期待されるスター性ある映画人を 1 名 選出し、授与する【オーサカ Asia スター★アワード】の受賞者を杜汶澤(チャップマン・トー)と発表しました。
俳優、監督、プロデューサーとマルチな才能を発揮し、常に新しい事を求めて挑戦し続ける香 港のスター杜汶澤は、今回の大阪アジアン映画祭でコンペティシ ョン部門、特集企画《Special Focus on Hong Kong 2018》作品『空手道』の主演と監督をつとめています。
授賞式およびトークイベントは、3 月 17 日(土)17 時からシネ・リーブル梅田で行われます。

続きを読む "第 13 回大阪アジアン映画祭【オーサカ Asia スター★アワード】は杜汶澤(チャップマン・トー)!"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧