Award

2017/05/17

第28回流行音樂金曲獎ノミネート発表!

16日に、台湾最大の音楽アワード「第28回流行音樂金曲獎」のノミネートが発表され、15,934作品の中から27部門175作品が選ばれました。
五月天(Mayday)が最多8部們、その他周杰倫(ジェイ・チョウ)や久々の伍佰(ウーバイ)、艾怡良(イブ・アイ)、楊乃文(フェイス・ヤン)らがどんな戦いを見せるか、楽しみです。
今年の審査委員長は黃韻玲(ホアン・ユンリン)がつとめ、発表受賞式は6月24日に台北アリーナで行われます。

続きを読む "第28回流行音樂金曲獎ノミネート発表!"

| | コメント (0)

2017/05/16

2017年 第19回台北電影獎ノミネート発表!

0516tff1本日16日、中山堂光復廳において2017年台北電影獎のノミネート40作品が発表され、入選者に台北電影節主席の李屏賓(リー・ピンビン)から入選証書が授与されました。
今回ノミネートされた入選者のうち、半数以上が初めてで、先日お知らせした「國際新監督コンペティション」に入選した『大佛普拉斯』と『強尼.凱克』が台北電影獎とのダブルノミネートとなったことは、台北電影節が掲げる"新しい才能の発掘"という目的のひとつの達成と言えます。

続きを読む "2017年 第19回台北電影獎ノミネート発表!"

| | コメント (0)

2017/05/11

台北電影節「國際新導演競賽」ノミネート発表!

0511tff16月29日から開催される台北電影節のコンペのひとつ「國際新導演競賽」のノミネートが、10日に発表されました。
このコンペは新鋭監督の才能発掘を目的にしたもので、今年は世界各国から500本がエントリーされ、台湾、中国、ブラジル、ベルギー、イスラエル、スペイン、南アフリカ、シンガポール、ルーマニアほかの12作が賞金60万元の獲得を競うことになります。

続きを読む "台北電影節「國際新導演競賽」ノミネート発表!"

| | コメント (0)

2017/04/20

2017年第19屆台北電影節の電影大使は吳慷仁(ウー・カンレン)と溫貞菱(ウェン・チェンリン)!

0420tff16月29日から7月15日まで開催される第19屆台北電影節の電影大使を、吳慷仁(ウー・カンレン)と溫貞菱(ウェン・チェンリン)が務めることになり、同時に、今年の映画祭メインビジュアルも発表されました。
吳慷仁は『渺渺』(2008年)と『河豚』(2011年)で、溫貞菱は『甜‧祕密』(2012年)と『小孩』(2015年)が台北電影賞にノミネートされて参加しています。

続きを読む "2017年第19屆台北電影節の電影大使は吳慷仁(ウー・カンレン)と溫貞菱(ウェン・チェンリン)!"

| | コメント (0)

2017/03/13

第 12 回大阪アジアン映画祭3月12日に閉幕、観客賞は彭秀慧(キーレン・パン)監督の『29+1』(香港)!

0312off33 月 3 日(金)より、19 の国と地域から全 58 作品を上映する「第 12 回大阪アジアン映画祭」が開催されていましたが、最終日の 12 日には、ワ ールドプレミアとなるクロージング作品『PARKS パークス』(瀬田なつき監督)上映前に、クロージング・セレ モニーが行われました。
そこで観客賞が発表され、彭秀慧(キーレン・パン)監督の『29+1』(香港)が受賞しました。

続きを読む "第 12 回大阪アジアン映画祭3月12日に閉幕、観客賞は彭秀慧(キーレン・パン)監督の『29+1』(香港)!"

| | コメント (0)

2017/03/11

第12回大阪アジアン映画祭、グランプリは香港映画『一念無明』!

3011off1第12回大阪アジアン映画祭の受賞式が11日に行われ、香港映画の『一念無明』がグランプリに輝きました。
来るべき才能賞には『姉妹関係』の廖子妤(フィッシュ・リウ)、スペシャル・メンションは『暗くなるまでには』(タイ・オランダ・フランス・カタール)、そしてJAPAN CUTS Awardにまつむらしんご監督の『恋とさよならとハワイ』、ABC賞は『七月と安生』(香港・中国)、薬師真珠賞にフィリピン映画『至福』の主演女優イザ・カルサドがそれぞれ選ばれました。

続きを読む "第12回大阪アジアン映画祭、グランプリは香港映画『一念無明』!"

| | コメント (0)

2017/03/06

Podcast 第12回大阪アジアン映画祭 惠英紅(カラ・ワイ)インタビュー

0303kara3第12回大阪アジアン映画祭のオープニング作品『ミセスK』の主役で、オーサカ Asia スター★アワードに輝いた惠英紅(カラ・ワイ)のインタビュー音声をPodcast配信しました。
この作品でアクションを最後にしようと思ったきっかけ、つらい体験を経てこの映画にかけた意気込みなどについて語っています。

記事はこちら

インタビュー音声はこちら。

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

| | コメント (0)

2017/02/28

第12回大阪アジアン映画祭のコンペティション部門国際審査委員決定!

0228off3月3日から12日に開催される、第12回大阪アジアン映画祭のコンペティション部門国際審査委員が発表になりました。
今年度の国際審査委員には、マレーシアのホー・ユーハン監督(オープニング作品『ミセス K』監督)、フィリピンのモンスター・ヒメネス氏(特集企画<アジアの失職、求職、労働現場>『黙示録の子』プロデューサー)、そ して日本の中⻄美帆氏(女優)の3人です。

続きを読む "第12回大阪アジアン映画祭のコンペティション部門国際審査委員決定!"

| | コメント (0)

2017/02/07

第三十六屆香港電影金像獎ノミネート発表!

0207quyue第三十六屆香港電影金像獎のノミネートが2月7日に発表され、曾國祥(デレク・ツァン)監督の「七月與安生」が作品、監督、主演女優ほか最多12部門にノミネートされました。金馬奨で主演女優賞を周冬雨(チョウ・ドンユー)と馬思純(マー・スージュン)がダブル受賞しましたが、金像奨ではどうなるのか、楽しみです。
主演男優賞も、「樹大招風(大樹は風を招く)」の任賢齊(リッチー・レン)と林家棟(ラム・ガートン)がダブルノミネートされています。
また、金馬奨で逃した助演男優賞を、曾志偉(エリック・ツァン)がどんな戦いを見せるのかも注目です。
発表授賞式は、4月9日に香港文化中心で行われます。

続きを読む "第三十六屆香港電影金像獎ノミネート発表!"

| | コメント (0)

2016/12/11

第53回金馬獎頒獎典禮〜プレスセンター受賞者編

1211jinma1第53回金馬獎の結果はすでにお伝えしたように、作品賞をはじめ個人賞の主なものは中国映画が獲得しました。
授賞式直後、台湾メディアは嘆きと怒りの報道をし、台湾映画ファンはがっかりしたのですが、それだけ中国映画のノミネート作品が優れていたということです。
しかし、その中で新世代の若手俳優林柏宏(リン・ボーホン)が助演男優賞を獲得したことは、台湾映画界の未来にとってたいへん意義深いと思います。
では、受賞後にトロフィーを持ってプレスセンターに来た主な受賞者の様子やスピーチをお届けします。

続きを読む "第53回金馬獎頒獎典禮〜プレスセンター受賞者編"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧