香港

2019/04/14

第三十八屆香港電影金像獎『無雙(プロジェクト・グーテンベルグ)』が圧勝!

1230project 第三十八屆香港電影金像獎の発表授賞式が香港文化中心で行われ、最多17部門ノミネートの『無雙(プロジェクト・グーテンベルグ)』が作品、監督、脚本、撮影など7部門で最多受賞しました。
そして、『淪落人(みじめな人)』の黃秋生(アンソニー・ウォン)が主演男優賞、Crisel Consunjiが新人奨、陳小娟(オリバー・チャン)が新人監督賞を受賞。
主演女優賞は『三夫(三人の夫)』の曾美慧孜(クロエ・マーヤン)、助演男優賞は袁富華(ベン・ユエン)、助演女優賞惠英紅(カラ・ワイ)の『翠絲(トレーシー)』コンビでした。

今年は冒頭に鬼籍に入った映画人を追悼し、その後に32名の若手俳優達が今年のコンセプト「Keep Rolling」のパフォーマンスをするという演出で、香港映画の新しい風をフィーチャー。これは日本映画の『カメラを止めるな!』からインスパイアされてつけたコンセプトだと、プレゼンターで登場した濱津隆之と秋山ゆずきが言っていました。
司会もこの明日を担う若い俳優達が順番につとめ、映画賞授賞式の定石を破った進行がとても斬新で素敵でした。

続きを読む "第三十八屆香港電影金像獎『無雙(プロジェクト・グーテンベルグ)』が圧勝!"

| | コメント (0)

2019/04/13

大阪アジアン映画祭 香港映画『女は女である(原題:女人就是女人)』孫明希(メイジー・グーシー・シュン)監督&黄家恒(トモ・ケリー)インタビュー!

0414woman1 第14回大阪アジアン映画祭で上映された香港映画『女は女である(原題:女人就是女人)』の孫明希(メイジー・グーシー・シュン)監督と、主演の黄家恒(トモ・ケリー)にインタビューしました。
この日は二回目の上映日で、Q&Aに登壇したプロデューサーのミミ・ウォン、脚本のジャッキー・ウォン、キャストの麥詠楠(ブベー・マク)も取材部屋(兼控え室)にいらしたのですが、30分という時間なので、インタビューはお二人に代表してお願いしました。

続きを読む "大阪アジアン映画祭 香港映画『女は女である(原題:女人就是女人)』孫明希(メイジー・グーシー・シュン)監督&黄家恒(トモ・ケリー)インタビュー!"

| | コメント (0)

2019/04/04

大阪アジアン映画祭、観客賞受賞の香港映画『みじめな人(原題:淪落人)』陳小娟(オリヴァー・チャン)監督インタビュー!

0404oliver1 第14回大阪アジアン映画祭で上映され、観客賞を受賞した香港映画『みじめな人(原題:淪落人)』の陳小娟(オリヴァー・チャン)監督にインタビューしました。
本作は第二十五屆香港電影評論學會大獎はじめ数々の受賞を果たし、14日に発表される第三十八屆香港電影金像獎では作品、監督、脚本、主演男優など8部門にノミネートされています。
監督は、女優として出演してみ良いのではと思うくらい、とてもチャーミングな方でした。

続きを読む "大阪アジアン映画祭、観客賞受賞の香港映画『みじめな人(原題:淪落人)』陳小娟(オリヴァー・チャン)監督インタビュー!"

| | コメント (0)

2019/03/27

大阪アジアン映画祭、香港映画『ハッピーパッポー(原題:恭喜八婆)』陳逸寧(イザベル・チャン)インタビュー!

0327isabel1 第14回大阪アジアン映画祭で上映された香港映画『ハッピーパッポー(原題:恭喜八婆)』の陳逸寧(イザベル・チャン)にインタビューしました。
彭浩翔(パン・ホーチョン)監督作品ではお馴染みの陳逸寧に会えるのがとても楽しみだったのですが、実際にお会いすると『恋の紫煙(原題:志明與春嬌)』シリーズほかの映画で見るより、もっともっと魅力的。とっても可愛くて気さくな方でした。

続きを読む "大阪アジアン映画祭、香港映画『ハッピーパッポー(原題:恭喜八婆)』陳逸寧(イザベル・チャン)インタビュー!"

| | コメント (0)

2019/03/17

第14回大阪アジアン映画祭 グランプリは韓国映画『なまず』、観客賞は香港の『みじめな人』!

0317oaff第14回大阪アジアン映画祭の受賞式が17非にABCホールで行われ、グランプリは韓国映画『なまず』、観客賞は香港の『みじめな人』が獲得しました。
来るべき才能賞には中国の『過ぎた春』により白雪監督が、スペシャル・メンションには韓国映画『アワ・ボディ』のハン・ガラム監督とインド映画『ブルブルは歌える』が選ばれました。
また、芳泉短編賞は『じゃあまたね』、スペシャル・メンションが『2923』と、台湾映画2作が獲得しました。

続きを読む "第14回大阪アジアン映画祭 グランプリは韓国映画『なまず』、観客賞は香港の『みじめな人』!"

| | コメント (0)

2019/03/09

第14回大阪アジアン映画祭開幕!オープニング・セレモニーと香港映画『女は女である』Q&A

0309oaff1アジア映画ならここ!という大阪アジアン映画祭が8日に開幕しました。
18時30分から大阪市北区の阪急うめだホールでオープニング・セレモニーが行われ、『嵐電』の鈴木卓爾監督、出演の井浦新さん、大⻄礼芳さん、金井浩人さん、 『群山:鵞鳥を咏う』のチャン・リュル監督、『女は女である』のメイジー・グーシー・シュン監督、ミミ・ウォンプロデューサー、主演のトモ・ケリーさん、インディ・フォーラム部門『ココロ、オドル』の岸本司監督、主演の尚玄さん、『WHOLE』 の川添ビイラル監督、出演の川添ウスマンさん、海・星野・サンディーさん、『ピア〜まちをつ なぐもの〜』の綾部真弥監督、『いつか、どこかで』のリム・カーワイ監督、『浜辺 のゲーム』に出演の大塚奈々穂さんが登壇しました。

続きを読む "第14回大阪アジアン映画祭開幕!オープニング・セレモニーと香港映画『女は女である』Q&A"

| | コメント (0)

2019/02/12

第三十八屆香港電影金像獎ノミネート発表!

1230project第三十八屆香港電影金像獎のノミネートが2月12日に発表され、莊文強(フェリックス・チョン)監督の「無雙」が作品、監督、脚本、主演男優×2、主演女優、助演男優、助演女優ほかを含み最多17部門、次いで陳詠燊(サニー・チャン)監督の「逆流大叔」が監督、脚本、主演男優など10部們、「翠絲(トレーシー)」は脚本、主演男優など9部門、大阪アジアン映画祭で上映される「淪落人(みじめな人)」は作品、監督、脚本、主演男優など8部門、中国でメガヒットの「紅海行動(オペレーション・レッド・シー)」も作品、監督、助演女優など8部門にノミネートされました。

続きを読む "第三十八屆香港電影金像獎ノミネート発表!"

| | コメント (0)

2019/02/09

第14 回大阪アジアン映画祭 中国語圏作品紹介

0209dear8日に発表された第14 回大阪アジアン映画祭のラインナップの中で、これまでアジアンパラダイスで掲載した記事のまとめと、いくつか作品をご紹介しようと思います。
今年も《Special Focus on Hong Kong 2019》と、2年ぶりの《台湾:電影ルネッサンス2019》の特集があることで、東アジア、特に中国語圏の映画ファンにはため息の出るような素晴らしいラインナップとなっています。
もちろん東南アジアの作品も暉峻プログラムディレクターの選りすぐりで楽しみですが、ここでは専門分野である中国語圏の作品をピックアップします。

続きを読む "第14 回大阪アジアン映画祭 中国語圏作品紹介"

| | コメント (0)

2019/02/08

第14 回大阪アジアン映画祭 全ラインナップ発表、クロージングはベトナム映画『パパとムスメの7日間』!

0208oaff3月8日に開幕する第14 回大阪アジアン映画祭のクロージングは落合賢監督のベトナム映画『パパとムスメの7日間』に決定、全ラインナップも発表されました。
作品本数は、計51 作(うち、世界初上映10 作、海外初上映9 作、日本初上映25 作)、上映作品の製作国・地域は、中国、香港、マカオ、台湾、韓国、ベトナム、タイ、マレーシア、インドネシア、フィリピン、インド、スリランカ、セルビア、クロアチア、モンテネグロ、アメリカ、日本の17の国と地域となります。
人気の香港映画特集《Special Focus on Hong Kong 2019》は6 作、台湾映画特集《台湾:電影ルネッサンス2019》は 7 作上映され、盛大なゲストが登壇するHong Kong NightとTaiwan Nightも行われます。

続きを読む "第14 回大阪アジアン映画祭 全ラインナップ発表、クロージングはベトナム映画『パパとムスメの7日間』!"

| | コメント (0)

2019/01/24

香港映画『誰がための日々』初日の2月2日に黄進(ウォン・ジョン)監督 Skype Q&A イベント開催決定!

0314wong12月2日より新宿K’s cinema他全国順次ロードショーとなる香港映画『誰がための日々』では、初日の12時20分の上映回終了後(14時 02分頃からを予定)に黄進(ウォン・ジョン)監督 Skype Q&A イベントが開催されます。
本作は、実際にエリートの青年が介護をしていた父を殺害してしまった事件をきっかけに、どうし てこんな事件が起こったのか、ニュースでは報じられない背景を追いかけ、監督と脚本家が オリジナルの脚本にして映画化したもの。

続きを読む "香港映画『誰がための日々』初日の2月2日に黄進(ウォン・ジョン)監督 Skype Q&A イベント開催決定!"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧