台湾

2017/03/21

台湾の絵本作家幾米(ジミー)『星空』日本版刊行記念イベントで来日!

0317jimmy1愛らしいキャラクターが宜蘭「幾米主題公園」などでパブリックアートにもなっている、台湾を代表する絵本作家――ジミー・リャオ(幾米)『星空』の日本語版が刊行されました。
少女の成長の物語をあざやかな色使いと繊細なタッチで描いた本作は、台湾で2009年に刊行されベストセラーとなり、2011年にトム・リン監督によって実写映画化され、長らく邦訳が待たれていた作品です。
この日本版の刊行を記念し、台湾文化センターで台湾カルチャーミーティング2017第1回 として幾米をゲストに招きトークイベントが行われました。

続きを読む "台湾の絵本作家幾米(ジミー)『星空』日本版刊行記念イベントで来日!"

| | コメント (0)

2017/03/20

Podcast 『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』張震(チャン・チェン)インタビュー

0315zhabg3『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』4Kレストア・デジタルリマスター3時間56分版日本公開記念で来日した、主演の張震(チャン・チェン)のインタビュー音声をPodcast配信しました。
楊德昌(エドワード・ヤン)監督について、俳優としてのスタンスなど語っています。

記事はこちら

インタビュー音声はこちら。

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

| | コメント (0)

2017/03/19

「台湾映画の新しい潮流を感じよう!〜上映&トークショー」第2回『祝宴!シェフ』会場は爆笑の渦!

0210shef3月18日に台湾文化センターで行いました「台湾映画の新しい潮流を感じよう!〜上映&トークショー」第2回『祝宴!シェフ』は、おかげをもちまして満員のお客様で楽しいコメディに場内は爆笑の渦でした。
今回は、初めてこのイベントに参加する方や、はじめて台湾映画をご覧になる方が少なくなく、本作でもっと台湾映画を見たくなったという声も多くありました。
このイベントは台湾映画をもっと多くの方に知っていただきたいと始めたシリーズですので、スタッフ一同とてもうれしく思いました。

続きを読む "「台湾映画の新しい潮流を感じよう!〜上映&トークショー」第2回『祝宴!シェフ』会場は爆笑の渦!"

| | コメント (0)

2017/03/18

台湾映画の新しい潮流を感じよう!〜上映会&トークショー〜第3回は4月8日『若葉のころ』! 申し込みは3月21日(火)午前10時から→満席になりました(3/22)

0318chirashi台湾文化センターで開催中の「台湾映画の新しい潮流を感じよう!」上映会&トークショーは、今年も年間を通して新しい台湾映画の潮流と現在を作品から感じ取っていただき、その背景や台湾映画界の最新情報を織り交ぜながらのトークで台湾映画の魅力をお伝えします。

第3回は『若葉のころ』
この映画はビージーズの「若葉のころ」をモチーフに二世代の青春を描いた作品で、原題の『五月一號』のとおり2015年5月1日に台湾で公開、日本では昨年の5月に公開されました。
監督はMV界の大御所周格泰(チョウ・ガータイ)が満を持しての映画初メガホン、自身の原案による本作の映像の美しさには息をのみます。
そして程予希(ルゥルゥ・チェン)、石知田(シー・チーディエン)、鄭暐達(アンダーソン・チェン)という3人の新世代俳優を送り出したという意味でも貴重で、それはなによりこの原石を磨いて輝やかせた周格泰監督の手腕といえるでしょう。
トークは、作品解説と台湾の映画音楽について。

続きを読む "台湾映画の新しい潮流を感じよう!〜上映会&トークショー〜第3回は4月8日『若葉のころ』! 申し込みは3月21日(火)午前10時から→満席になりました(3/22)"

| | コメント (0)

2017/03/16

『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』プロデューサー余為彦(ユー・ウェイイエン)インタビュー!

0315yu1公開中の台湾映画『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』のプロデューサー余為彦(ユー・ウェイイエン)が主役の張震(チャン・チェン)と共に来日、舞台挨拶の翌日にインタビューをしました。
余為彦は本作の他『エドワード・ヤンの恋愛時代』『カップルズ』『ヤンヤン夏の思いで』のプロデューサーをつとめ、楊德昌(エドワード・ヤン)監督を最も良く知る人と言われています。
『月光少年』『童黨萬歲』『アジアンピート(台湾編)シャドー・オブ・ノクターン』など自身の監督作品もあり、美術も担当する方です。

続きを読む "『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』プロデューサー余為彦(ユー・ウェイイエン)インタビュー!"

| | コメント (0)

2017/03/15

『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』張震(チャン・チェン)インタビュー!

0315zhabg1伝説の名作『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』が4Kレストア・デジタルリマスター3時間56分版として日本で公開中ですが、これを記念して主演の張震(チャン・チェン)が余為彦(ユー・ウェイエン)プロデューサーと共に来日しました。
14日は新宿武蔵野館と角川シネマ有楽町で舞台挨拶を行いましたが、アジアンパラダイスでは翌15日にそれぞれインタビューしました。

続きを読む "『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』張震(チャン・チェン)インタビュー!"

| | コメント (1)

2017/03/14

台湾映画の新しい潮流を感じよう!〜上映会&トークショー〜第2回『祝宴!シェフ』について

台湾映画の新しい潮流を感じよう!〜上映会&トークショー〜第2回『祝宴!シェフ』の当選者の皆さまへ。

当日は、12時半から整理券を配布、13時半に整理券番号順に受け付けをいたします。
以下、進行スケジュールです。

3月18日(土)
12時30分 整理券を配布
13時30分 整理券番号順に受け付け
14時00分 上映開始(2時間25分)
16時30分 トークショー開始
17時30分 トークショー終了

お知らせが遅くなり申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願いします。

| | コメント (0)

2017/03/09

第12回大阪アジアン映画祭『52Hz, I love you』魏徳聖(ウェイ・ダーシェン)監督Q&Aとインタビュー!

0308wei1第12回大阪アジアン映画祭の特別招待作品として、魏徳聖(ウェイ・ダーシェン)監督の新作『52Hz, I love you』が上映されました。
魏徳聖監督作品は、『セデック・バレ』と『KANO〜1931海の向こうの甲子園』が大阪アジアン映画祭で上映され、どちらも観客賞を受賞しています。
そしてこの新作の上映にあたり今回も監督が来日してQ&Aを行い、アジアンパラダイスでは上映中に単独インタビューをしました。

続きを読む "第12回大阪アジアン映画祭『52Hz, I love you』魏徳聖(ウェイ・ダーシェン)監督Q&Aとインタビュー!"

| | コメント (0)

2017/02/27

Podcast 張書豪(チャン・シューハオ)インタビュー in 台北2016冬 パート2

0227shuhao2月25日から渋谷ユーロスペースで公開になった台湾映画『百日告別』に出演している張書豪(チャン・シューハオ)のインタビュー音声 パート2をPodcast配信しました。
『百日告別』で仁毅(レンイー)を演じる責任感や林嘉欣(カリーナ・ラム)とのシーン、そしてカリーナのオフの様子についても語っています。

記事はこちら

インタビュー音声はこちら。

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

| | コメント (0)

2017/02/24

イ・ジュンギ×周冬雨(チョウ・ドンユー)の『シチリアの恋』2017年4月よりシネマート新宿ほか全国順次公開!

0224sicilia1イ・ジュンギと周冬雨(チョウ・ドンユー)の顔合わせで、中国とイタリアを舞台に、国境を越えた純愛を描いた感動作『謊言西西里(Never Said Goodbye)』が邦題『シチリアの恋』として2017年4月より、シネマート新宿ほか全国順次公開されます。
監督は『ジャンプ!ボーイズ(原題:翻滾把!男孩)』『翻滾把!阿信』の林育賢(リン・ユーシェン)、加えて阮經天(イーサン・ルアン)も出演します。

続きを読む "イ・ジュンギ×周冬雨(チョウ・ドンユー)の『シチリアの恋』2017年4月よりシネマート新宿ほか全国順次公開!"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧