映画祭Q&A

2019/11/03

東京国際映画祭 香港映画『ある妊婦の秘密』Q&Aと陸以心(ジョディ・ロック)監督インタビュー!

1103baby1 東京国際映画祭で上映された香港映画『ある妊婦の秘密』では、陸以心(ジョディ・ロック)監督と主役の陳静(ダダ・チェン)、朱鑑然(ケヴィン・チュー)が来日、10月31日の上映後にQ&Aを行いました。
監督はデビュー作『レイジー・ヘイジー・クレイジー(原題:同版同學)』が2016年の東京国際映画祭で上映され、今回が二度目の参加になります。
陳静は大阪アジアン映画祭には参加歴がありますが、東京国際映画祭は初めてということで香港映画ファンの熱い声援を受けました。

続きを読む "東京国際映画祭 香港映画『ある妊婦の秘密』Q&Aと陸以心(ジョディ・ロック)監督インタビュー!"

| | コメント (0)

2019/10/31

東京国際映画祭 香港映画『ファストフード店の住人たち(原題:麥路人)』で郭富城(アーロン・クォック)楊千嬅(ミリアム・ヨン)が来日!

1031living1 東京国際映画祭で上映された香港映画『ファストフード店の住人たち(原題:麥路人)』で、主役の郭富城(アーロン・クォック)と楊千嬅(ミリアム・ヨン)が来日、舞台挨拶とQ&Aを行いました。
本作は定住する家がなく、24時間営業のファストフード店で夜を明かすいわゆる「Mac難民」たちを描いた物語です。初共演という郭富城と楊千嬅の二大スターに加え、萬梓良(アレックス・マン)、張達明(チャン・ダッミン)、鮑起靜(パオ・ヘイチン)ら豪華なベテランが脇を固めています。
監督は、これがデビュー作の黃慶勳(ウォン・シンファン)。長年鄭保瑞(ソイ・チョン)監督の助監督をつとめ、今回はその鄭保瑞がプロデューサーを務めています。

続きを読む "東京国際映画祭 香港映画『ファストフード店の住人たち(原題:麥路人)』で郭富城(アーロン・クォック)楊千嬅(ミリアム・ヨン)が来日!"

| | コメント (0)

2019/07/11

台北電影節 クロージングは中国映画『地久天長』、王小帥(ワン・シュアイ)監督登壇!

0711tff1 台北電影節では7月9日にクロージング作品としては中国映画『地久天長』を上映、王小帥(ワン・シュアイ)監督が來台して上映後のQ&Aを行いました。
本作は30年に渡りふたつの家庭を軸に親子や夫婦の人間模様を描き、主役の夫婦を演じた王景春(ワン・ジンチュン)と咏梅(ヨンメイ)が今年のベルリン国際映画祭でそれぞれ最優秀男優賞と女優賞を受賞しています。
台北電影節には7年ぶりに参加した王小帥監督、この映画は最近収束したひとりっ子政策の功罪を描きたいと思ったそうです。

続きを読む "台北電影節 クロージングは中国映画『地久天長』、王小帥(ワン・シュアイ)監督登壇! "

| | コメント (0)

2019/07/08

台北電影節 藍正龍(ラン・ジェンロン)初監督作『傻傻愛你,傻傻愛我』ワールドプレミア!

0708tff1 台湾の俳優藍正龍(ラン・ジェンロン)が監督デビューしたことで話題の『傻傻愛你,傻傻愛我』が台北電影節でワールドプレミアとなり、監督とキャストの郭書瑤(グォ・シューヤオ)が上映前に囲み取材を、上映後には主演のLeoも加わってQ&Aを行いました。
藍正龍はこれまでに主演作『電哪吒』でプロデューサーは経験していますが、メガホンを取るのは今回が初。脚本は徐譽庭(シュー・ユーティン)が手がけています。

続きを読む "台北電影節 藍正龍(ラン・ジェンロン)初監督作『傻傻愛你,傻傻愛我』ワールドプレミア!"

| | コメント (0)

2019/03/14

大阪アジアン映画祭、台湾映画『先に愛した人(原題:誰先愛上他的)』邱澤(ロイ・チウ)インタビューとQ&A!

0314roy1第14 回大阪アジアン映画祭【オーサカ Asia スター★アワード】に決定した、邱澤(ロイ・チウ)にインタビューしました。
個別インタビューは5年ぶりになりますが、上映後のQ&Aの前だった為ちょっと緊張気味かな、という感じを受けました。
大阪は久しぶりだという邱澤、今回は仕事以外でも楽しめる時間があると良いのですが…。

続きを読む "大阪アジアン映画祭、台湾映画『先に愛した人(原題:誰先愛上他的)』邱澤(ロイ・チウ)インタビューとQ&A!"

| | コメント (0)

2019/03/10

大阪アジアン映画祭、台湾映画『じゃあまたね(原題:楔子)』Q&Aと黄芝嘉(ポーリー・ホアン)監督・薛提縈(ティファニー・シュエ)インタビュー!

0310oaff1大阪アジアン映画祭3日目、台湾の短編映画『じゃあまたね(原題:楔子)』が上映され、黄芝嘉(ポーリー・ホアン)監督・薛提縈(ティファニー・シュエ)が来日してQ&Aが行われました。
そして、上映後にはお二人にインタビューも。
この映画は黄芝嘉監督の第一作で、大切な人々との思い出を綴ったストーリー。台湾らしい、人の思いや記憶がゆったりとした叙情的な映像で展開されます。国際的カメラマン李屏賓(リー・ピンビン)がエグゼクティブ・プロデューサーを務めているのも注目です。

続きを読む "大阪アジアン映画祭、台湾映画『じゃあまたね(原題:楔子)』Q&Aと黄芝嘉(ポーリー・ホアン)監督・薛提縈(ティファニー・シュエ)インタビュー!"

| | コメント (0)

2019/03/09

第14回大阪アジアン映画祭開幕!オープニング・セレモニーと香港映画『女は女である』Q&A

0309oaff1アジア映画ならここ!という大阪アジアン映画祭が8日に開幕しました。
18時30分から大阪市北区の阪急うめだホールでオープニング・セレモニーが行われ、『嵐電』の鈴木卓爾監督、出演の井浦新さん、大⻄礼芳さん、金井浩人さん、 『群山:鵞鳥を咏う』のチャン・リュル監督、『女は女である』のメイジー・グーシー・シュン監督、ミミ・ウォンプロデューサー、主演のトモ・ケリーさん、インディ・フォーラム部門『ココロ、オドル』の岸本司監督、主演の尚玄さん、『WHOLE』 の川添ビイラル監督、出演の川添ウスマンさん、海・星野・サンディーさん、『ピア〜まちをつ なぐもの〜』の綾部真弥監督、『いつか、どこかで』のリム・カーワイ監督、『浜辺 のゲーム』に出演の大塚奈々穂さんが登壇しました。

続きを読む "第14回大阪アジアン映画祭開幕!オープニング・セレモニーと香港映画『女は女である』Q&A"

| | コメント (0)

2018/11/05

Podcast 東京国際映画祭 香港映画『三人の夫』陳果(フルーツ・チャン)監督シンポジウム!

1030sanfu1東京国際映画祭コンペティション部門で上映された香港映画『三人の夫(原題:三夫)』の、陳果(フルーツ・チャン)監督、曾美慧孜(クロエ・マーヤン)、共同脚本の林(ラム・キートー )のQ&A音声をPodcast配信しました。

記事はこちら

インタビュー音声はこちら。

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

| | コメント (0)

2018/11/02

東京国際映画祭 香港映画『トレイシー(原題:翠絲)』と姜皓文(フィリップ・キョン)Q&A

1102tracy1東京国際映画祭で上映された香港映画『トレイシー』で、主演の姜皓文(フィリップ・キョン)が李駿碩(ジュン・リー)監督とともに1回目の上映時にQ&Aを行いました。
本作は、香港のアクション映画の名バイプレイヤーとして活躍する姜皓文がトランスジェンダーの役を演じ、LGBT問題を真正面から取り上げた優れたヒューマンドラマです。

続きを読む "東京国際映画祭 香港映画『トレイシー(原題:翠絲)』と姜皓文(フィリップ・キョン)Q&A"

| | コメント (0)

2018/10/30

東京国際映画祭 香港映画『三人の夫』陳果(フルーツ・チャン)監督シンポジウム

1030sanfu1東京国際映画祭コンペティション部門で上映された香港映画『三人の夫(原題:三夫)』で、陳果(フルーツ・チャン)監督が主演の曾美慧孜(クロエ・マーヤン)、共同脚本の林(ラム・キートー )と共にQ&Aを行いました。
2回目の上映(10月28日)は時間を拡大してのシンポジウムが行われ、活発な質疑応答が展開しました。

続きを読む "東京国際映画祭 香港映画『三人の夫』陳果(フルーツ・チャン)監督シンポジウム"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧