俳優

2020/02/17

幻の名作台湾映画『河豚』上映会大盛況!

0217fugu 詩人で映画監督の李啟源(リー・チーユエン)が2011年に発表した映画『河豚』が、9年の歳月を経て2月16日 にSpace & Cafe ポレポレ坐で日本初上映されました。
当日はあいにくの小雨模様の東京でしたが、会場は満席。
2日前に台湾政府の渡航注意の発表を受けて急遽来日が取り消しになった主演女優潘之敏(ヴィッキー・パン・ズーミン)も、スカイプをつないでの舞台挨拶、彼女が出演している日本映画『恋恋豆花』の今関あきよし監督やキャストの大島葉子も駆けつけて上映後に楽しいトークが展開されました。

続きを読む "幻の名作台湾映画『河豚』上映会大盛況!"

| | コメント (0)

2020/02/12

第三十九屆香港電影金像獎ノミネート発表!

0212hkfa 第三十九屆香港電影金像獎のノミネートが2月12日に発表され、曾國祥(デレク・ツァン)監督の「少年的你(少年の君」が作品、監督、脚本、主演男優、主演女優、新人ほかを含み最多12部門、次いで麥曦茵(ヘイワード・マック)監督の「花椒之味」が作品、監督、脚本、主演女優、助演女優など11部們にノミネートされました。この2作は3月の大阪アジアン映画祭で上映されます。
そして東京国際映画祭で上映した「麥路人(ファストフード店の住人たち)」は作品、主演男優、助演男優2,助演女優など10部門の候補になっています。

個人賞では主演男優賞に郭富城(アーロン・クォック)、古天樂(ルイス・クー)という常連のスターに演技派の太保(タイ・ボー)、若手の易烊千玺(イーヤン・チェンシー)と朱栢康(チュー・パッホン)が入りました。
主演女優賞は鄭秀文(サミー・チェン)が「花椒之味」と「聖荷西謀殺案」でダブルノミネート、「少年的你(少年の君」の周冬雨(チョウ・ドンユィ)、「金都(私のプリンス・エドワード)」の鄧麗欣(ステフィー・タン)という強力な女優陣の中で、「幻愛」の蔡思韵(セシリア・チョイ)が期待の若手として挑みます。

今年は大作ではなくアート系の佳作や優れたインディペンデント映画が評価され、香港映画人たちの気骨と努力が如実に表れたノミネートだと言えるでしょう。
また、今年は新型コロナウィルスの影響でノミネート記者会見は行われずリリース送付という形になり、発表授賞式は4月19日に行われる予定でしたが、5月に延期し従来の形式を変えて行うことになったそうです。

続きを読む "第三十九屆香港電影金像獎ノミネート発表!"

| | コメント (0)

2020/02/10

Podcast 台湾のエンターテイナー澎恰恰(ポン・チャアチャアインタビュー!

0201peng5 3月27日(金)〜29日(日)下北沢・本多劇場で上演される台湾オリジナルミュージカル『最後の夜(原題:麗晶卡拉OK的最後一夜)』の主役澎恰恰(ポン・チャアチャア)インタビューをPodcast配信しました。
オファーを受けた理由、初の女性役の役作りや日本公演に向けてほかを聞いています。

記事はこちら

インタビュー音声はこちら

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

| | コメント (0)

2020/02/03

Podcast『淪落の人(原題:淪落人)』黃秋生(アンソニー・ウォン)インタビュー!

0118akio4 新宿武蔵野館ほかで公開中の香港映画『淪落の人(原題:淪落人)』の黃秋生(アンソニー・ウォン)インタビューをPodcast配信しました。
オファーを受けた理由、撮影現場での様子、これからの香港映画の方向性についての意見ほかを聞いています。

記事はこちら

インタビュー音声はこちら

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

| | コメント (0)

2020/02/01

台湾のエンターテイナー澎恰恰(ポン・チャアチャア)のトークイベントとインタビュー!→【公演中止】3/1発表

0201peng13月27日(金)〜29日(日)下北沢・本多劇場で上演される台湾オリジナルミュージカル『最後の夜(原題:麗晶卡拉OK的最後一夜)』の主役澎恰恰(ポン・チャアチャア)が来日し、1月31日に誠品生活日本橋 でトークイベントが行われました。このイベントは、小劇場で10年20年活躍する40代男性俳優のみで構成する演劇集団「ゴツプロ!」と台湾のVM theater companyが共同主催するもので、本多劇場グループもプロジェクトに参加しています。そして、このイベントの前に、アジアンパラダイスでは澎恰恰のインタビューを行いました。

続きを読む "台湾のエンターテイナー澎恰恰(ポン・チャアチャア)のトークイベントとインタビュー!→【公演中止】3/1発表"

| | コメント (0)

2020/01/18

幻の台湾映画『河豚 Blowfish』2月16日に待望の日本初上映!(2/14修正)

台湾での長編デビュー作『チョコレート・ラップ(原題:巧克力重擊)』が 2005 年の東京国際映画祭に入選して以来、長編第 2 作の『ビュ ーティフル・クレイジー(原題:亂青春)』、最新作の『盗命師』と、自作のほとんどが日本で上映されている李啟源(リー・チーユエン)監督。
美術作品のごとき映像センスと、散文詩のように語られる作劇術に魅了されたファンは我が国にも少なくないのですが、彼のフィルモグラフィ で唯一、日本で一度も正式上映されていない作品が存在します。
「李啟源の最高傑作」ともいわれるその作品『河豚 Blowfish』が、9 年の 歳月を経て、ついに2月16日(日) Space & Cafe ポレポレ坐日本初上映されることとなりました。

続きを読む "幻の台湾映画『河豚 Blowfish』2月16日に待望の日本初上映!(2/14修正)"

| | コメント (0)

香港映画『淪落の人(原題:淪落人)』黃秋生(アンソニー・ウォン)インタビュー!

0118akio1 2月1日より新宿武蔵野館ほか全国順次公開になる香港映画『淪落の人(原題:淪落人)』の主役、黃秋生(アンソニー・ウォン)にインタビューしました。
取材場所は新宿のラグジュアリーホテル。最近こういった場所で取材する機会がほとんどないのですが、さすが香港を代表する名優で大スター。
準備をしながら今回の来日で美味しいものは食べたのかなどお聞きすると、「毎日こうやって朝から晩まで取材を受けているのだから、時間がないよ」と言いながらも、「昨夜配給会社の社長がご馳走してくれたのは美味かったなぁ」と笑っていました。

続きを読む "香港映画『淪落の人(原題:淪落人)』黃秋生(アンソニー・ウォン)インタビュー!"

| | コメント (0)

2020/01/14

台湾ドラマ『HIStory3 ~ラブ・トラップ』主演呉承洋(クリス・ウー)3月来日決定!

0114history1 これまでシリーズ合計3作を発表、各話が配信される度大人気となっている台湾発のBLウェブドラマ「HIStory」シリーズ。
そのシリーズ3作目「圏套(けんとう)~ラブ・トラップ」で、ヤクザのトップでクールなイケメン、タン・イーを演じて、アジア中を虜にしている俳優の呉承洋(クリス・ウー)の来日が決定しました。
ホワイトデーに「HIStory3 圏套(けんとう)~ラブ・トラップ」購入者限定のDVDお渡し会が開催致されます。

続きを読む "台湾ドラマ『HIStory3 ~ラブ・トラップ』主演呉承洋(クリス・ウー)3月来日決定!"

| | コメント (0)

2020/01/11

日本初上陸!台湾オリジナルミュージカル『最後の夜』を2020年3月下北沢・本多劇場にて上演! 主演・澎恰恰(ポン・チャアチャア)来日、1月31日(金)に誠品生活⽇本橋でトークイベントを開催!→【公演中止】3/1発表

0111saigo1 2020年3月27日(金)〜29日(日)下北沢・本多劇場にて、台湾の劇団VM theater companyの日本初上陸作品となる台湾オリジナルミュージカル『最後の夜(原題:麗晶卡拉OK的最後一夜)』を上演することが発表されました。
それに先がけ主演の澎恰恰(ポン・チャアチャア)が来日、1月31日(金)に誠品生活⽇本橋でトークイベントを開催します。
このトークイベントは参加無料で、予約方法は後日誠品生活日本橋HPイベントページにて告知されます。

続きを読む "日本初上陸!台湾オリジナルミュージカル『最後の夜』を2020年3月下北沢・本多劇場にて上演! 主演・澎恰恰(ポン・チャアチャア)来日、1月31日(金)に誠品生活⽇本橋でトークイベントを開催!→【公演中止】3/1発表"

| | コメント (0)

2019/12/16

追悼 高以翔(ガオ・イーシャン)

1216gao1 11月27日に、中国で浙江衛視の番組『追我吧』の収録中に倒れ、そのまま帰らぬ人なった高以翔(ガオ・イーシャン)のニュースがアジア中に流れました。
日本でも映画やドラマでよく知られ、プロモーションイベントで来日したこともあった為、多くの華流ファンが衝撃を受けたのですが、12月15日に台北で告別式が行われました。
親しかった藍鈞天(ギャビー・ラン)、丁春誠(ディン・チュンチェン)、姚元浩(ヤオ・ユエンハオ)、艾力克斯(アレックス·ニウ)、陳建州(ブラッキー・チェン)范瑋琪(ファン・ウェイチー)夫妻ほか大勢が参列し、会場内外の500人に見送られ金寶山の墓地に埋葬されたそうです。

私はこれまで2回インタビューしたことがあり、その思い出を綴ろうと思います。

続きを読む "追悼 高以翔(ガオ・イーシャン)"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧