俳優

2020/01/18

幻の台湾映画『河豚 Blowfish』2月16日に待望の日本初上映!主演女優潘之敏(ヴィッキー・パン・ズーミン)の来日トークも!

0118fugu1 台湾での長編デビュー作『チョコレート・ラップ(原題:巧克力重擊)』が 2005 年の東京国際映画祭に入選して以来、長編第 2 作の『ビュ ーティフル・クレイジー(原題:亂青春)』、最新作の『盗命師』と、自作のほとんどが日本で上映されている李啟源(リー・チーユエン)監督。
美術作品のごとき映像センスと、散文詩のように語られる作劇術に魅了されたファンは我が国にも少なくないのですが、彼のフィルモグラフィ で唯一、日本で一度も正式上映されていない作品が存在します。
「李啟源の最高傑作」ともいわれるその作品『河豚 Blowfish』が、9 年の 歳月を経て、ついに2月16日(日) Space & Cafe ポレポレ坐日本初上映されることとなりました。

続きを読む "幻の台湾映画『河豚 Blowfish』2月16日に待望の日本初上映!主演女優潘之敏(ヴィッキー・パン・ズーミン)の来日トークも!"

| | コメント (0)

香港映画『淪落の人(原題:淪落人)』黃秋生(アンソニー・ウォン)インタビュー!

0118akio1 2月1日より新宿武蔵野館ほか全国順次公開になる香港映画『淪落の人(原題:淪落人)』の主役、黃秋生(アンソニー・ウォン)にインタビューしました。
取材場所は新宿のラグジュアリーホテル。最近こういった場所で取材する機会がほとんどないのですが、さすが香港を代表する名優で大スター。
準備をしながら今回の来日で美味しいものは食べたのかなどお聞きすると、「毎日こうやって朝から晩まで取材を受けているのだから、時間がないよ」と言いながらも、「昨夜配給会社の社長がご馳走してくれたのは美味かったなぁ」と笑っていました。

続きを読む "香港映画『淪落の人(原題:淪落人)』黃秋生(アンソニー・ウォン)インタビュー!"

| | コメント (0)

2020/01/14

台湾ドラマ『HIStory3 ~ラブ・トラップ』主演呉承洋(クリス・ウー)3月来日決定!

0114history1 これまでシリーズ合計3作を発表、各話が配信される度大人気となっている台湾発のBLウェブドラマ「HIStory」シリーズ。
そのシリーズ3作目「圏套(けんとう)~ラブ・トラップ」で、ヤクザのトップでクールなイケメン、タン・イーを演じて、アジア中を虜にしている俳優の呉承洋(クリス・ウー)の来日が決定しました。
ホワイトデーに「HIStory3 圏套(けんとう)~ラブ・トラップ」購入者限定のDVDお渡し会が開催致されます。

続きを読む "台湾ドラマ『HIStory3 ~ラブ・トラップ』主演呉承洋(クリス・ウー)3月来日決定!"

| | コメント (0)

2020/01/11

日本初上陸!台湾オリジナルミュージカル『最後の夜』を2020年3月下北沢・本多劇場にて上演! 主演・澎恰恰(ポン・チャアチャア)来日、1月31日(金)に誠品生活⽇本橋でトークイベントを開催!

0111saigo1 2020年3月27日(金)〜29日(日)下北沢・本多劇場にて、台湾の劇団VM theater companyの日本初上陸作品となる台湾オリジナルミュージカル『最後の夜(原題:麗晶卡拉OK的最後一夜)』を上演することが発表されました。
それに先がけ主演の澎恰恰(ポン・チャアチャア)が来日、1月31日(金)に誠品生活⽇本橋でトークイベントを開催します。
このトークイベントは参加無料で、予約方法は後日誠品生活日本橋HPイベントページにて告知されます。

続きを読む "日本初上陸!台湾オリジナルミュージカル『最後の夜』を2020年3月下北沢・本多劇場にて上演! 主演・澎恰恰(ポン・チャアチャア)来日、1月31日(金)に誠品生活⽇本橋でトークイベントを開催!"

| | コメント (0)

2019/12/16

追悼 高以翔(ガオ・イーシャン)

1216gao1 11月27日に、中国で浙江衛視の番組『追我吧』の収録中に倒れ、そのまま帰らぬ人なった高以翔(ガオ・イーシャン)のニュースがアジア中に流れました。
日本でも映画やドラマでよく知られ、プロモーションイベントで来日したこともあった為、多くの華流ファンが衝撃を受けたのですが、12月15日に台北で告別式が行われました。
親しかった藍鈞天(ギャビー・ラン)、丁春誠(ディン・チュンチェン)、姚元浩(ヤオ・ユエンハオ)、艾力克斯(アレックス·ニウ)、陳建州(ブラッキー・チェン)范瑋琪(ファン・ウェイチー)夫妻ほか大勢が参列し、会場内外の500人に見送られ金寶山の墓地に埋葬されたそうです。

私はこれまで2回インタビューしたことがあり、その思い出を綴ろうと思います。

続きを読む "追悼 高以翔(ガオ・イーシャン)"

| | コメント (0)

2019/12/08

林柏宏(リン・ボーホン)インタビュー2019『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁(原題:冰峰暴)』

1208bohong1 先月の東京国際映画祭でワールド・プレミア上映され、11月15日より公開になった日中合作映画『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁(原題:冰峰暴)』のメインキャストをつとめた林柏宏(リン・ボーホン)のインタビューをお届けします。
本作は『フェイス/オフ』『M:I‐2』『レッドクリフ』シリーズなど世界的大ヒット作を多く手掛ける名プロデューサー張家振(テレンス・チャン)指揮のもと余非(ユー・フェイ)監督がメガホンをとり、役所広司、張静初(チャン・ジンチュー)、林柏宏(リン・ボーホン)によるアドベンチャー・アクション映画です。
エベレストの山頂に墜落した飛行機の機密文書をめぐり、救助隊とテロリストが死闘を繰り広げる中、ヘリコプターのパイロット役を演じた林柏宏、どんな気持ちで臨んだのか、役所広司との共演についてなど、色々語ってくれました。

続きを読む "林柏宏(リン・ボーホン)インタビュー2019『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁(原題:冰峰暴)』"

| | コメント (0)

2019/11/26

第五十六回金馬獎レポート〜受賞式&プレスセンター編

1125gfa1 11月23日に台北の國父記念館で行われた、第五十六回金馬獎の受賞式とプレスセンターでの様子をお伝えします。
まず、中国の不参加で色々取りざたされましたが、心配されたようなことは全くなく、優れた作品が並び決して“飛車角抜き”の戦いではないし、受賞式の盛り上がりもいつもと変わりなかったというのが私の印象です。
記事の最後にプレスセンターでの李安(アン・リー)の神対応について書いてありますので、それをお読みいただければと思います。

続きを読む "第五十六回金馬獎レポート〜受賞式&プレスセンター編"

| | コメント (0)

2019/11/24

第五十六回金馬獎レポート〜レッドカーペット編

1124lian 23日に行われた第五十六回金馬獎のレッドカーペットを飾った映画人たちを、写真メインでお伝えします。

まずはこの方!
世界の李安(アン・リー)、昨日の金馬奨についての素晴らしい受け答えはプレスセンターで拍手喝采!全文がFBで拡散されています。詳しくは金馬獎レポート〜受賞式編でお伝えしますが、台湾の至宝です。

続きを読む "第五十六回金馬獎レポート〜レッドカーペット編"

| | コメント (0)

2019/11/23

第五十六回金馬獎、作品賞は『陽光普照(ひとつの太陽)』!

1123gfa 11月23日に行われた第五十六回金馬獎で、作品賞は鍾孟宏(チョン・モンホン)監督の『陽光普照(ひとつの太陽)』に輝き、監督賞、陳以文(チェン・イーウェン)の主演男優賞、劉冠廷(リウ・グァンティン)の助演男優賞、編集賞も受賞しました。
主演女優賞は『熱帶雨』の楊雁雁(ヤン・イェンイェン)、助演女優賞は『我的靈魂是愛做的』の張詩盈 (チャン・シーイン)が獲得。
今年一番の興行成績で12部門にノミネートされていた『返校』は、新人監督賞、脚色賞、視覚効果賞、美術賞、オリジナル楽曲賞と、トロフィーの数は『陽光普照(ひとつの太陽)』に次ぐ5つでした。

続きを読む "第五十六回金馬獎、作品賞は『陽光普照(ひとつの太陽)』!"

| | コメント (0)

2019/11/22

第五十六回金馬獎ノミネート記者会見で観客賞と国際評論家賞発表!

1122gfa1 11月23日の金馬奨発表受賞式を前にノミネート記者会見が行われ、アウト・オブ・コンペの観客賞は鍾孟宏(チョン・モンホン)監督の『陽光普照(ひとつの太陽)』、国際評論家賞に謝沛如(シエ・ペイルー)監督の『大餓』が選ばれました。

そして、各賞のノミネート者(全員ではありません)がプレスセンターに登壇し、フォトセッションと囲み取材が行われました。
囲み取材はそれほど重要な内容ではなく、記者達と和気藹々のコミュニケーションの場、という感じですので写真だけ掲載します。
ノミネート一覧は、以下の記事をご覧下さい。

http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2019/10/post-28c711.html

続きを読む "第五十六回金馬獎ノミネート記者会見で観客賞と国際評論家賞発表!"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧