歌手

2020/01/11

日本初上陸!台湾オリジナルミュージカル『最後の夜』を2020年3月下北沢・本多劇場にて上演! 主演・澎恰恰(ポン・チャアチャア)来日、1月31日(金)に誠品生活⽇本橋でトークイベントを開催!→【公演中止】3/1発表

0111saigo1 2020年3月27日(金)〜29日(日)下北沢・本多劇場にて、台湾の劇団VM theater companyの日本初上陸作品となる台湾オリジナルミュージカル『最後の夜(原題:麗晶卡拉OK的最後一夜)』を上演することが発表されました。
それに先がけ主演の澎恰恰(ポン・チャアチャア)が来日、1月31日(金)に誠品生活⽇本橋でトークイベントを開催します。
このトークイベントは参加無料で、予約方法は後日誠品生活日本橋HPイベントページにて告知されます。

続きを読む "日本初上陸!台湾オリジナルミュージカル『最後の夜』を2020年3月下北沢・本多劇場にて上演! 主演・澎恰恰(ポン・チャアチャア)来日、1月31日(金)に誠品生活⽇本橋でトークイベントを開催!→【公演中止】3/1発表"

| | コメント (0)

2020/01/05

「Mayday Just Rock It!!!“藍 BLUE”」275,000人を動員して幕!

0105mayday1 アジアのスーパーバンド五月天(Mayday)が桃園國際棒球場で行った年をまたいで11日間のコンサート「Mayday Just Rock It!!!“藍 BLUE”」は、1月4日に大盛況のうちに幕を閉じました。
天気の良い日も大雨の日もありましたが、五月天の20年を振り返ったこのコンサートの動員数は275,000人。周辺のホテルや鉄道、飲食などその経済効果は6億台湾ドルと言われています。
毎回楽しみなゲストは、孫燕姿(ステファニー・ソン)、蕭敬騰(シャオ・ジンタン)、陶喆(デビッド・タオ)、周華健(エミール・チョウ)、蘇慧倫(ターシー・スー)らを迎えて楽しいお喋りとデュエットが展開されました。

続きを読む "「Mayday Just Rock It!!!“藍 BLUE”」275,000人を動員して幕!"

| | コメント (0)

2019/12/20

宇宙人(Cosmos People)東京・大阪のワンマンライブチケット12/21より一般発売スタート!

1220cosmosこの夏のツアーでは、北京、上海、広州、深圳など中国大陸の10都市を含むほぼすべての公演がソールドアウトとなった、台湾の3ピースバンド宇宙人(Cosmos People)。
日本は東京・大阪以外に初めて足を伸ばし、名古屋、福岡、仙台でのワンマンライブを敢行!
今、台湾のみならず中国大陸の若者からも熱狂的な支持を獲得し、日本各地にもその存在感が着実に浸透しつつあります。
来年2月には、台北最大のコンサートホールである台北アリーナでの初ワンマン公演を開催しますが、チケットは即日SOLD OUT! 。

その、スピンオフ公演ともいうべき、東京恵比寿リキッドルームおよび大阪JANUSでのワンマンライブチケットがいよいよ明日12/21(土)より各プレイガイドで一般発売いたします。
恵比寿リキッドルームは、宇宙人が日本で初めてパフォーマンスを行った記念すべきライブハウス。
今度はここにワンマンライブで再来する、その一段とスケールアップした彼らの姿を是非お見逃しなく!

続きを読む "宇宙人(Cosmos People)東京・大阪のワンマンライブチケット12/21より一般発売スタート!"

| | コメント (0)

2019/11/12

金馬影展 角頭音樂20年の歴史を綴ったドキュメンタリー映画『我不流行二十年』ワールドプレミア!

1112gff1 開催中の金馬影展で、11月10日に『我不流行二十年』が上映されました。
この映画は、台湾最大のインディーズ音楽レーベル角頭音樂の20年の歴史を綴ったドキュメンタリー映画で、創始者の張四十三(チャン・スーシーサン)、陳建年(チェン・ジエンニエン)、巴奈(バナ)、監督の龍男.以撒克.凡亞思(ロンナン・イサク・ファンガス)が上映後のQ&Aに登壇しました。

続きを読む "金馬影展 角頭音樂20年の歴史を綴ったドキュメンタリー映画『我不流行二十年』ワールドプレミア!"

| | コメント (0)

2019/10/28

Podcast 盧廣仲(クラウド・ルー)インタビュー2019 in 東京!

1025cloud4 12月11日にTSUTAYA O-EASTでワンマンライブを行う盧廣仲(クラウド・ルー)のインタビューをPodcast配信しました。
7月の台湾文化センターで行った上映&トークイベント『2003年ぼくの旅(原題:花甲大人轉男孩)』について、ライブについて聞いています。

記事はこちら

インタビュー音声はこちら

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

| | コメント (0)

2019/10/26

台湾映画『叱咤風雲』周杰倫(ジェイ・チョウ)作曲の主題歌MVメイキング発表!

1026race1 2019年末に台湾で公開予定の映画『叱咤風雲』は、周杰倫(ジェイ・チョウ)がエグゼクティブプロデューサーをつとめ、范逸臣(ファン・イーチェン)、曹佑寧(ツァオ・ヨウニン)、柯有倫(アラン・コー)らによりカーレースの世界を描く作品として話題を集めています。
この度周杰倫作曲、范逸臣、柯有倫が歌う主題歌「急速狂飆」のMVメイキングが発表されました。

続きを読む "台湾映画『叱咤風雲』周杰倫(ジェイ・チョウ)作曲の主題歌MVメイキング発表!"

| | コメント (0)

2019/10/25

盧廣仲(クラウド・ルー)インタビュー2019 in 東京

1025cloud1 12月11日にTSUTAYA O-EASTでワンマンライブを行う盧廣仲(クラウド・ルー)に、先日インタビューしました。
取材の前に7月の台湾文化センターで行った上映&トークイベント『2003年ぼくの旅(原題:花甲大人轉男孩)』がたいへんな人気で、申し込み開始から3分で満席になったことを伝えるととても喜んでくれ、その満面の笑みにはほんとうに癒されます。
今回の来日でもたくさんの取材を受けたようですが、アジアンパラダイスでは映画とライブ、両方についてお聞きしました。

続きを読む "盧廣仲(クラウド・ルー)インタビュー2019 in 東京"

| | コメント (0)

2019/08/19

「宇宙人」が上野に到来!9/28〜9「Taiwan Plus 2019 台湾新感覚」で!

0819twplus 台湾最大のコンサートホールである台北アリーナでのワンマンライブを来年2月に控え、今台湾音楽シーンでもっとも勢いのあるバンド「宇宙人(Cosmos People)」が、9月28日(土)、29日(日)、上野恩賜公園にて開催される台湾カルチャーフェスティバル「Taiwan Plus 2019 台湾新感覚」に、出演します。

本フェスティバルは昨年2日間で55,000人を動員、台湾グルメだけではなく、デザイン、音楽、ライフスタイル他、台湾カルチャーの最前線を、直に体感できるのが大きな魅力。
マーケットには50組ものローカルブランドが出店し、音楽ライブは「Taiwan Beats 台式CDショップ」をテーマに、総勢8組のアーティストが出演します。

続きを読む "「宇宙人」が上野に到来!9/28〜9「Taiwan Plus 2019 台湾新感覚」で!"

| | コメント (0)

2019/07/27

台湾映画上映&トークイベント〜台湾映画の"いま"〜オリジナリティと未来へ向けて日本で初上映の『2003年ぼくの旅(原題:花甲大人轉男孩)』笑って泣いた超満員の観客! 盧廣仲(クラウド・ルー)のショートインタビュー映像も!

0727event1 「台湾映画上映&トークイベント〜台湾映画の"いま"〜オリジナリティと未来へ向けて」第五回は、、2018年の旧正月映画で、瞿友寧(チュウ・ヨウニン)監督、盧廣仲(クラウド・ルー)主演の『2003年ぼくの旅(原題:花甲大人轉男孩)』をご覧いただきました。
2017年に大ヒットしたドラマ『お花畑から来た少年(原題:花甲男孩轉大人)』を、同じスタッフ・キャストで映画化して2018年の旧正月に公開した人情コメディで、興行収入も1億元を超えました。
本作は、ドラマのヒットを受けて製作された続編の為、ドラマを見た人に向けての作りになっています。ですので、日本での映画祭上映や一般公開には適していません。
他で見られない映画だからこそ台湾の伝統や文化、習慣、国民性を知ってもらおうと思いこのイベントで上映しましたが、貴重な機会ということもあり観客の皆さんにはたいへん満足していただけました。

続きを読む "台湾映画上映&トークイベント〜台湾映画の"いま"〜オリジナリティと未来へ向けて日本で初上映の『2003年ぼくの旅(原題:花甲大人轉男孩)』笑って泣いた超満員の観客! 盧廣仲(クラウド・ルー)のショートインタビュー映像も!"

| | コメント (0)

2019/06/29

第30回流行音樂金曲獎、蔡依林(ジョリーン・ツァイ)が年度アルバム賞と年度楽曲賞受賞!

0629gma2 第30回流行音樂金曲獎の受賞式が29日に行われ、年度アルバム賞は蔡依林(ジョリーン・ツァイ)の「Ugly Beauty」、年度楽曲獎も同アルバムの「玫瑰少年」に輝きました。
個人奨では新世代のノミネート者が並んだ北京語男性シンガー賞がLeo 王(レン・ワン)、北京語女性シンガー賞は若手を押さえて林憶蓮(サンディ・ラム)が選ばれました。

今年は30回という節目のためかパフオーマンスも豪華で、オープニングの陳奕迅(イーソン・チャン)、シンガポールから孫燕姿(ステファニー・ソン)がそれぞれ名曲の数々を、久々のS.H.Eは「十七」、日本から参加したゆずの蔡旻佑(イヴァン・ヨー)とのピアノとコラボで「栄光の架橋」、鄧紫棋、蔡依林ほか、素敵なステージが展開されました。

そして、特別貢獻獎のプレゼンター任將達(レン・ジャンダー)と、バンド奨を受賞した閃靈(ソニック)のフレディが『香港加油!』と言っていたのが印象的でした。

続きを読む "第30回流行音樂金曲獎、蔡依林(ジョリーン・ツァイ)が年度アルバム賞と年度楽曲賞受賞!"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧