金馬奨

2018/11/17

第五十五回金馬獎、作品賞は『大象席地而坐(象は静かに座っている)』! 主演男優&女優賞は徐崢(シュー・ジェン)と謝盈萱(シエ・インシュエン)!

1117jinma211月17日に台北の國父記念館で第五十五回金馬獎の発表受賞式が行われ、最優秀作品賞に胡波(フー・ボー)監督の『大象席地而坐(象は静かに座っている)』が輝きました。
主演男優賞は『我不是藥神』の徐崢(シュー・ジェン)、主演女優賞は『誰先愛上他的』の謝盈萱(シエ・インシュエン)、助演男優賞は『翠絲(トレイシー)』の袁富華(ベン・ユエン)、助演女優賞は『幸福城市』の丁寧(ディン・ニン)、新人賞は『只有大海知道(海だけが知っている)』の鍾家駿(ジョン・ジアジュン)が獲得しました。
また、監督賞は『影』で張藝謀(チャン・イーモウ)が金馬奨初ノミネートで初受賞でした。

続きを読む "第五十五回金馬獎、作品賞は『大象席地而坐(象は静かに座っている)』! 主演男優&女優賞は徐崢(シュー・ジェン)と謝盈萱(シエ・インシュエン)!"

| | コメント (0)

2018/11/16

金馬奨アウト・オブ・コンペ、国際批評家賞は『迫り来る嵐(原題:暴雪將至)』、観客賞は『象は静かに座っている(原題:大象席地而坐)』!

1116jinma117日行われる第55回金馬奨の発表受賞室の前日、入圍酒會(ノミネート・パーティ)でアウト・オブ・コンペの2つが発表されるのですが、国際批評家賞は日本で1月5日公開の『迫り来る嵐(原題:暴雪將至)』、観客賞はフィルメックスで上映される『象は静かに座っている(原題:大象席地而坐)』が受賞しました。
また、スポンサーアワード伯爵年度優秀獎には、岩井俊二監督の『你好,之華』が選ばれました。

このパーティにはノミネート者のほぼ全員が参加し交流を深めるのが目的で、プレスセンターに待機する我々メディアの前に順番に登場してノミネートの喜びや感想を語ってくれます。
明日の受賞式では受賞者しかプレスセンターに来ないので、多くのノミネート者を取材できる貴重な機会です。

続きを読む "金馬奨アウト・オブ・コンペ、国際批評家賞は『迫り来る嵐(原題:暴雪將至)』、観客賞は『象は静かに座っている(原題:大象席地而坐)』!"

| | コメント (0)

2018/10/01

第五十五回金馬獎ノミネート発表!

0510shei10月1日、第五十四回金馬獎のノミネート発表会見が行われ、李千娜(リー・チエンナ)と蔡凡熙(ツァイ・ファンシー)が各賞のノミネートを発表しました。
今年は667本のエントリー作品の中から、張藝謀(チャン・イーモウ)監督の中国映画『影』が作品、監督、主演男優、主演女優、脚色、撮影、視覚効果、美術、デザイン、アクション、音効、オリジナル音楽の12部門ノミネートで最多。
続いて台湾映画『誰先愛上他的』が作品、主演男優、主演女優、新人監督、新人、脚本、編集、オリジナル主題歌の8部門、中国映画『我不是藥神』の作品、主演男優、助演男優、新人監督、脚本、デザイン、編集の7部門がノミネートされました。

続きを読む "第五十五回金馬獎ノミネート発表!"

| | コメント (0)

2018/07/31

2018金馬影展のオープニング&クロージング作品決定! 中国の若手監督畢贛(ビー・ガン)と蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)の新作!

0731jinma111月に開催される2018金馬影展のオープニングとクロージング作品が、昨日発表されました。
オープニングは、2015年の金馬奨で『路邊野餐』により監督賞を受賞した中国の若手監督畢贛(ビー・ガン)の『地球最後的夜晚』。
クロージングが、今年のベネチア国際映画祭にも出品された蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)監督の『你的臉』です。

続きを読む "2018金馬影展のオープニング&クロージング作品決定! 中国の若手監督畢贛(ビー・ガン)と蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)の新作!"

| | コメント (0)

2017/12/06

第54回金馬獎〜プレスセンター受賞者編

1203gh1今年の金馬獎は、既報の通り二年ぶりに台湾映画の圧勝に終わりました。
特に後半に『阿莉芙』『大佛普拉斯』『血觀音』が出てきて、これが金馬奨で大健闘し、『大佛普拉斯』は10部門ノミネート中黃信堯(ホアン・シンヤオ)の新人監督賞、撮影賞、脚色賞、最優秀オリジナル音楽賞、最優秀オリジナル楽曲賞の5部門制覇。
楊雅喆(ヤン・ヤージャ)監督の『血觀音』は作品賞、惠英紅(カラ・ワイ)が主演女優賞、文淇(ウェン・チー)の助演女優賞、観客賞で、惠英紅は香港の人ですが、文淇は台湾生まれの北京育ちです。
そして助演男優賞が『阿莉芙』の陳竹昇(チェン・ジューシェン)、新人賞に『強尼.凱克』の瑞瑪席丹(ルイマー・ジータン)が選ばれたことでも台湾勢の奮闘ぶりがよく表れています。

続きを読む "第54回金馬獎〜プレスセンター受賞者編"

| | コメント (0)

2017/11/30

第54回金馬獎レッドカーペット!

1130gh111月25日に台北の國父記念館で行われた第54回金馬獎、あいにくの雨模様でしたが沿道にはカッパを着たファンの方がギッシリ。
2年前の惨状を反省してか、去年からカメラ席にも屋根がつくようになったので取材するにあたっては問題ありません。
ただ、今年はゲストが10組ほど多いということで、レッドカーペットの開始は30分繰り上がりました。
トップは金馬奨主席の張艾嘉(シルヴィア・チャン)、堂々のウォーキングです。

続きを読む "第54回金馬獎レッドカーペット!"

| | コメント (0)

2017/11/26

第五十四回金馬獎は台湾映画『血觀音』『大佛普拉斯』が大奮闘!

1125jinma111月25日に台北の國父記念館で第五十四回金馬獎の発表受賞式が行われ、最優秀作品賞に楊雅喆(ヤン・ヤージャ)監督の『血觀音』が輝きました。この作品では、惠英紅(カラ・ワイ)が主演女優賞に、文淇(ウェン・チー)が助演女優賞に選ばれ、アウト・オブ・コンペティションの観客賞も受賞しています。
また、最多ノミネートだった『大佛普拉斯』は、新人監督賞、撮影賞、脚色賞、最優秀オリジナル音楽賞、最優秀オリジナル楽曲賞の5冠を獲得し、助演男優賞が『阿莉芙』の陳竹昇(チェン・ジューシェン)、新人賞に『強尼.凱克』の瑞瑪席丹(ルイマー・ジータン)が受賞するという、台湾映画が大奮闘した結果になりました。

続きを読む "第五十四回金馬獎は台湾映画『血觀音』『大佛普拉斯』が大奮闘!"

| | コメント (0)

2016/12/13

第53回金馬獎頒獎典禮〜林柏宏(リン・ボーホン)助演男優賞受賞編

1213bohong1既報のように第53回金馬獎は中国映画の圧勝という結果でしたが、その中で健闘した林柏宏(リン・ボーホン)の助演男優賞受賞についてあらためてお伝えしたいと思います。
今年の台湾映画は残念ながら飛び抜けた秀作が少なく、技術面の賞ではなく作品として結果を出したのはドキュメンタリー作品賞の『日曜日式散步者』のみでした。
林柏宏が評価の対象となった『六弄咖啡館』は、彼の助演男優賞だけがノミネートされていました。

続きを読む "第53回金馬獎頒獎典禮〜林柏宏(リン・ボーホン)助演男優賞受賞編"

| | コメント (0)

2016/12/11

第53回金馬獎頒獎典禮〜プレスセンター受賞者編

1211jinma1第53回金馬獎の結果はすでにお伝えしたように、作品賞をはじめ個人賞の主なものは中国映画が獲得しました。
授賞式直後、台湾メディアは嘆きと怒りの報道をし、台湾映画ファンはがっかりしたのですが、それだけ中国映画のノミネート作品が優れていたということです。
しかし、その中で新世代の若手俳優林柏宏(リン・ボーホン)が助演男優賞を獲得したことは、台湾映画界の未来にとってたいへん意義深いと思います。
では、受賞後にトロフィーを持ってプレスセンターに来た主な受賞者の様子やスピーチをお届けします。

続きを読む "第53回金馬獎頒獎典禮〜プレスセンター受賞者編"

| | コメント (0)

2016/12/10

第53回金馬獎頒獎典禮〜レッドカーペット編

1210jinma1第53回金馬獎の授賞式は、11月26日に台北の国父記念館で行われました。昨年は雨で出席者もメディアもたいへんだった為、今年はレッドカーペットも撮影席もすべて屋根付きで安心して取材に臨めました。
今年もウォーキングの前にレッドカーペットの司会者のフォトコールです。初の抜擢となった辰亦儒(ケルビン)が満面の笑みを浮かべて楊千霈(ヤン・チエンペイ)とポージング。受賞式司会者の陶子(タオズ)はウォーキングなしというのは珍しい現象でした。

続きを読む "第53回金馬獎頒獎典禮〜レッドカーペット編"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧