台北電影節

2018/05/19

2018第20屆台北電影節 特別上映作品発表!

0519tff6月28日から開催される第20屆台北電影節の特別上映作品が、17日に発表されました。
短編小説を映画化した学園ホラー『藍色項圈』、90年代の台湾ロックを背景にした音楽映画『搖滾樂殺人事件』、そして劉若英(レネ・リウ)が初監督した中国映画『後來的我們』です。

続きを読む "2018第20屆台北電影節 特別上映作品発表!"

| | コメント (0)

2018/05/14

2018第20屆台北電影獎ノミネート発表!

0514tff第20屆台北電影獎のノミネートが15日に発表され、長編劇映画部門には『阿莉芙』『血觀音』『烏鴉燒』『誰先愛上他的』『范保德』『角頭2:王者再起』『海人魚』『紅衣小女孩2』『十年台灣』『小美』が入選しました。
今年は311作がエントリーし、半数以上の監督が初ノミネート、短編とアニメーションはこれまで最多のエントリー数だったそうです。

続きを読む "2018第20屆台北電影獎ノミネート発表!"

| | コメント (0)

2018/05/13

2018台北電影節「亞洲稜鏡(アジアン・プリズム)」に意欲作がラインナップ!

0513tff台北電影節の部門のひとつ亞洲稜鏡(アジアン・プリズム)では、今年日本、韓国、香港、タイ、インドネシアから6作品を選び、その内容が発表されました。
香港金像奨を席巻した『大樹は風を招く(原題:樹大招風)』『十年』の歐文傑(ジェボンズ・アウ)の単独初長編作『非同凡響』や、ベルリン国際映画祭にも招待された富名哲也の長編初監督作『Blue Wind Blows』(日本)など期待作が並びます。

続きを読む "2018台北電影節「亞洲稜鏡(アジアン・プリズム)」に意欲作がラインナップ!"

| | コメント (0)

2018/05/10

2018台北電影節国際新人監督コンペのノミネート発表!邱澤(ロイ・チウ)主演作も

0510tff12018台北電影節國際新導演競賽(国際新人監督コンペティション)のノミネートが8日に発表され、88ヶ国、553作品の中から12作が選ばれました。
台湾からは名脚本家として知られる徐譽庭(シュー・ユーティン)と許智彥(シュー・ツーイエン)共同監督作『誰先愛上他的』と、黃榮昇(ホアン・ロンシェン)監督の『小美』がノミネートされました。

続きを読む "2018台北電影節国際新人監督コンペのノミネート発表!邱澤(ロイ・チウ)主演作も"

| | コメント (0)

2018/05/03

第20屆台北電影節のオープニングは蕭雅全(シャオ・ヤーチュエン)監督の『范保德』、クロージングは吳慷仁(ウー・カンレン)主演『引爆點』に決定!

0502tff1第20屆台北電影節のオープニングとクロージング作品が、本日発表されました。
オープニングは蕭雅全(シャオ・ヤーチュエン)監督の父と子と情愛を描いた『范保德』、前作『台北カフェストーリー(原題:第36個故事)』から8年ぶりの新作です。
一方クロージングは、莊景燊(ジャン・ジンラー)監督で吳慷仁(ウー・カンレン)主演の社会派ミステリー『引爆點』。

続きを読む "第20屆台北電影節のオープニングは蕭雅全(シャオ・ヤーチュエン)監督の『范保德』、クロージングは吳慷仁(ウー・カンレン)主演『引爆點』に決定!"

| | コメント (0)

2018/05/01

第20屆台北電影節のイメージムービーは黃信堯(ホアン・シンヤオ)監督が!

0501tff1今年で20回を迎える台北電影節のイメージムービーは『大佛普拉斯』などの黃信堯(ホアン・シンヤオ)監督が担当、『大佛普拉斯』のメインキャスト陳竹昇(チェン・ジンチュー)と莊益增(ジュアン・イーゼン)、蔡燦得(ツァイ・サンダ)、そして張少懷(チャン・シャオファイ)と雷婕熙(レイ・ジエシー)、陳以文(チェン・イーウェン)が出演しています。
さらに魏徳聖(ウェイ・ダーシェン)監督と個性派の映画評論家である李幼鸚鵡鵪鶉もゲスト参加。
この20年の様々な映画のタイトルが台詞や名前に盛り込まれ、黃信堯監督らしいユーモアにあふれた一遍です。

続きを読む "第20屆台北電影節のイメージムービーは黃信堯(ホアン・シンヤオ)監督が!"

| | コメント (0)

2017/08/07

Podcast 吳慷仁(ウー・カンレン)インタビュー in 台北2017!

0626kanrenいま台湾で一番旬の俳優吳慷仁(ウー・カンレン)のインタビュー前編をPodcast配信しました。
台北電影節の大使に選ばれたこと、今回主演男優賞受賞の対象となった映画『白蟻』への取り組み、俳優としてのスタンスなどについて語っています。

記事はこちら

インタビュー音声はこちら。

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

| | コメント (0)

2017/07/18

2017台北電影獎受賞式レポート

0718tff1今年の台北電影節は期待作が少なくかなり地味なラインナップでしたが、受賞式で主演男優賞を吳慷仁(ウー・カンレン)が、主演女優賞を尹馨(イン・シェン)が獲得したのは納得のうれしい結果でした。
今回3年ぶりに吳慷仁にインタビューし、この3年のステップアップが大きいと記事に書きましたが、この受賞でさらに高みに登りました。テレビのアワード金鐘奨で一昨年助演男優賞、去年主演男優賞、そして今年台北電影獎で主演男優賞ですから、凄いスピードです。今後は映画中心に俳優活動をしていくと言っていたので、今回の受賞はかなり励みになったのではないかと思います。
映画大使をつとめ主演男優賞獲得と、今年の台北電影節はまるで"吳慷仁祭り"。

続きを読む "2017台北電影獎受賞式レポート"

| | コメント (0)

2017/07/15

2017台北電影獎『大佛普拉斯』が大勝利!主演男女優賞に吳慷仁(ウー・カンレン)と尹馨(イン・シェン)!

0715tff17月15日に行われた第19回台北電影獎発表受賞式で、独特のブラックユーモアと台湾の生命力のみなぎる『大佛普拉斯』が最高賞の100万元大賞ほか長編劇映画賞、編集賞、音楽賞、美術デザイン賞の5部門でトロフィーを獲得しました。
主演男優賞は現代社会が抱える闇と正義感を描いた『白蟻-慾望謎網』の吳慷仁(ウー・カンレン)、主演女優賞に『川流之島』で社会の片隅で必死に生きるシングルマザーを演じた尹馨(イン・シェン)が選ばれました。
また、助演男優賞は『強尼.凱克』で26才の若手俳優黄遠(ホアン・ユエン)が、助演女優賞は『順雲』の劉引商(リウ・インシャン)が80才で初受賞でした。
そして、観客賞はえん罪で16年収監されていた男が無罪を勝ち取るまでを記録したドキュメンタリー『徐自強的練習題』に輝きました。

続きを読む "2017台北電影獎『大佛普拉斯』が大勝利!主演男女優賞に吳慷仁(ウー・カンレン)と尹馨(イン・シェン)!"

| | コメント (0)

2017/07/14

2017台北電影獎、アウト・オブ・コンペ「社會公義獎」を発表!『徐自強的練習題』と『白蟻-慾望謎網』の二作!

0714tff12017台北電影獎は明日15日に発表受賞式が行われますが、今日アウト・オブ・コンペ「社會公義獎」の設置と受賞作を発表しました。
これは「全國自主勞工聯盟等公民團體」の発案によるもので、台北電影獎ノミネート40作の中から大衆に向けて社会正義の喚起に貢献した作品15作を選び、社會公義獎の審査員の投票でドキュメンタリーの『徐自強的練習題』と、劇映画『白蟻-慾望謎網』がその栄冠に輝きました。

続きを読む "2017台北電影獎、アウト・オブ・コンペ「社會公義獎」を発表!『徐自強的練習題』と『白蟻-慾望謎網』の二作!"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧