映画祭

2018/08/23

アジアフォーカス・福岡国際映画祭第2弾 ラインナップ発表!

1823fff9月15日(土)〜23日(日) に開催される、アジアフォーカス・福岡国際映画祭のラインナップ第2弾が発表になりました。
フィリピン映画百年を記念しての【フィリピン映画特集~聖なるカオスに魅せられて~】は、国際交流基金アジアセンターと共催で今後のフィリピ ン映画を担う若手の傑作を紹介。
また、すでに大家族が崩壊した今日の家族を壊れものとして凝視する作品に的を絞り、家族が崩壊するかしないかギリギリの状況で生きる人間 たちを、映画というフレームで凝視する傑作を集めた【日本映画特集:~壊れものとしての家族~】です。

続きを読む "アジアフォーカス・福岡国際映画祭第2弾 ラインナップ発表!"

| | コメント (0)

2018/08/10

台湾映画『幸福城市』トロント国際映画祭に出品、石頭(Stone)が特別出演!

0810xinfu1カンヌ国際映画祭で短編2作の受賞経験があり、2010年に『台北星期天』で金馬奨の新人監督賞を獲得した何蔚庭(ハー・ウェイティン)監督の新作『幸福城市』が、トロント国際映画祭のコンペに参加することが発表されました。
監督の8年ぶりとなる本作には、李鴻其(リー・ホンチー)、高捷(ガオ・ジエ)、丁寧(ディン・ニン)、尹馨(イン・シン)らに加え、五月天(Mayday)の石頭(Stone)もゲスト出演するそうです。

続きを読む "台湾映画『幸福城市』トロント国際映画祭に出品、石頭(Stone)が特別出演!"

| | コメント (0)

2018/08/01

アジアフォーカス・福岡国際映画祭 2018 ラインナップ第1弾発表!

0510xiaomei9月14日から23日まで開催される「アジアフォーカス・福岡国際映画祭 2018」のラインナップ第1弾15作が、7月31日に発表されました。イラン、カザフスタン、インド、インドネシア、タイ、マレーシア、ベトナム、フィリピン、中国、香港、台湾、ミャンマーから新作と話題作がずらり。
台湾からは、7月の台北電影節でお披露目されたばかりの『小美(シャオメイ)』、音楽をモチーフにした香港のクライム・ロマンス・コメディ『大楽師』、フィリピンの繊細な少女心をユニークに描く『なぁばす・とらんすれいしょん』など、期待のラインナップです。

続きを読む "アジアフォーカス・福岡国際映画祭 2018 ラインナップ第1弾発表!"

| | コメント (0)

2018/07/31

2018金馬影展のオープニング&クロージング作品決定! 中国の若手監督畢贛(ビー・ガン)と蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)の新作!

0731jinma111月に開催される2018金馬影展のオープニングとクロージング作品が、昨日発表されました。
オープニングは、2015年の金馬奨で『路邊野餐』により監督賞を受賞した中国の若手監督畢贛(ビー・ガン)の『地球最後的夜晚』。
クロージングが、今年のベネチア国際映画祭にも出品された蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)監督の『你的臉』です。

続きを読む "2018金馬影展のオープニング&クロージング作品決定! 中国の若手監督畢贛(ビー・ガン)と蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)の新作!"

| | コメント (0)

2018/07/17

2018台北電影獎授賞式レポート!

0717tff12018台北電影獎は、既報の通り『誰先愛上他的』が長編劇映画賞、主演男女優賞、メディア推薦賞、國際新導演競賽(国際新人監督コンペティション)の観客賞の五冠に輝き、大勝者となりました。
そして100万元大賞とアニメーション映画賞をダブル受賞したのは『幸福路上(邦題:オン ハピネス ロード)』。2013年に台北電影獎でアニメーション映画賞を受賞した12分の短編を長編化した作品です。
アメリカに渡って成功を収めた女性が祖母の死をきっかけにふるさと台湾の家族のもとへ戻り、子供の頃の懐かしい思い出とともに人生や家族の意味を考え始めるというストーリー。ヒロインの個人史とそこに散りばめられる台湾近代史の中で自分の幸せを探す等身大のヒロイン像が、とても素敵です。
このヒロインには宋欣穎(ツォン・シンイン)監督の実体験も反映されているそうで、アニメーションという手法を使いながらもそのリアリティーに心をつかまれます。
監督は「私はこの作品を、幸せを求めるすべての台湾人に捧げたいと思います」と語りました。

続きを読む "2018台北電影獎授賞式レポート!"

| | コメント (0)

2018/07/14

2018台北電影獎、長編劇映画賞の『誰先愛上他的』が邱澤(ロイ・チウ)と謝盈萱(シェ・インシュアン)主演男女優賞も獲得!100万元大賞はアニメーション『幸福路上』に!

0714tff17月14日に行われた第20回台北電影獎発表受賞式で、台湾の名脚本家徐譽庭(シュー・ユーティン)と若手の許智彥(シュー・ツーイエン)共同監督作による『誰先愛上他的』が、國際新導演競賽(国際新人監督コンペティション)の観客賞に続き、主役の邱澤(ロイ・チウ)と謝盈萱(シェ・インシュアン)が主演男女優を獲得、さらに長編劇映画賞、メディア推薦賞の五冠に輝きました。
そして、100万元大賞はアニメーション『幸福路上』が受賞しました。
監督賞は『范保德』の蕭雅全(シャオ・ヤーチュエン)、新人賞は『阿莉芙』の舞炯恩(ウージョンアン)でした。

続きを読む "2018台北電影獎、長編劇映画賞の『誰先愛上他的』が邱澤(ロイ・チウ)と謝盈萱(シェ・インシュアン)主演男女優賞も獲得!100万元大賞はアニメーション『幸福路上』に!"

| | コメント (0)

2018/06/11

台北電影節20週年特展で『海角七號』の魏徳聖(ウェイ・ダーシェン)監督とキャストが勢揃い!

0611tff1今年20周年を迎える台北電影節はこれを記念して特別展示会を実施、8日に剝皮寮の史跡で開幕記者会見が行われました。
この会見に2008年に台北電影奨の百万元大賞を獲得した『海角七號(邦題:海角七号 君想う国境の南 )』の魏徳聖(ウェイ・ダーシェン)監督と、キャストの范逸臣(ファン・イーチェン)、田中千繪、馬如龍(マー・ルーロン)、沛小嵐(ペイ・シャオラン)、馬念先(マー・ニエンシェン)が参加して、無料上映会も行われました。

続きを読む "台北電影節20週年特展で『海角七號』の魏徳聖(ウェイ・ダーシェン)監督とキャストが勢揃い!"

| | コメント (0)

2018/06/04

第13回大阪アジアン映画祭で上映された香港映画『青春の名のもとに』の譚惠貞(タム・ワイジェン)監督インタビュー!

0410tan4第13回大阪アジアン映画祭で上映された香港映画『青春の名のもとに』の譚惠貞(タム・ワイジェン)監督インタビューをPodcast配信しました。
製作の経緯、プロデュースも買って出てくれた劉嘉玲(カリーナ・ラウ)の出演、そして映画体験の原点についてほか語っています。

記事はこちら

インタビュー音声はこちら。

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

| | コメント (0)

2018/05/28

Podcast 第13回大阪アジアン映画祭で上映された香港映画『どこか霧の向こう』の主役 梁雍婷(レイチェル・リョン)インタビュー!

0408lian4第13回大阪アジアン映画祭で上映された香港映画『どこか霧の向こう』の主演女優 梁雍婷(レイチェル・リョン)のインタビューをPodcast配信しました。
出演の経緯、難しい役へのアプローチ、共演の鄧麗欣(ステフィー・タン)についてほか語っています。

記事はこちら

インタビュー音声はこちら。

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

| | コメント (0)

2018/05/19

2018第20屆台北電影節 特別上映作品発表!

0519tff6月28日から開催される第20屆台北電影節の特別上映作品が、17日に発表されました。
短編小説を映画化した学園ホラー『藍色項圈』、90年代の台湾ロックを背景にした音楽映画『搖滾樂殺人事件』、そして劉若英(レネ・リウ)が初監督した中国映画『後來的我們』です。

続きを読む "2018第20屆台北電影節 特別上映作品発表!"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧