映画祭

2019/07/14

2019台北電影奨受賞式に見るベテランと新人 21年目の新たな出発

0714tff1 7月13日に2019台北電影奨の発表受賞式が行われ、21年目を迎えそのスタイルを大きく変えて新たなスタートを切りました。
これまでノミネートは作品のみで個人賞はノミネート制をとらないのが本賞の特色で、全対象作品の中から誰が選ばれるのかが楽しみでした。
しかし、今年から全賞がノミネート制になり多くの映画賞と同じシステムになりました。
そしてこれまでジャンルごとに10作のノミネートが、半分の5作になったのも大きな変化です。

続きを読む "2019台北電影奨受賞式に見るベテランと新人 21年目の新たな出発"

| | コメント (0)

2019/07/13

2019 台北電影獎 最高賞の百萬元大賞は短編映画『去年火車經過的時候』! 『老大人』が長編劇映画賞、主演男優賞、助演女優賞、撮影賞の四冠!

0713tfm 2019台北電影獎の発表受賞式が13日に台北の中山堂で行われ、短編映画『去年火車經過的時候』が短編映画賞と最高賞の百萬元大賞を獲得しました。
長編劇映画賞は老人と家族を描いた『老大人』で、小戽斗(ショウフードゥ)が主演男優賞、黃嘉千(ホアン・ジャーチエン)の助演女優賞も獲得。
主演女優賞は『帶媽媽出去玩』の劉引商(リウ・インシャン)と『野雀之詩』の李亦捷(リー・イージエ)の2人受賞。
そして、蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)監督の『你的臉』がドキュメンタリー映画賞と監督賞、音楽の坂本龍一も受賞しました。

続きを読む "2019 台北電影獎 最高賞の百萬元大賞は短編映画『去年火車經過的時候』! 『老大人』が長編劇映画賞、主演男優賞、助演女優賞、撮影賞の四冠!"

| | コメント (0)

2019/07/11

台北電影節 國際新導演競賽(新人監督コンペ)観客賞受賞作『大餓』ワールドプレミア!

0712tff1 6月27日から開催されていた台北電影節も、今日で閉幕しました。
最後に、國際新導演競賽(新人監督コンペ)で観客賞を受賞した台湾映画『大餓』をご紹介したいと思います。
本作はぽっちゃり女性が直面するダイエットと心模様、アイデンティティーを描いた映画で、主演の蔡嘉茵(ツァイ・ジャーイン)は、13日に発表受賞式が行われる台北電影奨の新人賞にノミネートされています。
6月30日に行われたワールドプレミアには、監督の謝沛如(シエ・ペイルー)、キャストの蔡嘉茵、張耀仁(チャン・ヤオレン)、柯淑勤(クー・シュウチン)、謝祖武(シエ・ズーウー)が登壇しました。

続きを読む "台北電影節 國際新導演競賽(新人監督コンペ)観客賞受賞作『大餓』ワールドプレミア!"

| | コメント (0)

台北電影節 クロージングは中国映画『地久天長』、王小帥(ワン・シュアイ)監督登壇!

0711tff1 台北電影節では7月9日にクロージング作品としては中国映画『地久天長』を上映、王小帥(ワン・シュアイ)監督が來台して上映後のQ&Aを行いました。
本作は30年に渡りふたつの家庭を軸に親子や夫婦の人間模様を描き、主役の夫婦を演じた王景春(ワン・ジンチュン)と咏梅(ヨンメイ)が今年のベルリン国際映画祭でそれぞれ最優秀男優賞と女優賞を受賞しています。
台北電影節には7年ぶりに参加した王小帥監督、この映画は最近収束したひとりっ子政策の功罪を描きたいと思ったそうです。

続きを読む "台北電影節 クロージングは中国映画『地久天長』、王小帥(ワン・シュアイ)監督登壇! "

| | コメント (0)

2019/07/08

台北電影節 藍正龍(ラン・ジェンロン)初監督作『傻傻愛你,傻傻愛我』ワールドプレミア!

0708tff1 台湾の俳優藍正龍(ラン・ジェンロン)が監督デビューしたことで話題の『傻傻愛你,傻傻愛我』が台北電影節でワールドプレミアとなり、監督とキャストの郭書瑤(グォ・シューヤオ)が上映前に囲み取材を、上映後には主演のLeoも加わってQ&Aを行いました。
藍正龍はこれまでに主演作『電哪吒』でプロデューサーは経験していますが、メガホンを取るのは今回が初。脚本は徐譽庭(シュー・ユーティン)が手がけています。

続きを読む "台北電影節 藍正龍(ラン・ジェンロン)初監督作『傻傻愛你,傻傻愛我』ワールドプレミア!"

| | コメント (0)

2019/07/06

台北電影節で青春映画『陪你很久很久』がワールドプレミア!

0706tff1 7月5日、台北電影節で小説「領跑員」を映画化した青春ストーリー『陪你很久很久』がワールドプレミアとして上映されました。
原作は中国の人気作家宋小君(ツォン・シャオジュン)の短編ですが、これが長編初作品となる賴孟傑(ライ・モンジェ)が監督、主演は李安(アン・リー)の息子でハリウッド映画にも出演している李淳(メイソン・リー)、ヒロインに進境著しい邵雨薇(シャオ・ユーウェイ)、台北の名門女子校のミューズと呼ばれ人気の蔡瑞雪(ツァイ・ルイシュエ)が上映後のQ&Aに登壇しました。

続きを読む "台北電影節で青春映画『陪你很久很久』がワールドプレミア!"

| | コメント (0)

2019/07/03

2019台北電影節 國際新導演競賽(國際新人監督コンペティション)、グランプリはドイツのNora FINGSCHEIDT監督の『System Crasher』! 台湾の謝沛如(シエ・ペイルー)監督の『大餓』が観客賞!

0703tff 台北電影節 國際新導演競賽(國際新人監督コンペティション)の発表受賞式が2日に行われ、グランプリはドイツのNora FINGSCHEIDT監督の『System Crasher』、審査員特別賞に韓国のキム・ボラ監督の『House of Hummingbird』、スペシャル・メンションにはタイ、フランス、中国合作の『Manta Ray』が、そして観客賞は台湾の謝沛如(シエ・ペイルー)監督の『大餓』が受賞しました。
『大餓』に主演した蔡嘉茵(ツァイ・ジャーイン)は、台北電影奨の新人賞にノミネートされています。

また、アウト・オブ・コンペの台湾映画評論家協会推薦賞は、グランプリも受賞した『System Crasher』に授与されました。

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

| | コメント (0)

2019/07/02

2019台北電影節『驚悚劇場』ワールドプレミア!

0702tff1 開催中の2019台北電影節で、6月30日と7月1日の二夜にわたり話題の短編シリーズ『驚悚劇場』がワールドプレミアとして上映されました。
30日にはプロデューサー葉如芬(イエ・ルーフェン)はじめ蔡淑臻(ジャネル・ツァイ)、林鶴軒(リン・ハーシュアン)、夏騰宏(シア・タンホン)、黃河(ホアン・ハー)ほか全7作の監督とキャストが登壇、それぞれ上映後にQ&Aが行われました。

続きを読む "2019台北電影節『驚悚劇場』ワールドプレミア!"

| | コメント (0)

2019/06/28

2019台北電影節『灼人秘密』で幕開け、豪華キャスト勢揃いでアジアプレミア!

0628nina1 2019台北電影節が27日に開幕し、オープニング・フィルムの『灼人秘密』がアジアプレミアとして上映されました。
本作は趙德胤(チャオ・ダーイン)の新作で、脚本は主演の吳可熙(ウー・カーシー)が書き文化部(日本の文科省にあたる)主催による台湾最大の脚本コンペ「優良電影劇本」で優秀賞を受賞し、映画化されたものです。
オープニングに先立ちマスコミ向けの記者会見が行われ、上映前には趙德胤監督はじめ、吳可熙、夏于喬(シア・ユーチャオ)、宋芸樺(ビビアン・ソン)、施名帥(シー・ミンシュアイ)、李李仁(リー・リーレン)、黃尚禾(ホアン・シャンホー)ほか20名近いキャストが登壇して舞台挨拶、終映後は監督とメインキャストによるQ&Aがありました。

続きを読む "2019台北電影節『灼人秘密』で幕開け、豪華キャスト勢揃いでアジアプレミア!"

| | コメント (0)

2019/06/21

台北電影節がプッシュする期待の新人10人!

0621tff 6月27日から開幕する台北電影節では毎年さまざまな企画で楽しませてくれますが、今年は「2019非常新人」というピックアップ・ニューフェイスが発表されました。
これまでも年度ごとのキャラクターなどに期待の新星や成長著しい若手が選ばれ、2010年の「新勢力」から吳慷仁(ウー・カンレン)、2011年「閃亮之星」の李千娜(リー・チェンナ)、林辰唏(リン・チェンシー)をはじめ明日の台湾映画界を担う人材が出てきています。
今年は陳妤(チェン・ユー)、孫可芳(ソン・カーファン)、宋柏緯(ツォン・ボーウェイ)、程予希(ルゥルゥ・チェン)、王安琪(ワン・アンチー)、林子熙(リン・ズーシー)、謝章穎(シエ・ジャンイン)、蕭傳勳(シャオ・チュアンシュン)、管麟(グァン・リン)、王肇陽(ワン・ジャオヤン)と、男女5人ずつ計10人が選ばれました。

続きを読む "台北電影節がプッシュする期待の新人10人!"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧