舞台挨拶

2019/09/28

台湾映画『バオバオ フツウの家族』蔭山征彦が初日舞台挨拶!

0928baobao1 本日9月28日(土)、新宿K’s cinemaで台湾LGBTQ映画『バオバオ フツウの家族』が公開初日を迎え、主演の台湾で活躍する日本人俳優で脚本家の蔭山征彦が、司会のヴィヴィアン佐藤と共に第1回目の上映後に舞台挨拶に登壇しました。
12時10分から始まった上映は、本作らしく老若男女様々な客層で8割方埋め尽くされ、大きな拍手に迎えられ登壇した蔭山征彦は、「こんにちは。本日はありがとうございます。僕は台湾に住んで既に20年経ちます。俳優・脚本家として活躍しています。今まで東京国際映画祭、大阪アジアン映画祭等では自分が出演した作品が上映されることはあったのですが、こうして、正式に作品がロードショーされることは初めてですし、ずっと願っていたことですので、今日は記念の日になります。」と語りました。

続きを読む "台湾映画『バオバオ フツウの家族』蔭山征彦が初日舞台挨拶!"

| | コメント (0)

2019/05/16

台湾映画『台北セブンラブ(原題:相愛的七種設計)』5月25日から公開 陳宏一(チェン・ホンイー)監督の初日舞台挨拶決定!

0515design1 先ごろ好評のうちに幕を閉じた「台湾巨匠傑作選 2019~恋する台湾~」で先行上映された台湾映画『台北セブンラブ(原題:相愛的七種設計)』が、5月25日(土)からアップリンク吉祥寺、大阪第七藝術劇場で公開になります。
公開初日には、アップリンク吉祥寺にて陳宏一(チェン・ホンイー)監督の舞台挨拶も決定しました。
また、5月26日(日)は映画コーディネーターの江口洋子が応援トークを実施、本作が公開された時の台湾映画事情、キャストの裏話などをします。
詳細は、劇場の公式サイトでご確認下さい。

続きを読む "台湾映画『台北セブンラブ(原題:相愛的七種設計)』5月25日から公開 陳宏一(チェン・ホンイー)監督の初日舞台挨拶決定!"

| | コメント (0)

2019/03/09

第14回大阪アジアン映画祭開幕!オープニング・セレモニーと香港映画『女は女である』Q&A

0309oaff1アジア映画ならここ!という大阪アジアン映画祭が8日に開幕しました。
18時30分から大阪市北区の阪急うめだホールでオープニング・セレモニーが行われ、『嵐電』の鈴木卓爾監督、出演の井浦新さん、大⻄礼芳さん、金井浩人さん、 『群山:鵞鳥を咏う』のチャン・リュル監督、『女は女である』のメイジー・グーシー・シュン監督、ミミ・ウォンプロデューサー、主演のトモ・ケリーさん、インディ・フォーラム部門『ココロ、オドル』の岸本司監督、主演の尚玄さん、『WHOLE』 の川添ビイラル監督、出演の川添ウスマンさん、海・星野・サンディーさん、『ピア〜まちをつ なぐもの〜』の綾部真弥監督、『いつか、どこかで』のリム・カーワイ監督、『浜辺 のゲーム』に出演の大塚奈々穂さんが登壇しました。

続きを読む "第14回大阪アジアン映画祭開幕!オープニング・セレモニーと香港映画『女は女である』Q&A"

| | コメント (0)

2019/01/24

香港映画『誰がための日々』初日の2月2日に黄進(ウォン・ジョン)監督 Skype Q&A イベント開催決定!

0314wong12月2日より新宿K’s cinema他全国順次ロードショーとなる香港映画『誰がための日々』では、初日の12時20分の上映回終了後(14時 02分頃からを予定)に黄進(ウォン・ジョン)監督 Skype Q&A イベントが開催されます。
本作は、実際にエリートの青年が介護をしていた父を殺害してしまった事件をきっかけに、どうし てこんな事件が起こったのか、ニュースでは報じられない背景を追いかけ、監督と脚本家が オリジナルの脚本にして映画化したもの。

続きを読む "香港映画『誰がための日々』初日の2月2日に黄進(ウォン・ジョン)監督 Skype Q&A イベント開催決定!"

| | コメント (0)

2018/10/19

タイ映画『バッド・ジーニアス 危険な 天才たち』主役のチュティモン・ジョンジャルーンスックジンと、ナタウット・プーンピリヤ監督来日決定!

1019bad1いま新宿武蔵野館ほか全国順次で満席続出の大ヒット公開となっている『バッド・ジーニアス 危険な 天才たち』で、主演(リン役)を務めるチュティモン・ジョンジャルーンスックジンと、ナタウット・プーンピリヤ監督が来日し、11月3日と4日に舞台挨拶を行うことになりました。
実施劇場は、新宿武蔵野館・川崎チネチッタ・渋谷シネクイント・T・ジョイ PRINCE 品川を予定。詳細は後日発表となっています。

続きを読む "タイ映画『バッド・ジーニアス 危険な 天才たち』主役のチュティモン・ジョンジャルーンスックジンと、ナタウット・プーンピリヤ監督来日決定!"

| | コメント (0)

2017/07/23

香港映画『十年』蔡廉明(アンドリュー・チョイ)プロデューサーと伍嘉良(ン・ガーリョン)監督が初日舞台挨拶!

0723xinian7月22 日(土)、新宿 K’s cinema で香港映画『十年』が公開され、満席の中エグゼクティブ・プロデューサーの蔡廉明(アンドリュー・チョイ)、プロデューサーで第 5 話『地元産の卵』の伍嘉良(ン・ガーリョン)の Q&A が行われました。
Q&A が行われたのは、初日第 1 回目 12 時 20 分の回上映終了後。
開始 1 時間前には、既に整理券が無くなる人気で、本 作で香港映画の流れを変えたと言われるプロデューサー2 人の登場に、会場は熱気に包まれた Q&A となリました。

続きを読む "香港映画『十年』蔡廉明(アンドリュー・チョイ)プロデューサーと伍嘉良(ン・ガーリョン)監督が初日舞台挨拶!"

| | コメント (0)

2017/07/09

台北電影節で上映された秀作ドラマ1 『他們在畢業的前一天爆炸2』!

0710tff1開催中の台北電影節で、これから放送の期待作『他們在畢業的前一天爆炸2』と『麻醉風暴2』の第一話が上映されました。
もともとこの二作を制作・放送する公共電視は、映画クォリティの単発ドラマ「電視電影」と呼び「人生劇展」「學生劇展」という枠でを放送し、台北電影節や金馬影展で上映されることが常でした。
しかし、連続ドラマを放送前に映画祭で見せるというのは初めてです。この二作はテレビアワード金鐘奨で総なめレベルのクォリティの高さであり、期待の続編ということですから、今回の台北電影節でのお披露目は良い試みと言えるでしょう。

続きを読む "台北電影節で上映された秀作ドラマ1 『他們在畢業的前一天爆炸2』!"

| | コメント (0)

台北電影節、永瀬正敏が『明月幾時有』と『光』で観客と交流!

0709nagase12014年の『KANO』依頼すっかり台湾でお馴染みになった永瀬正敏が台湾電影節に招かれ、主演映画『光』と、許鞍華(アン・ホイ)監督の『明月幾時有』の舞台挨拶やQ&Aなどに出席しました。
どちらも話題作のうえ、永瀬正敏の登壇が発表されるとあっという間にチケットはソールドアウト。
6日の『明月幾時有』の時は、許鞍華監督とベテラン女優葉德嫻(デニー・イップ)のQ&A終了後にサプライズとして司会者から呼び込まれると、会場は大きな拍手と歓声が沸き、いかに台湾の観客から愛されているのかがわかる盛り上がりでした。
「大家好、我是永瀬正敏」と中国語で挨拶して、さらに大きな歓声に包まれました。

続きを読む "台北電影節、永瀬正敏が『明月幾時有』と『光』で観客と交流!"

| | コメント (0)

2017/04/23

沖縄国際映画祭で台湾映画『マイ・エッグ・ボーイ(原題:我的蛋男情人)』上映、傅天余(フー・ティエンユー)監督と鳳小岳(リディアン・ヴォーン)が来日!

0423eggboy14月21日に那覇市の桜坂劇場にて、第9回沖縄国際映画祭の特別招待作品として『マイ・エッグ・ボーイ(原題:我的蛋男情人)』が上映され、来日した傅天余(フー・ティエンユー)監督と鳳小岳(リディアン・ヴォーン)が舞台挨拶に登壇、応援ゲストのフルーツポンチ、漫才ボンボン、ロバータと共に映画を観終えたばかりの観客から大きな拍手で迎えられました。

続きを読む "沖縄国際映画祭で台湾映画『マイ・エッグ・ボーイ(原題:我的蛋男情人)』上映、傅天余(フー・ティエンユー)監督と鳳小岳(リディアン・ヴォーン)が来日!"

| | コメント (0)

2017/03/04

第12回大阪アジアン映画祭開幕!オーサカ Asia スター★アワードの惠英紅(カラ・ワイ)来日インタビュー!

0303off2第12回大阪アジアン映画祭が3日に開幕、オープニング作品『ミセスK』の何宇恆(ホー・ユーハン)監督と主演でオーサカ Asia スター★アワードに輝いた惠英紅(カラ・ワイ)が来日しました。
セレモニーにはこの他マレーシア『世界の残酷』のサンジェイ・クマール・ペルマル監督、フィリピン『パティンテロ』のミーク・ヴェルガラ監督、『恋とさよならとハワイ』の出演者の綾乃彩、亀田梨紗、篠原彩、『バーミー』の田中隼監督が参加しました。

続きを読む "第12回大阪アジアン映画祭開幕!オーサカ Asia スター★アワードの惠英紅(カラ・ワイ)来日インタビュー!"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧