イベント

2020/02/17

幻の名作台湾映画『河豚』上映会大盛況!

0217fugu 詩人で映画監督の李啟源(リー・チーユエン)が2011年に発表した映画『河豚』が、9年の歳月を経て2月16日 にSpace & Cafe ポレポレ坐で日本初上映されました。
当日はあいにくの小雨模様の東京でしたが、会場は満席。
2日前に台湾政府の渡航注意の発表を受けて急遽来日が取り消しになった主演女優潘之敏(ヴィッキー・パン・ズーミン)も、スカイプをつないでの舞台挨拶、彼女が出演している日本映画『恋恋豆花』の今関あきよし監督やキャストの大島葉子も駆けつけて上映後に楽しいトークが展開されました。

続きを読む "幻の名作台湾映画『河豚』上映会大盛況!"

| | コメント (0)

2020/02/01

台湾のエンターテイナー澎恰恰(ポン・チャアチャア)のトークイベントとインタビュー!→【公演中止】3/1発表

0201peng13月27日(金)〜29日(日)下北沢・本多劇場で上演される台湾オリジナルミュージカル『最後の夜(原題:麗晶卡拉OK的最後一夜)』の主役澎恰恰(ポン・チャアチャア)が来日し、1月31日に誠品生活日本橋 でトークイベントが行われました。このイベントは、小劇場で10年20年活躍する40代男性俳優のみで構成する演劇集団「ゴツプロ!」と台湾のVM theater companyが共同主催するもので、本多劇場グループもプロジェクトに参加しています。そして、このイベントの前に、アジアンパラダイスでは澎恰恰のインタビューを行いました。

続きを読む "台湾のエンターテイナー澎恰恰(ポン・チャアチャア)のトークイベントとインタビュー!→【公演中止】3/1発表"

| | コメント (0)

2020/01/18

幻の台湾映画『河豚 Blowfish』2月16日に待望の日本初上映!(2/14修正)

台湾での長編デビュー作『チョコレート・ラップ(原題:巧克力重擊)』が 2005 年の東京国際映画祭に入選して以来、長編第 2 作の『ビュ ーティフル・クレイジー(原題:亂青春)』、最新作の『盗命師』と、自作のほとんどが日本で上映されている李啟源(リー・チーユエン)監督。
美術作品のごとき映像センスと、散文詩のように語られる作劇術に魅了されたファンは我が国にも少なくないのですが、彼のフィルモグラフィ で唯一、日本で一度も正式上映されていない作品が存在します。
「李啟源の最高傑作」ともいわれるその作品『河豚 Blowfish』が、9 年の 歳月を経て、ついに2月16日(日) Space & Cafe ポレポレ坐日本初上映されることとなりました。

続きを読む "幻の台湾映画『河豚 Blowfish』2月16日に待望の日本初上映!(2/14修正)"

| | コメント (0)

2020/01/14

台湾ドラマ『HIStory3 ~ラブ・トラップ』主演呉承洋(クリス・ウー)3月来日決定!

0114history1 これまでシリーズ合計3作を発表、各話が配信される度大人気となっている台湾発のBLウェブドラマ「HIStory」シリーズ。
そのシリーズ3作目「圏套(けんとう)~ラブ・トラップ」で、ヤクザのトップでクールなイケメン、タン・イーを演じて、アジア中を虜にしている俳優の呉承洋(クリス・ウー)の来日が決定しました。
ホワイトデーに「HIStory3 圏套(けんとう)~ラブ・トラップ」購入者限定のDVDお渡し会が開催致されます。

続きを読む "台湾ドラマ『HIStory3 ~ラブ・トラップ』主演呉承洋(クリス・ウー)3月来日決定!"

| | コメント (0)

2020/01/11

日本初上陸!台湾オリジナルミュージカル『最後の夜』を2020年3月下北沢・本多劇場にて上演! 主演・澎恰恰(ポン・チャアチャア)来日、1月31日(金)に誠品生活⽇本橋でトークイベントを開催!→【公演中止】3/1発表

0111saigo1 2020年3月27日(金)〜29日(日)下北沢・本多劇場にて、台湾の劇団VM theater companyの日本初上陸作品となる台湾オリジナルミュージカル『最後の夜(原題:麗晶卡拉OK的最後一夜)』を上演することが発表されました。
それに先がけ主演の澎恰恰(ポン・チャアチャア)が来日、1月31日(金)に誠品生活⽇本橋でトークイベントを開催します。
このトークイベントは参加無料で、予約方法は後日誠品生活日本橋HPイベントページにて告知されます。

続きを読む "日本初上陸!台湾オリジナルミュージカル『最後の夜』を2020年3月下北沢・本多劇場にて上演! 主演・澎恰恰(ポン・チャアチャア)来日、1月31日(金)に誠品生活⽇本橋でトークイベントを開催!→【公演中止】3/1発表"

| | コメント (0)

2019/11/30

台湾映画上映&トークイベント〜台湾映画の"いま" 〜オリジナリティと未来へ向けて『血観音(原題:血觀音』超満員!

1021dm 11月30日に行いました台湾映画上映&トークイベント〜台湾映画の"いま" 〜オリジナリティと未来へ向けて第8回は、楊雅喆(ヤン・ヤージャ)監督の三代の女系家族を中心に、政治とビジネスを取り巻く複雑な人間関係と愛憎を描いた『血観音(原題:血觀音』。
昨年大阪アジアン映画祭で上映されましたが、いまだ配給がつかず劇場未公開のため待ち望んでいた方も多かったようで、超満員のお客様で今年の最後を締めくくりました。
アンケートでは、複雑な人間関係でわかりにくかったけれど、作品のおもしろさにグイグイ引きこまれたという感想が多く見られました。少しでもわかりやすいように作った人物相関図がたいへん好評で、作品の理解する上でお役に立てたようでした。
また、監督のミニインタビュー映像、金馬奨レポートもお楽しみいただけたようで、何よりです。

続きを読む "台湾映画上映&トークイベント〜台湾映画の"いま" 〜オリジナリティと未来へ向けて『血観音(原題:血觀音』超満員!"

| | コメント (0)

2019/10/21

2019台湾映画上映&トークイベント「台湾映画の"いま"〜オリジナリティと未来へ向けて」第8回は、三代の女系家族を中心に、政治とビジネスを取り巻く複雑な人間関係と愛憎を描いた未公開作品『血觀音』!

1021dm 2000年以降の台湾映画の新しい流れがどのように台湾映画の"いま"に繋がってきたのか、そして"いま"何が起きているのかをお届けする台湾文化センターとアジアンパラダイス共催のイベントシリーズ、2019年の第8回は、11月30日14時から、三代の女系家族を中心に、政治とビジネスを取り巻く複雑な人間関係と愛憎を描いた未公開作品『血觀音』です。
本作は、第54回金馬奨で最優秀作品賞含む4冠に輝いただけでなく、興行成績でも2017年の第2位という好成績を残した作品。
トークは作品解説と金馬奨レポート。

続きを読む "2019台湾映画上映&トークイベント「台湾映画の"いま"〜オリジナリティと未来へ向けて」第8回は、三代の女系家族を中心に、政治とビジネスを取り巻く複雑な人間関係と愛憎を描いた未公開作品『血觀音』! "

| | コメント (0)

2019/09/21

台湾映画上映&トークイベント〜台湾映画の"いま" 〜オリジナリティと未来へ向けて『大仏+(原題:大佛普拉斯)』に大喝采!

0921dm 9月21日に行いました台湾映画上映&トークイベント〜台湾映画の"いま" 〜オリジナリティと未来へ向けて第7回は、台湾の格差社会を独特のブラックユーモアで描いた未公開作品『大仏+(原題:大佛普拉斯)』。
一昨年東京国際映画祭で上映されましたが、チケットが買えずに見逃した方、もう一度見たいと参加された方など大きな期待を持って来場された観客の皆さんから、「評判通りのおもしろさ」「モノクロとカラーの色づかいが印象的」など高い評価をいただきました。
トークは、作品解説と台湾映画が日本で公開されるまでの道筋をお伝えし、こちらもとても興味深かったと満足していただけたようです。

続きを読む "台湾映画上映&トークイベント〜台湾映画の"いま" 〜オリジナリティと未来へ向けて『大仏+(原題:大佛普拉斯)』に大喝采!"

| | コメント (0)

2019/08/27

2019台湾映画上映&トークイベント「台湾映画の"いま"〜オリジナリティと未来へ向けて」第7回は9月21日に台湾の生命力を独特のブラックユーモアで描いた未公開作品『大仏+(原題:大佛普拉斯)』! 申し込みは9月2日(月)昼12:00より

0827dabodm 2000年以降の台湾映画の新しい流れがどのように台湾映画の"いま"に繋がってきたのか、そして"いま"何が起きているのかをお届けする台湾文化センターとアジアンパラダイス共催のイベントシリーズ、2019年の第7回は、9月21日14時から、台湾の生命力を独特のブラックユーモアで描いた『大仏+(原題:大佛普拉斯)』です。
本作は、2014年に台北電影節で上映された独特のブラックユーモアと台湾の生命力がみなぎる短編『大佛』を、当時の審査員だった鍾孟宏監督が気に入り長編化されました。台北電影奨で100万元大賞ほか長編劇映画賞、編集賞、音楽賞、美術デザイン賞の5部門を制し、金馬奨では新人監督賞、撮影賞、脚色賞、最優秀オリジナル音楽賞、最優秀オリジナル楽曲賞の5冠を獲得しました。
トークは作品解説と台湾映画があなたに届くまで(どのように日本公開されるのか)。

続きを読む "2019台湾映画上映&トークイベント「台湾映画の"いま"〜オリジナリティと未来へ向けて」第7回は9月21日に台湾の生命力を独特のブラックユーモアで描いた未公開作品『大仏+(原題:大佛普拉斯)』! 申し込みは9月2日(月)昼12:00より"

| | コメント (0)

2019/08/25

台湾映画上映&トークイベント〜台湾映画の"いま" 〜オリジナリティと未来へ向けて 姜秀瓊(チアン・ショウチョン)監督を迎えて短編映画と金馬電影学院(ワークショップ)の現状に高い関心!

0729info 8月24日に行いました台湾映画上映&トークイベント〜台湾映画の"いま" 〜オリジナリティと未来へ向けて第6回は、昨年の金馬影展のワークショップで製作された『冰箱(冷蔵庫)』『對講機(インターフォン)』と、2008年の舒米恩(スミン)主演『跳格子』の短編3作を上映しました。
そして、ワークショップの指導監督を務めた姜秀瓊(チアン・ショウチョン)監督を迎え、中国語圏の若手クリエイター育成を目的としたワークショップ金馬電影学院について、お話しを伺いました。
今回も満員のお客様で、日本ではなかなか馴染みのない短編映画と若手クリエイター育成のワークショップ「金馬電影學院」について、アンケートでも「貴重な話を聞くことができた」「若手育成に力を注ぐ台湾映画界はすごい」などたいへん興味深く聞いていただけたようです。

続きを読む "台湾映画上映&トークイベント〜台湾映画の"いま" 〜オリジナリティと未来へ向けて 姜秀瓊(チアン・ショウチョン)監督を迎えて短編映画と金馬電影学院(ワークショップ)の現状に高い関心!"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧