イベント

2018/06/26

台湾映画上映&トークイベント〜台湾映画の"いま" 第五回は張震(チャン・チェン)主演の『停車』 !申し込みは7月9日から

0626parking12000年以降の台湾映画の新しい流れがどのように台湾映画の"いま"に繋がってきたのか、そして"いま"何が起きているのかをお届けするイベントリーズ第五回は、張震(チャン・チェン)主演の『停車』です。
台湾を代表する監督の一人鐘孟宏(チョン・モンホン)の記念すべき長編第一作で、独特の色彩の映像とブラックユーモアで台湾の人と生活を切り取った秀作。大阪アジアン映画祭で上映されました。
トークは、作品解説と台北電影節レポート。

続きを読む "台湾映画上映&トークイベント〜台湾映画の"いま" 第五回は張震(チャン・チェン)主演の『停車』 !申し込みは7月9日から"

| | コメント (0)

2018/06/23

台湾映画上映&トークイベント〜台湾映画の"いま" 第四回『星空』に感動の渦!

0522xinkong2台湾文化センターで行った台湾映画上映&トークイベント〜台湾映画の"いま" 第四回は林書宇(トム・リン)監督作品『星空』、現在まだ全国で公開中ですが申し込み開始から2時間ほどで満席となり、今回も高い参加率で会場は満員でした。
2011年に台湾の人気作家幾米(ジミー)の絵本『星空』を映画化した初恋映画としてファンタジーとして、そして人間ドラマとしても素晴らしい名作に、皆さん感動を抑えきれない様子でした。

続きを読む "台湾映画上映&トークイベント〜台湾映画の"いま" 第四回『星空』に感動の渦!"

| | コメント (0)

2018/05/26

台湾映画上映&トークイベント〜台湾映画の"いま" 第三回『淡水河の奇跡(原題:鮮肉老爸)』笑いと感動で大盛況!

0424tansui4台湾文化センターで実施した台湾映画上映&トークイベント〜台湾映画の"いま" 第三回『淡水河の奇跡(原題:鮮肉老爸)』は、前回よりも申し込み会から締切の時間が短くなり、前回以上の高い参加率で場内超満員。
上映後のアンケートも「想定外のおもしろさ」という回答が多く、多くの観客に楽しんでいただけたようです。

続きを読む "台湾映画上映&トークイベント〜台湾映画の"いま" 第三回『淡水河の奇跡(原題:鮮肉老爸)』笑いと感動で大盛況!"

| | コメント (0)

2018/05/22

台湾映画上映&トークイベント〜台湾映画の"いま" 第四回は不朽の名作『星空』 !申し込みは6月4日から!

0522xinkong12000年以降の台湾映画の新しい流れがどのように台湾映画の"いま"に繋がってきたのか、そして"いま"何が起きているのかをお届けするイベントリーズ第四回は、いま全国で公開中の『星空』です。
台湾の国民的人気絵本作家幾米(ジミー)の原作絵本を映画化した、少女と少年の淡い初恋と成長を描いた作品です。
トークは、作品解説とロケ地紹介第二弾。

続きを読む "台湾映画上映&トークイベント〜台湾映画の"いま" 第四回は不朽の名作『星空』 !申し込みは6月4日から!"

| | コメント (0)

2018/04/24

台湾映画上映&トークイベント〜台湾映画の"いま" 第三回『淡水河の奇跡』 (未公開作)は5月26日に開催。申し込みは5月7日から!

0424tansui12000年以降の台湾映画の新しい流れがどのように台湾映画の"いま"に繋がってきたのか、そして"いま"何が起きているのかをお届けするイベントリーズ第三回は、2016年に製作された未公開作『淡水河の奇跡(原題:鮮肉老爸)』です。
いま台湾で超売れっ子の俳優吳慷仁(ウー・カンレン)主演の家族の愛と絆を描いた笑って泣ける作品で、80年代のアイドル文化も満載!
トークは、作品解説と映画の中に出てくる80年代からの台湾アイドル事情と変遷。

続きを読む "台湾映画上映&トークイベント〜台湾映画の"いま" 第三回『淡水河の奇跡』 (未公開作)は5月26日に開催。申し込みは5月7日から!"

| | コメント (0)

2018/04/21

台湾映画上映&トークイベント〜台湾映画の"いま" 第二回『コードネームは孫中山(原題:行動代號:孫中山)』超満員!

0421dm台湾文化センターで実施した台湾映画上映&トークイベント〜台湾映画の"いま" 第二回『コードネームは孫中山(原題:行動代號:孫中山)』は、申し込み開始数分で満席になるという人気でしたが、高い参加率で会場は超満員でした。
台湾では台北電影節と金馬賞で脚本賞を受賞、2015年の大阪アジアン映画祭ではグランプリと観客賞をダブル受賞し、公開が熱望されている作品です。本イベントのアンケートでも上映リクエストが多く、上映後のアンケートでも高い満足度となりました。

続きを読む "台湾映画上映&トークイベント〜台湾映画の"いま" 第二回『コードネームは孫中山(原題:行動代號:孫中山)』超満員!"

| | コメント (0)

2018/03/25

2018年台湾映画上映&トークイベント〜台湾映画の"いま" 第一回『盜命師』、李啟源(リー・チーユエン)監督とのQ&Aで大盛り上がり!

0325event13年目を迎えた台湾映画上映&トークイベント、台湾映画の"いま"というタイトル通り、第一回は昨年秋に台湾で公開されたサスペンスタッチのヒューマンドラマ『盜命師』の日本初上映を行いました。
そして、監督の李啟源(リー・チーユエン)氏と簡麗芬(ジエン・リーフェン)プロデューサーをお招きしてQ&Aを行い、活発な質疑が展開されました。

続きを読む "2018年台湾映画上映&トークイベント〜台湾映画の"いま" 第一回『盜命師』、李啟源(リー・チーユエン)監督とのQ&Aで大盛り上がり!"

| | コメント (0)

2018/03/19

台湾映画上映&トークイベント〜台湾映画の"いま" 第二回『コードネームは孫中山』 は4月21日に開催。申し込みは4月2日から!

0319chordname12000年以降の台湾映画の新しい流れがどのように台湾映画の"いま"に繋がってきたのか、そして"いま"何が起きているのかをお届けするイベントリーズ第二回は、大阪アジアン映画祭でグランプリと観客賞を獲得した『コードネームは孫中山(原題:行動代號:孫中山)』。
易智言(イー・ツーイエン)監督10年ぶりの本作は、貧困をテーマにしながらもユーモアをたっぷり盛り込んだ作品です。
トークは、作品解説と台湾の最新俳優事情。

続きを読む "台湾映画上映&トークイベント〜台湾映画の"いま" 第二回『コードネームは孫中山』 は4月21日に開催。申し込みは4月2日から!"

| | コメント (0)

2018/02/19

2018年台湾映画上映&トークイベント〜台湾映画の"いま"3月24日より開催! 第一回は新作『盜命師』 李啟源(リー・チーユエン)監督来日!

0219daomingshi1ご好評をいただきました台湾映画上映&トークイベントも、今年で3年目を迎えます。
この2年「台湾映画の新しい潮流を感じよう」というタイトルで2000年以降の台湾映画の新しい流れをテーマごとに作品と共にお伝えしてきましたが、今年はこの流れがどのように台湾映画の"いま"に繋がってきたのか、そして"いま"何が起きているのかをお届けします。
3月から11月まで全8回の中で、新作及び未公開作品(映画祭上映作品=関東地方初を含む)が6本、残り2本は現在日本で好評公開中の作品です。

第一回は昨年秋に台湾で公開されたミステリータッチのヒューマンドラマ『盜命師』、監督の李啟源(リー・チーユエン)氏をお招きして、本作についてたっぷりと語っていただきます。
この映画は、臓器売買と鳩レースをめぐる人間模様と愛が描かれた、サスペンスタッチのヒューマンドラマ。李啓源監督の6年ぶりの新作で、良く練られた脚本、繊細な人物描写、美しい映像、展開の面白さに圧倒されます。
日本未公開の新作を日本語字幕で見られる、貴重な機会です。
お申し込みは2月23日(金)午前10時〜2月25日(日)午後6時まで、抽選で100名様ご招待!

続きを読む "2018年台湾映画上映&トークイベント〜台湾映画の"いま"3月24日より開催! 第一回は新作『盜命師』 李啟源(リー・チーユエン)監督来日!"

| | コメント (0)

2018/02/07

衝撃のドキュメンタリー映画『苦い銭』公開記念ミニトーク開催!

0207bitter1いまシアター・イメージフォーラムで公開中の映画『苦い銭』は、世界的なドキュメンタリー監督王兵(ワン・ビン)が2016年ヴェネチア国際映画祭で発表し、オリゾンティ部門脚本賞とヒューマンライツ賞をダブル受賞したドキュメンタリーです。
ドキュメンタリーであるにも関わらず群像劇のような見応え、こんな会話や表情が、なぜ撮れる?と常に観客を驚かせ、カメラの存在を消す天才監督と言われる王兵監督の真骨頂といえる作品です。

この公開を記念して、2月10日から17日まで3回上映後のミニトークが行われます。

続きを読む "衝撃のドキュメンタリー映画『苦い銭』公開記念ミニトーク開催!"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧